鉄さんは笑わない。【ネタバレ全話】出来過ぎるスーパーOLの恋!

揺るぎない「鉄の心」を持つハイスペックなスーパーOLが恋をした!

完璧すぎる容姿とその仕事っぷりに、いつしか付けられたあだ名が”テッシン”さん。

社内の誰もが彼女の一挙手一投足に恐れおののいているが、

でも実は彼女、中身はとっても優しくて慈愛に満ちた女性だったのです・・・

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

著者:まえざきもな

『鉄さんは笑わない。』

笑わない、たじろがないスーパーOLが、

ある日、バイリンガルの新人くんから猛烈な恋のアタックを受けて、

これまでブレない仕事っぷりで、社内の空気をピリピリさせていた彼女が、

なんと…明らかに自分のペースを乱されている?

笑わないハイスペックOLと、出来る社交的な男子が紡ぐ恋の行方はいかに!

とにかく恋愛ベタなヒロインが時折り見せる”キュン”なギャップに萌えっぱなしである。

『鉄さんは笑わない。』の見どころ

電子書籍ストア『コミックシーモア』から発売されている『恋するソワレ』から、

ちょっと気になる”ラブコメ”が連載スタートしました♪

『鉄(くろがね)さんは笑わない。』というどこか意味深なタイトルなんですが、

スーパー良く仕事ができる美人OLさんが主人公の、たぶん恋愛漫画で、

著者のまえざきもな 先生は、恐らく新人の漫画家さんなんでしょうか、

サイト主のまるしーは、まだ一度もこの先生の作品を読んだことがなかったです。

とても絵が好みで、ストーリーも”キュン”なオフィスラブ系でして、ちょっと今ハマってるんです♪

とにかくヒロインの”てっしん”こと、鉄心(くろがねこころ)さんが個性的なキャラで、

このテッシンさんを軸にして、すべての物語が展開してゆきます。

彼女は社内で、「笑わない」「厳しい」「何を考えてるかわからない」という、

ストイックに自分を貫く鉄壁ぐあいで、とにかく一分の隙もない人間離れしたデキ過ぎる女性で、

そのせいもあって周りからは”てっしんさん”と、あだ名されているスーパーOLさんなんですが、

ある日、そんな彼女の揺るぎない心を揺さぶってくるイケメン男性が現れるのです。

『鉄さんは笑わない。』の見どころは、

そんな鉄壁ハイスペック女子のテッシンさんが、

彼女のぶ厚い壁をなんなく突破してハート揺り動かしてくる男性に、

思わず”キュン”とさせられてしまう場面や、

これまで異性との恋愛にはまったく縁がなかった彼女が、

どんどんとその男性に自分の完ぺきだったペースを乱されてゆくところですね!

「完ぺきな女が落ちる瞬間て、ワクワクします♪」

本作の魅力は、まさにその部分にあります。

デキる女の”ギャップ萌え恋愛”に興味がある方はぜひ読んでみてください♪

 

『鉄さんは笑わない』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

鉄さんは笑わない。【ネタバレ全話】出来過ぎるスーパーOLの恋!

1話:鉄の心!?

