汝、ぼくに恋をせよ【ネタバレ全話】後輩くんにハマる鋼鉄の女!

高学歴で美人なスーパーOLが、元引きこもりで冴えない後輩に恋をした!

まったく迂闊だった。

完ぺきな自分と釣り合うハイスペックな男性との結婚を計画していたはずなのに!

「なんでコイツ!?」

著者:井山ゆー

『汝、ぼくに恋をせよ』

高学歴なうえに仕事ができてかなりの美人。

同期の中では断トツに出世街道まっしぐらのヒロイン・伊希は、

自分と釣り合う地位とルックスを兼ね備えた結婚相手を探していた。

なのに…なんで会社後輩で、しかも元引きこもりだった冴えない彼を好きになってしまったのか?

そこには、思ってもいなかったギャップと、

過去に味わったことのない胸の高鳴る予想外な”キュン”が隠れていたのです♪

『汝、ぼくに恋をせよ』の見どころ

今回紹介する『汝、ぼくに恋をせよ』は、テレビのCMでもお馴染みの、

電子書籍ストアBookLive!で、先行配信されているオフィス・ラブコミックです♪

ストーリー的には、出来るハイスペックOLのヒロインが、

冴えない年下後輩くんとの”キュンラブ”な恋愛を繰り広げる恋愛漫画なのですが、

これまで何冊もの”歳の差オフしスラブ”モノ読み漁ってきたサイト主のまるしーでさえ、

「これは面白い♪」

と…一瞬で感じた作品でした。

なにが良いのかというと、ほぼ作品の設定と構成が完ぺきなんです!

「企画構成の勝利だ!」

このプロットは女子のほぼみんなが好きである。

ハイスペック女子と、一見冴えない後輩男子という主人公がいて、

物語が進むごとにその冴えない後輩くんが、

実はすごくハイスペックな男性だったことが明らかになってゆく展開や、

本人はそんなこと全く自覚していない辺りは、かなりキュンキュンしちゃいますね(笑)

「こういうパターン好きです♪」

主人公のヒロイン・泉伊希(いずみいき)は、

厳格で厳しい父親へのトラウマを抱えていて、息苦しいエリート人生を歩んでいる30歳のOLであり、

これまで誰にも弱みを見せられない”鋼鉄の女”を演じてきました。

『汝、ぼくに恋をせよ』の見どころは、

そんな一見どこから見ても隙のない”鋼鉄の女”を、

無自覚な年下男子のひた向きな恋心と、若気の無敵暴走でメロメロにしちゃう展開ですね♪

徐々に冴えない後輩くんが、カッコいいいイケメンになってゆくところがまたドキドキします!

「まだ開発されてない原石のイケメンっていいですよね」

そんな男子を自分が磨いてゆくその快感とワクワク。

「私も味わってみたい♪」

そんな感情にさせてくれる”キュン”がたくさん散りばめられた歳の差オフィスラブの恋愛ストーリーです。

最近、心に潤いがなくなってきたな~と思っていた方は是非!

 

『汝、ぼくに恋をせよ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『なんじぼくに』と検索してください♪

 

汝、ぼくに恋をせよ【ネタバレ全話】後輩くんにハマる鋼鉄の女!

1話:鋼鉄の女

あと数日で30歳を迎える主人公の泉伊希(いずみいき)は、

自分と地位もスペックも釣り合う男と早く結婚したいと内心で焦っていました。

高学歴で美人、その上同期の中では断トツに仕事ができる彼女は、

周りから妬まれるハイスペックOLであり、まさに無敵な”鋼鉄の女”なのです。

そんな彼女にある日、新入社員の成田羽琉(なりたはる)という23歳のプログラマーが告白してきた。

羽琉は学生時代には引きこもりだったらしく、

通信大学卒業後になんとか伊希がいる会社に就職できた冴えない後輩社員だ。

もちろん伊希は羽琉の告白を秒殺したのだが、

その時は、元ひきこもり男子らしくモジモジした態度で、あえなく退散していった羽琉でした。

しかし・・・

なよっとした態度の中にも、どこかひた向きな一途さを帯びていた羽琉の表情。

そう…

彼は本気で伊希と結婚したいと考えていたのだ。

それは彼の職場での態度にも大きく表れていました。

あまりにも仕事ができすぎる伊希に同期の者たちは反感を持ち、

後輩たちは恐れおののき、先輩は疎ましがっていました。

だけど…

伊希のことが本気で大好きな羽琉だけは違っていました。

なんとか伊希の役に立とうと必死で彼女に食らいついていったのです。

そんなある日、伊希は仕事である”ピンチ”を迎えます。

その際…羽琉は自分の持てるスペックをフル活動させて伊希のピンチを救うのです。

この一件で、少し羽琉のことを見直した伊希は、

「ひと月限定でいいから僕と付き合ってもらえないですか?」

と言ってきた羽琉の若い勢いに押されてOKしてしまうのです。

「チャンスを下さい!俺をちゃんと見てください!」

いつになく男っぽい表情で自分に訴えかけてくる羽琉に思わず”キュン”としちゃう伊希。

かくして、”鋼鉄の女””冴えない後輩”くんの格差あり期限付き恋愛がスタートしました・・・

2話:恋心

羽琉の不意打ちな”首筋チュー”を受けて、不覚にも腰砕けになってしまった伊希。

{これが元ひきこもりの所業か!?}

期間限定の付き合いをOKした途端、大胆な行動をとってくる羽琉にドキドキさせられる伊希でした。

ただ…

落ち着いて見てみると、やはりまだ彼は冴えない年下後輩くんなのだ。

{やっぱり、私どこかおかしい!}

こんな冴えない後輩に一瞬でもトキメクなんて・・・

しかし…

時折り見せてくる羽琉の男ぽっい表情やしぐさに、思わずグっと心を奪われてしまう伊希。

純粋にまっすぐ伊希への想いを態度や言葉で表してくる羽琉に、

当初は年上女の余裕で受け流して転がそうとしていた伊希でしたが、

いつしか彼女の方が年下の羽琉に心を振り回されている状況になるのです!

