ふれふら【ネタバレ全話】ファンタジックにしてもどかしい恋模様!

手と手が触れるとその人の”心の声”が聴こえてしまう!

そんな特殊能力を持った主人公のじれったい恋の物語♪

他人さまの心の声って…聴いてみると案外いい事なんてないのです…(汗)

著者:春田ハナ / グルナ編集部

『ふれふら

生まれついての特殊体質が災いして中学時代に恋愛トラウマを抱えてしまった主人公の大貴(だいき)。

「なんのトラウマかって…?」

それは生まれながらに彼に備わっていた人の手に触れると、

その人の”心の声”が聴けるという体質がもとで、初めて付き合った女子と別れたことだ(汗)

「残酷な心の声を聞いてしまったから!」

それ以来、女性と恋をするどころか会話することさえ怖くなった彼は、

30歳を目前にした今も彼女ができていないのです。

しかし…

ある日突然、幼馴染だった女性が目の前に現れたことで、大貴の止まっていた時間が動き出す。

「待ってました♪心の声が聴こえるタイプのラブストーリーです♪」

『ふれふら』の見どころ

電子書籍ストア『BookLive』から嬉しいタイプの作品が先行配信スタートです♪

BookLiveのオリジナルレーベル『COMICエトワール』からリリースされたピカピカの新連載なのですが、

なんと…

嬉しいことにサイト主のまるしーが大好物の”心の声”が聴こえるパターンのラブストーリーなんです♪

しかも…

その著者が主にTLコミックを主戦場としている春田ハナ先生という事で、

BookLive×春田先生の初タッグ作品にテンション爆上がりで期待しております♪

まず最初に、

今回紹介する『ふれふら』というスイーツみたいなタイトルの意味なんですが、

それは…”触れるとフラれる”という言葉の短縮形なんですね。

主人公の大貴は、人の手に触れると相手の”心の声”が聴こえるという特殊な能力の持ち主で、

彼が中学性の頃に初めて付き合ったカノジョの心の声を聴いた際に、

大貴にとってすごく残酷な心の声を聞いてしまったのです(汗)

それ以降、彼は女性に対して憶病になり、女性と会話することさえ怖くなってしまったのです。

そういう経緯から大貴の中で”触れるとフラれる”というジンクスが出来上がり、

この作品のタイトルになっているというわけです。

「どうですか?」

「興味が湧いてきましたか?」

さて…

そこで『ふれふら』の見どころなのですが、

今回の場合、主人公の大貴が”心の声”を聴くためには、相手の手に触れないと聴こえないと言う設定ですね。

「手に触れる」

そのひと手間かかる要素が物語の重要なスパイスになってあとからジワジワと効いてくるのです♪

実際に人と会話をしていて相手の手を触れる機会なんてあんまりないですもんね。

家族であったり、友人や恋人など、ごく親しいくらいしかないと思います。

なので…大貴が道ですれ違うだけ人々の心の声を聴くことはほとんどないわけです。

それが主人公・大貴の人生にどういう影響を及ぼしてゆくのか…?

とりあえず本作のテーマは、大人のじれったい恋模様というニュアンスで紹介されていました♪

そんなハートフルなラブストーリーをTL漫画界の実力者が描くわけですから、

「見逃すワケにはいきません♪」

 

『ふれふら』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『ふれふら』と検索してください♪

 

ふれふら【ネタバレ全話】ファンタジックにしてもどかしい恋模様!

1話:残酷な心の声

主人公の佐々大貴(ささだいき)29歳には、生まれながらにして不思議な能力が備わっていました。

それは…人の手に触れるとその人の“心の声”が聴こえるという能力です。

彼はこの能力のせいで中学3年生の頃に大きな恋愛トラウマを抱えることになったのです(汗)

なぜか?

理由は初めて付き合ったカノジョの残酷な心の声を聴いてしまったからです。

それからというもの、大貴は恋人はおろか、女性と会話することさえ怖くなってしまったのです(汗)

田舎町にある実家の酒屋で働き出してからもずっと上京することを考えなかったのもそれが原因だった。

周りの友人たちはみんな上京していったのに・・・

最近になって彼は…

このまま今の生活を続けていては、一生結婚できないという不安に襲われてきました(汗)

するとそんな時でした。

大貴のまえに中学1年生の頃に引っ越していった幼馴染の茉莉(まつり)が姿を現れたのです!

キュンな恋愛マンガではよくあるベタな展開ですが、

ここは黙って二人のもどかしい恋模様をじっくりと見守ってゆきましょう♪

2話:茉莉は…特別だ!

