御社の不倫の件【ネタバレ5話】女の武器は存分に活用するのよ!

リアルな枕営業の現実に愕然とする悠希。

裏で通じ合って半ば強制的に体で契約を取らそうとする女性上司に恐怖すら覚えてしまう!

一方…

”不倫別れさせ社”の三枝玲は、着々と社内の状況把握を進め、

いよいよ本格的に問題の解決へと動き出しました。

『御社の不倫の件~絶対に別れさせます~

5話の解説と感想です♪

体を武器にした営業方法を部下に強要する各務に対し、

新人生保レディー・森本悠希の心は激しく動揺していた。

確かに…

まだ新人の自分が己の力で契約を取るのは並大抵のことではない。

でも…枕営業で契約を取ることが道義的に間違っている事だけは理解している。

自分の道徳心と仕事との狭間で苦しむ悠希に、

仕事人・三枝玲が折に触れて大切な助言を与えてゆくのだが・・・


4話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『御社の不倫の件』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『おんしゃのふりん』と検索してください♪

 

御社の不倫の件【ネタバレ5話】女の武器は存分に活用するのよ!

ついに悠希と三枝のがいる目の前で、ゲスな正体を露わにさせた各務。

その姿に動揺する悠希に向かって各務は平然と言ってのけた。

「女の武器は存分に活用するのよ!」

彼女は当たり前のように自分を正当化する。

もちろんそんな考え方には否定的だった悠希は、各務の指導には疑問しかない。

さて…

ここまでで大体の現状把握を終えた三枝は、翌日には野暮ったいキャラを一変させて、

有能な三枝玲として本来の姿で会社に出勤しました。

各務も三枝の劇的な変わりように度肝を抜かれる(汗)

そんな中…

各務から悠希をアテンドされた既婚者の男性見込み客が、

当たり前のように契約と引き換えに悠希の体を要求してきたのです(汗)

動揺する悠希は咄嗟にどういう行動を取ればいいのか分からなくなった!

しかし…

そんな時、悠希と男性客の前に三枝が現れて、なんとか事なきを得ました。

その後、

当然のことながら各務は悠希に激怒りです。

「せっかく目をかけてやったのに!」

この一件で各務から見捨てられた悠希は自分の力だけで契約を取らなければいけなくなりました。

もちろんそれが当然のことなのだが、これで悠希が各務の餌食になることは避けられました。

一体どういうつもりなの⁉

ひとまず悠希を真っ当な生保レディーの道へと導いた三枝は、

徐々に自らの動きをスタートさせてゆきます。

まずは三枝の頼れるパートナーである新を使って、各務に接触させます。

今回の新が演じる役柄は、大企業に勤める真面目で純朴なサラリーマンという設定だ。

すると…

早速、各務は新の演じた冴えないサラリーマンを食い物にしようと自分から罠にかかってゆく、

一方その頃、三枝も各務が不倫中の柳部長に色仕掛けで近づいてゆきます。

各務と違って本来の若くて美しい三枝に鼻の下を伸ばしてニヤつく柳。

もう彼は三枝に取り込まれたも同然の状態だ。

こうして”不倫別れさせ社”の二人が活発な動きを始めたタイミングで、

各務の枕営業を否定して真っ当な営業業努力で契約獲得に励んでいた悠希は、

生保レディという仕事の現実に苦悩していました(汗)

どれだけ頑張ってもまともに契約なんて取れないのです。

まだ働き始めて1か月にも満たない新人なんだからそれは当たり前なんだけど、

やっぱり自分はダメなんだと自信を無くしてしまうんです。

そこはちゃんと相談に乗ってあげて悠希のメンタルを上向きにしてあげる三枝。

そんな時でした。

なんと…

新にうつつを抜かしている各務が、彼と会う時間が欲しいゆえに、

悠希に彼女の契約見込み客を当てがってくれたのです。

少し不安だったものの、悠希は各務から紹介された高齢女性の見込み客の自宅へと向かいます。

そこで…

悠希はその女性客に真摯な態度で向き合い、

その女性にとって一番ベストな保険契約を締結することにしたのですが、

悠希から報告を聞いた各務は彼女にブチ切れました(汗)

「一体どういうつもりなの⁉」

恩を仇で返されたと怒りまくる各務を前に表情を硬直させる悠希。

その時、三枝は・・・

盛り上がってまいりました♪

 

『御社の不倫の件』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『おんしゃのふりん』と検索してください♪

5話の感想

サイト主のまるしーにも生保レディーで生計を立てている知り合いのシングルマザーがいるのですが、

実際にリアルな仕事現場の話を聞いてみると、かなり生臭いエピソードがゴッソリと出てきます(汗)

非常にノルマが厳しい世界らしく、数字と人間関係のストレスで病みそうになるといつも言ってました。

実際にその生保レディーの知人も何度か有力なスポンサー的お客さんと体の関係になったことがあるらしいので、

世の中の生保レディーたちが契約のために見込み客と体を重ねるというお話はリアルにあるようです。

実際…

飛び込みの電話営業から契約に結び付くケースはほとんど稀なようで、

継続的に契約をゲットしてゆくためには、様々な大人の付き合いが必要となるそうで、

そんな中、契約をゲットするために一番近道は、やはり人から人への紹介だそうです。

確かに…

トツゼン電話をかけてきた見ず知らずの生保レディーから保険に入ろうとはあまり思えませんよね(汗)

「それが現実です」

なので…

各務と柳の不倫関係は別として、各務が悠希に言い放った、

「女の武器を使って」という言葉があながち見当ちがいなセリフではなかったのです。

しかも…

知人の話では、枕営業の話もそうですが、そのほかに同僚同士の見込み客の奪い合いや、

自爆営業(自分で保険に入る)で自滅したり、

なんとか上司と肉体的なお付き合いをして待遇面をよくしてもらおうと、

露骨にモーションをかけている生保レディーもいるとのことで、

実際の現場は、本作に登場する各務よりもゲスい生保レディーはたくさん存在するみたいだ(汗)

「めちゃ恐ろしい世界!」

広くコンプライアンスが叫ばれ、働き方改革もという言葉も世間に浸透してきたことで、

若干、生保業界も変わりつつあるらしいですが、

不躾な電話セールスがほとんど契約に結び付かなくなった昨今。

まだまだ離職率の高いブラックな業界だと噂されているようです。

いまお話した全ては現在もある生保会社で働く知人の生保レディーに聞いた話ですが、

「信じるか信じないかはあなた次第です!」

ただ…

その知人が生保レディーという仕事をして一番つらかったのは、

たくさんの親戚・友人・知人と疎遠になったことだと言ってました(汗)

実際…

まるしーも現在ではその生保レディーの知人とはあまり深くかかわっていない(汗)

「それが現実なんだろう…」

もう解約済みだけど、彼女から積立式の生命保険を勧められて契約させられたことがあります(笑)

「実はまるしーも知人の被害者の一人だ!」

だからまるしーは思う。

もし…悠希が今後も女を武器にしたり、友達を客にできないならば、

「すぐに生保レディーの仕事はやめた方がイイ!」

悠希は実に普通の感覚を持った女性なんです。

そんな自分のバランス感覚を信じて別のパートを探した方が絶対にいいと思う。

なかなか今回のテーマは女性にとって目をそむけたくなる題材だ(汗)

「メチャクチャ面白いけど…」

無料試し読み

今、紹介した

『御社の不倫の件~絶対に別れさせます~は、

『まんが王国』先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『御社の不倫の件』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『おんしゃのふりん』と打ち込んで下さい♪

『御社の不倫の件』の解説と感想はコチラで全部読めます♪