これは参った(汗)

そんな中、羽琉は人生を生き急ぎ、誰も頼ることなく孤高の存在であろうと無理をしている伊希に、

「もっと誰かを頼ってください!」

と…心にぐさりと刺さる言葉を投げかけるのです。

この頃から、実は仕事のスペックがかなり高い羽琉の能力が露呈してきたり、

元ひきこもりであるが、しっかりとした信念が垣間見れる羽琉の人格が、

完全無欠の”鋼鉄の女”である伊希の頑なな心を少しづつ解きほぐしてゆくのです。

それは伊希にとってもまったく予想外な展開でした。

その後も無邪気な中にも燃え上がるオスの本能を無自覚に伊希へ放出してゆく羽琉。

そんな彼ににいつしか伊希の厚いハートの扉は徐々に開かれようとするのです。

そして…

その日、仕事を頑張りすぎて職場で体調を崩してしまった伊希は、

羽琉に助言された通りに同僚へ助けを求めたのです。

結果は成功だった。

これまで自分の心を分厚い鎧で固めていた伊希は、

肩の荷を下ろしたように気持ちが軽くなり、

それと同時に、窮屈な自分の生き方を変えてくれた羽琉に、

押さえようのない”恋心”を発動させてしまうのです。

鋼鉄の女は卒業か?

最終話:実はすごかった羽琉

あの日、自分から羽琉にキスをねだる形で口づけを交わした伊希。

その翌日からもう羽琉を前にしたら意識して顔が真っ赤に火照ってしまうのです(汗)

しかし…羽琉の方はというと、まったくいつもと変わらない態度でした。

{ドキドキして損した!}

ちょっと年下の男とキスしたくらいで私は何を動揺しまくっているんだと、

伊希がそんな自分に反省して気合を入れなおしていると、

羽琉が以前に業界では有名なゲームを開発した人物だということ判明します。

元引きこもりで実務経験のない彼が伊希が働く会社に転職できたのはそういう理由からだったのだ。

実はすごかった羽琉。

さらに伊希の羽琉に対する評価が上がってゆく。

実際…伊希が自分の結婚相手とする条件に、今の羽琉はすごく近い存在になっているのだ。

有名なプログラマーでいて、ちゃんとすればルックスもかなりイケメンなわけで・・・

なぜ、彼女がそこまで結婚相手のステイタスにこだわっているのかというと、

厳しい父親の教えを無意識に守っているからであって、単なるファザーコンプレックスが原因だった。

そんな中、羽琉から彼の自宅デートに誘われた伊希は、

豪華な彼の住むマンションで一緒にスイーツ作りをすることになった。

羽琉と楽しい時間を過ごした伊希は、そこである決断をするのです。

思わず顔がニヤケてしまう結末は、是非、本編現物でご覧ください♪

 

『汝、ぼくに恋をせよ』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『なんじぼくに』と検索してください♪

『汝、ぼくに恋をせよ』の感想まとめ

「いやぁ~良きですよ~♪」

ハイスペックな意識高い系OLと、冴えない後輩くんとの格差オフィスラブ。

徐々に羽琉くんのハイスペックな素顔が明らかになってゆくのはワクワクしますね!

それに…時折り見せる羽琉くんのイケメンなセリフや表情がこれまたたまりません。

「ホント良いです羽琉くん。」

あと…

ファザーコンプレックスな一面を持つ意外な伊希の弱みも、

”鋼鉄の女”の弱点としては面白いですね。

この物語は、主人公の伊希と羽琉のキャラがすごく魅力的で、

無意識のうちに二人がうまくいけばいいなと願っているまるしーがいます。

こんなことって、性格が歪んでいるまるしーには珍しいことなのです。

私はいつもどこか粗を探して細かい部分にケチをつけてしまう癖があるんですが、

「今回の主人公・伊希と羽琉の二人は単純に人として好きだ♪」

二人が心を通わせてゆく時間的な流れも違和感がないし、

そこに至るまでのエピソードの一つ一つも素直に受け入れられる。

「これはハマるな!」

3話完結という短いストーリーの中に、たくさんのドキドキやキュンが散りばめられていて、

ギュッと凝縮された恋愛の素晴らしさが、胸の奥をツーンと刺激されます。

素直に「恋愛ってイイナ♪」と感じさせてくれる作品。

それだけにこんな良作がたったの3話で終わったのは非常に残念でならない(汗)

そして…

ここまで魅力的で素敵な主人公・伊希と羽琉の行く末を見届けられないのは非常に辛い!

ラストがスゴく幸せそうなエンディングで幕を閉じているので、

我々読者が自分なりに想像する伊希と羽琉のその後を思い描いて、

『汝、ぼくに恋をせよ』という心が元気になれる作品とお別れすると致しましょう。

この作品は、干からびて絶滅状態にあったまるしーの女性ホルモンを見事に呼び覚ましてくれました♪

井山ゆー先生に感謝だな。

ワクワクするラブストーリーをありがとうございます♪

無料試し読み

今、紹介した

『汝、ぼくに恋をせよ』は、

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『汝、ぼくに恋をせよ』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『なんじぼくに』と打ち込んでください♪