田舎でまた暮らしたくなったという理由で、大貴の住む田舎町にやってきた茉莉は、

大貴の両親にいたく歓迎されてしばらく佐々家で宿泊することになった。

幼馴染の少女が魅力的な女性に成長して大貴の目の前に現れたわけである。

当然のことながら嬉しくないはずもない大貴でしたが、

例のトラウマにずっと苦しめられてきた大貴は、なかなか昔のように茉莉と接することができません(汗)

そんな中、昔よく大貴と茉莉が遊んでいた川を訪れた二人。

その際、ちょっとしたアクシデントで茉莉が川で転んでしまったのですが、

その際、彼女の手を掴むことを躊躇してしまった大貴。

もし…茉莉の”心の声”が自分の傷つく言葉だったら嫌だと咄嗟に思ってしまったのです(汗)

しかし…

その後、ふいに茉莉が大貴の手に触れてきた際、彼女の心の声は、

まったく表に出ている言葉と同じセリフだったのです。

さらに…茉莉と再会してから今まで、彼女とは普通に会話ができている自分に気づく大貴。

茉莉は…特別だ!

それは彼の中で何かが動き出した瞬間でした…

3話:茉莉の心の声

夜中に茉莉が家を抜け出して近く橋から川を眺めていたところを、

茉莉が自殺するものと勘違いして慌てて駆け寄った大貴でしたが、

結果的には自殺ではなかったにしても、どうやら茉莉にはまだ大貴が知らない大きな悩みがありそうでした。

恐らくそれはこの田舎町にやってきた理由と関係があるのだろう。

茉莉はきっと東京でなにか辛いことがあったはずだ。

そこまではなんとなく大貴にも想像できたのですが、

実際に茉莉の心の声を聴くには、彼女の手に直接触れなければ分からない。

しかし…どんな理由で茉莉の手に触れればいいのかが大貴には分からない(汗)

彼はなんとか茉莉に手に触れようとチャレンジしてみるのですが・・・


 

『ふれふら』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『ふれふら』と検索してください♪

『ふれふら』を読んだ感想まとめ

まるしーが大好きな”心の声”聴こえる系のストーリーですが、

今回は、相手の手に触れないと心の声が聴こえないという制約があることと、

主人公の大貴が筋金入りの奥手男子ということで、もう~じれったさが半端ありません(汗)

しかも…

恋愛に対して臆病であったり、女子との会話が苦手になったきっかけが、

初カノジョの残念な本音を聴いてしまった中学3年生の頃に起こった事件であり、

ちょっと…トラウマ期間が長すぎるような気がしないかい(汗)

そんなに長い間恋愛できないものなのか?

やっぱり初めてできた彼女に、当て馬のような感じで付き合われちゃ傷が残っちゃいますかね~(汗)

でも…

「やっぱり大貴はナイーブすぎるのかも!」

どうしてもっと自分が持っている能力を恋愛でも仕事でもフル活用しないのか?

能力を利用してやれることなんていっぱいあるはずなんだけどな~

今回の茉莉とのことだって、あそこまで彼女が距離感近めで接してくれているのに、

ほとんど中学生みたいな反応しかできていないわけで・・・

これは男性の方が精神年齢が低いとかいう問題ではなくて、

大貴がとにかくアラサーの年齢までこじらせ続けていた結果です。

しかもこういう大貴みたいに中身が中学生のようなアラサー男子は最近とくに多く目撃します。

まるしーの知り合いがある携帯会社のショップを経営しており、時々ヘルプとして手伝いに行くのですが、

「見かけるんですよ大貴的なアラサーくんを!」

こちらが笑顔で挨拶しても、愛想よく話しかけても平気で無視して目をそらす。

そんなコミュ障のアラサー男子の反応に最初はひどく傷ついたまるしーでしたが、

友人からあれは恥ずかしいだけで特に悪気はないから大丈夫だと励まされて、

何とか今は彼らの素無視リアクションにも慣れはましたが、

「相手をする方にしたら厄介なことですよ!」

せめていい大人なんだからなんか声を発しなさいよと思ってしまうのですよ。

「アンタが自分から店に用事で来たんでしょうが!」

最初から最後まで首の上下左右運動で終わらすつもりなのか?

なんか…大貴みたいなアラサー男子を見てるとホント日本の将来が心配になってくるのです(汗)

そんなに気が弱くて言うべきことも話せないメンタルでこの国を支えていけるのか?

「おばさんは老後が不安でしょうがないのです。」

シャウトしろとまでは言いませんが、せめて自分の言いたいことぐらいは人前で発言できる大人になりましょう。

そうしないと一部の声がでかい権力者たちの都合よい道具にされちゃいますよ。

「もっと猛れ!日本の若い男性諸君!」

て…

まるしーは何を長々と本編と関係のないことを書き綴っているのだ…(汗)

とりあえずこの作品はとても面白いです♪

ただ…ほんの最近、大貴みたいなアラサー男子を接客したところだったから、

ついつい思いが込み上げて暴走してしまいました(汗)

とにかく…大貴と茉莉のじれったい恋模様は、なんの問題もなくキュンがいっぱいです♪

無料試し読み

今、紹介した

『ふれふらは、

電子コミックサイトのブックライブ(BookLive!)独占連載中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『ふれふら』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『ふれふら』と打ち込んでください♪