主人公の鉄 心(くろがねこころ)は、28歳の独身・カレシなしのクールビューティーな女子で、

いま彼女が勤めている会社では、

”笑わない””厳しい””何を考えているかわからない”という特徴的なキャラと、

仕事では一分の隙もない完ぺき過ぎる能力を発揮しており、

社内では「テッシンさん」と、呼ばれて皆から恐れられているるスーパーOLさんだ。

そんなハイスペックで”鉄の心”を持った彼女の部署に、

ある日、新人の遠野孝臣(とおのたかおみ)という人物が配属されてきた。

彼はつい最近までアメリカで生活していた陽気でイケメンなバイリンガル男子だった。

そんな彼の教育係に指名されたテッシンは、

例のごとく一部も隙も見せない態度で、遠野に仕事を教えてゆきました。

これまでなら、テッシンの有無を言わせぬ隙にない”圧”で恐れおののく新人くんばかりだったのですが、

今回の遠野はひとあじ違いました。

彼はテッシンが社内で噂されている”恐ろしい女性”とは、

まったく違った後輩思いで、誰にでも分け隔てなく親切な彼女の中身に気づき、

ドンドンとテッシンに興味を持ち始め、その気持ちはやがて”恋心”に変り、

1話のラストでは、ついにテッシンに”好きです”と告白するまでに至る・・・

2話:乱されるペース

トツゼン、遠野から社内の皆が見ている前で、

「俺と付き合ってもらえませんか?」

と…冗談なのか本気なのか分からないテンションで告白されたテッシンは、

無表情を装いながらも、実際 心の中ではものすごく動揺していました。

なんせ生まれてこの方、こんな風に異性から告白などされたことがないのです(汗)

青天の霹靂だ!

テッシンはその後も必至で平静を装いながら、

遠野の告白にまったくリアクションをとりませんでしたが、

アメリカでの生活が長かった遠野は、そこからめげることなくテッシンに食らいついてゆきます。

すると…

次第にテッシンは遠野ことが気になって、仕事でこれまでにしたことがない簡単なミスをしてしまうのです(汗)

乱されるペース。

そんな中、テッシンは遠野の絶妙なコミュニケーション能力に乗せられて、

ついつい彼とプライベートで食事に行く約束をしてしまうのです。

社内で恐れられる”鉄の女”が完全に後輩くんの術中にハマってゆくわけだ。

彼をうまくあしらえない。

ただ・・・

この日、遠野と食事に出かけたテッシンは、

いつもと変わらない無表情で、どんな感情でいるのか分からない状態でした。

しかしそんなテッシンを前にしても遠野は、

なんとも楽しそうにテッシンへ話しかけ、自分のペースですごく幸せそうにしているのです。

{こんなに強引なのに、悪い気がしないのはなぜかしら?}

そこから少しづつテッシンは遠野に興味を持ち始めたのです・・・

3話:ごめんなさいが言えなくて、

遠野とのデート中に大事な用事をお思い出したテッシンは、遠野に不愉快な思いをさせて帰ってしまいました。

そのことを後ですごく反省した彼女でしたが、

その後、職場でなかなか遠野とゆっくり話せるタイミングがなく、

ごめんなさいが言えなくて、心の中がモヤモヤとしていました。

そんな時、遠野に気がある後輩のOL原田が遠野との関係を尋ねてきて、

彼に気がないのならあまり期待を持たせない方がいいと、テッシンに忠告したのだ。

仕事はちゃんとできないくせにこういうところだけは抜け目ない。

あからさまな横恋慕だ。

ただ…そんなことで気を病むテッシンではなかったが、遠野に謝罪できないことが何よりも気がかりでした。

しかし…二人が仲直りする機会は早々にやって来ました。

それはこの日の業務も大方終了し、部内のみんなが飲み会へ向かい、

テッシンだけが会社に残って残務処理をしていた時でした。

どうしても一人で仕事をしているテッシンのことが気になる遠野は、

飲み会を途中で抜け出し、コンビニで差し入れを買って残業するテッシンのもとを訪れたのです。

「鉄さん!」

トツゼン現れた遠野に驚きを隠せないテッシン。

えっ!?

だが…

ここでやっと遠野に謝罪する機会を得たテッシンは、

「ごめんなさい」

と…先日のデートの際にとった自分の発言と行動を素直に謝りました。

すると…

遠野は・・・

4話:周りの雑音

お互いのわだかまりも解けて遠野とイイ感じのテッシン。

ただ…仕事の面ではなぜか小さなトラブルが重なっている(汗)

その原因が分からなくてイライラが募るテッシンは心に余裕がなくなっていた。

そんなタイミングで、遠野のことを狙っている原田のミスを強めに叱責したことでさらに事態が悪化し、

以前よりも増してテッシンが恐れられてしまうという悪循環に!

ただ…そんな周りの雑音に負けてしまうほどメンタルは弱くないテッシンでしたが、

さすがに遠野が原田を誘ってランチに行ったことを知って心がモヤっとした。

そんな中、テッシンはたまたま資料室で出くわした遠野と二人きりで話す機会があり、

なんと…他その際に他のスタッフの不注意で二人が資料室に閉じ込められてしまうというアクシデントが発生する(汗)

えっ!?…

これはもしかして絶好のシュチュエーションではないかい?

