『君に愛されて痛かった』 ネタバレ 36巻|じゃあ一人でやれば?

ついに越智は決定的な事実を寛に告げる!

暴走する寛の行動をなんとか軌道修正しようとする越智だったが、

闇の中にいる寛がその辛い事実を受け止めきれるはずもなく、

越智は、悲しみと悔しさで押しつぶされそうになりながらも、寛のことを切り捨てた(汗)


じゃあ一人でやれば?

『君に愛されて痛かった』

36巻のネタバレ♪

寛が越智に謝罪したことで、一度は和解したムードになった二人だが、

また自分勝手な考えでバカげたことを言いだした寛に、

越智はしかたなく結成的な事実を突きつけました!

その越智の言葉は、寛がある意味で野球部にはもう用無しだという意味で・・・

36巻の見どころ

一度は和やかムードになっていた寛と越智の二人でしたが、

相変わらず寛の能天気で、なにも回りのことを考えていない自分勝手な発言を聞いた越智が、

思わず腹を立てて寛の頬をビンタしてしまった(汗)

それをきっかけに激しく言い争いを始めた二人でした。

ただ・・・

「今回、越智はこれまで寛に伝えたくても言えなかった衝撃の事実を伝えるのです!」

そしてそれを聞いた寛は…?

さて・・・

36巻の見どころは、

どう考えても越智の言ってることの方が正しいと思える二人の口論内容だったが、

悲しみの大きさは越智の方だという何とも皮肉な結末だったことですね(汗)

越智の寛を思う気持ちをちゃんと寛が理解してれば、

二人にあんな悲しい決別は訪れなかったのに・・・(汗)

悔しくて辛いのは決して寛だけではなく、

これまでずっと二人で血の滲むような努力してバッテリーを組んできた越智も同じなのだ。

でも…

「今の寛はそれに気づく心の余裕なんてないんだろうな~」

あと・・・

寛からきつい言葉をかけられたかなえが、またどっぷりと闇落ちしてます・・・(汗)

「こちらもかなり厄介だ(汗)」

 


35巻のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『君に愛されて痛かった』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『きみにあいされて』と検索してくださいね♪

 

『君に愛されて痛かった』 ネタバレ 36巻|じゃあ一人でやれば?

無理だ!

自分に手を上げてきた越智のことを、彼がコンプレックスを抱いている父親とまるで同じだとなじった寛。

幼い頃から父親に異常なくらい厳しく育てられた越智は、父親に心の中で反発しながら生きてきた。

それなのに…

その父親とまるで同じ種類の人間だと寛から言われたことに、逆上してしまった越智は、

「お前…適当なこと言ってんじゃねーぞ!」

と…叫んで寛の胸倉を掴み上げるのですが、

ふいに越智の脳裏に、寛が自分の心の支えだった時期がオーバーラップしてきて、

思わず目頭が熱くなった。

そして…

「…帰れ!」

と…越智は寛から手を放すと、背中を向けて目頭を押さえながら言い放った。

すると…そんな越智の背中越しに寛は、

「俺は俺の野球をする!」

「誰からの指図も受けねぇ!」

と…強い口調で越智に言い放ったのです。

しかし…

越智からなんの反応もなく、

さらに寛は、ちゃんと加藤コーチと話し合ってこれからの方針を決めると言ったのですが、

その言葉に今までだまっていた越智が、

「無理だ!」と反応しました。

それから…ついに彼は今まで寛に言えなかった残酷な事実を彼に伝えることとなったのです(汗)

じゃあ一人でやれば?

「加藤コーチは先週、契約解除されたんだ」

えっ!?

この事実は寛にとって大きすぎる出来事だった。

なぜならば、外部コーチとして野球部にいる加藤コーチは、”寛専属”のピッチングコーチだったからである。

しかも・・・

そのコーチがクビになった原因が、チームのエースとして機能しなくなった寛だったのだ!

これにはさすがの寛も言葉がでなかった。

事実上、寛が野球部から、もうお払い箱になったという意味でもあるわけだ。

しかし・・・

辛い現実をまだ受け止めきれない寛は、なおも食い下がって越智にまだ可能性はあると言い張った。

そこで…越智の心はついに寛から完全に離れてしまった(汗)

「じゃあ一人でやれば?」

もうお前の自己満足に付き合うつもりないから」

この瞬間…先ほどとはうって変わった冷静な態度で、

越智はバッサリと寛のことを切り捨てたのだ・・・

かなえの闇落ち

寛が越智から三行半を突きつけられていた同じ頃、

かなえの闇落ちはさらに加速していた。

再びキモいオヤジたち相手に援助交際を始めていたかなえは、

そのオヤジに対しても牙を剥き始めていたのです(汗)

せっかく寛との辛い現実から逃げるために、援助交際でキモいオヤジたちに癒しを求めたかなえだったが、

実際のところ、心が癒されるどころか、逆にイライラさせられてばかりで、

ドンドンと闇落ちのレベルが深くなってゆくのです・・・

 

『君に愛されて痛かった』の試し読みはコチラ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『きみにあいされて』と検索してくださいね♪

36巻の感想

寛と越智くんが決別したシーンは、すごく切なくてやりきれない思いだった。

「二人が仲たがいする理由なんてホントはどこにもないのに(汗)」

それにしても、実は寛ってすごく将来有望な選手だったんだな~

高校生なのに専属のピッチングコーチが付いていただなんて(驚)

一時はマスコミにも取り上げられてたし…

でも…

「だったら越智くんの言う通り、あまりにもその自覚がなさ過ぎたな(汗)」

越智くんが言ってた「自分のことしか考えてない」という言葉はホント正解だった。

寛は自己満足的な無理を重ねたことで、結局、自らの選手生命を抹殺してしまったのです!

「悔やんでも悔やみきれないだろうな~(汗)」

可哀想だけどそれが現実。

これまでに頑張ってきた寛を知ってるからこその越智くんのあの涙だったんだ。

なんか…

「二人ともすごく切ない」

二人は自分の子供みたいな年齢の少年だから、見ていて心が張り裂けそうに痛んだ。

「まだ高校生なんだもんね寛も越智くんも…」

辛いだろうな~(汗)

一方、

かなえの方はというと、コチラは寛や越智くんと違ってイライラする方の闇落ちだ!

そもそもかなえの事が原因で寛と越智くんの関係が壊れたかと思うとスゴク腹立たしい!

かなえは間接的に寛くんの将来まで潰してしまったんだ。

それなのに、自分がまるで被害者みたいな態度で闇落ちしてまた援助交際にどっぷり浸かっている(汗)

「こいつはもうだめだ!」

ちゃんと病院に入って治療しないと絶対にこのループは治らない。

というか…もうずっとかなえはこういうことを繰り返す人生なんだと思う。

だから・・・

この機会に寛はもうかなえと関わらない方がいい。

「かなえは危険すぎる!」

思慮の浅い能天気な寛にどうにかできる相手じゃないんだから・・・

無料試し読み

今、紹介した

『君に愛されて痛かった』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『君に愛されて痛かった』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『きみにあいされて』と打ち込んで下さい♪

『君に愛されて痛かった』の記事一覧はコチラ