5話:二人きりの密室

思わぬアクシデントで資料室に閉じ込められることとなったテッシンと遠野。

ただ…その”二人きりの密室”はテッシンと遠野にとっては、

よりお互いのことを知れる絶好のチャンスでもあったのです♪

二人はそれぞれ思っていたことを話し、いろいろと気持ちがすれ違っていたことが分かると

再び二人の関係性は良好となりました。

さらに…

遠野からは今テッシンの周りで起こっている不可解なトラブルの原因を一緒に調査しようと提案され、

その言葉に勇気をもらったテッシンは、落ちていたメンタルが完全回復です。

二人は協力してトラブルの原因追及に乗り出すことになりました。

そして…

ある日の退社時間後に、二人は会社に残って張り込みを開始するのですが、

すると…真っ暗なオフィスにこっそりと現れた人物が・・・

6話:理不尽なキレ方

テッシンが暗いオフィスの照明をONにしたら、そこに立っていたのは原田でした。

これまでテッシンの身に起こっていた不可解な現象はすべてこの原田の仕業だったのです。

嫌がらせの犯人であることがバレた原田は、性懲りもなくテッシンに対する恨み節をぶちまける!

しかし…

テッシンは原田の理不尽なキレ方にも冷静に対処してその場を丸く収めようとします。

結果的にふてくされたまま原田はその場を去って行ったが、テッシンと遠野の関係はより強固なものとなった。

そんなことがあった翌日、テッシンと大事な取引先のオープニングパーティーに出席するはずだった社員が病欠となり、

なんと…その代理として遠野が参加することとなった。

すると…

パーティーの席上でテッシンがナンパされているところを目撃した遠野は、

我慢できずに仕事も忘れてパーティー会場からテッシンを連れ出してしまう・・・

 

『鉄さんは笑わない』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】

『鉄さんは笑わない。』の感想まとめ

まず、ヒロインの”鉄心”という名前が非常に面白いですね♪

この”くろがねこころ”という漢字二文字の名前を思いついた時点で、

主人公のキャラが、実に魅力的であることを暗に想像させてくれます。

「ネーミングの妙だな♪」

ストーリー的には、よくある”ギャップ萌え”系のラブコメなのですが、

こういう恋愛漫画は読んでいて”ウキウキ”してきます。

今まで誰にも気付いてくれなかった自分の心の内を、

いともあっさり見抜いてくれて、そこを褒めてくれる。

「これは男女に限らず”キュン”となるシチュエーションですよ♪」

特にここまで完ぺきに自分をプロデュースしてきたテッシンさんが、

屈託のない笑顔でちょっと強引な遠野からアプローチされている光景がたまらない”キュン”だ。

ただ…

ひとつ疑問なのが、

特に普段から”恐怖オーラ”なんてどこにも出していないテッシンさんが、

どうしてあれほど周りの社員たちから恐れられているのかということです(汗)

「イマイチそこが理解できないまるしーがいる。」

そもそも彼女は部下たちに無理な指示をしているわけでもないし、強い口調で話してもいない。

必要以上に周りの社員たちがテッシンを恐れているだけではないか!

まぁ~これはテッシンのギャップをより際立たせるためのちょっとオーバーな演出なんだろうけど、

「少しテッシンさんが可哀そうでもある。」

まるしーが見たところ、テッシンさんは、すごく有能で部下思いの優しいリーダーさんです。

まだ彼女が会社でどんな役職なのか知らないけど、

明らかに社内のみんなはテッシンさんに仕事を頼りきっている傾向があります。

だから煙たいのかな?

でも…

「彼女は普通に魅力的な女性ですよ。」

だから…遠野とはこれから素敵な恋をして欲しい。

今はそれだけかな…

無料試し読み

今、紹介した

『鉄さんは笑わない。』は、

女性コミック誌『恋するソワレ』で連載中のコミックで、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『鉄さんは笑わない』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア