バツイチがモテるなんて聞いてません【ネタバレ11話】秘密のオフィスラブ!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

著者: 亀奈ゆう

『バツイチがモテるなんて聞いてません』

11話の解説と感想です♪

ついに満井の告白を受け入れた和葉。

歳の差や世間体のことを今は考えるのを止めよう。

満井はついに和葉のカワイイ後輩くんからカレシに昇格したのだ♪

ただ…満井とこれから付き合ってゆく決断をした和葉でしすが、

さすがにその事を会社の上司や同僚たちに大手を振って伝えることはできない(汗)

なんたってほんのつい最近に彼女は皆の前で離婚を発表したばかりなのです!

だからとりあえず”秘密のオフィスラブ”からスタートだ。

これはしょうがない。

「やっぱりいつの時代も真っすぐに目を見て女性に告白する男子はカッコいいです♪」


10話の解説と感想はコチラです♪
↓↓↓↓↓

 

『バツイチがモテるなんて聞いてません』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

バツイチがモテるなんて聞いてません【ネタバレ11話】秘密のオフィスラブ!

秘密のオフィスラブ

「俺と今すぐ付き合ってください!」

しっかりと和葉の両手を握って真剣に熱い想いを告白した満井。

ついに和葉は満井の想いを受け入れました。

ここは一旦歳の差があることや世間体は考えないようにして、純粋に満井と恋をしてみたいと思ったのです。

ただ…

和葉としてはつい最近プライベートな離婚の話を会社で堂々と発表したばかりであり、

離婚して早々に会社のイケメン後輩くんと付き合うことになったなどとは、

さすがに会社の上司や同僚たちには言えないと思った。

なので…

彼女は満井と付き合う条件として一つだけ約束をしてもらったのです。

「会社の人にはバレたくないの!」

これは和葉の立場を考えたら当たり前のことだと思う。

良い悪いの問題ではなくて、立場のある社会人としての倫理観を問われるデリケートな問題だ。

もちろん満井は和葉の要望を受け入れて”秘密のオフィスラブ”がスタートしたわけです♪

ナチュラルな振る舞い

会社の皆には内緒で和葉と満井は付き合うことになりましたが、

それでも和葉には若干の心配事がありました。

それは…和葉と付き合うことになってかなり浮足立っている満井が、

ちゃんと会社で従来通りの上司と部下という態度で接してくれるかという心配です。

もし…

彼が仕事中に和葉を見てぼんやりなどしていたら、たちまち二人の関係が露呈してしまう危険がある(汗)

満井の告白を受け入れた翌日に、和葉そのことを警戒しながら会社へと出勤しました。

すると…

驚いたことに満井の態度がこれまでと全く変わらないナチュラルな振る舞いで、

逆に和葉の方が満井を見てギクシャクするという失態を演じてしまい・・・


 

『バツイチがモテるなんて聞いてません』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

11話の感想

やっぱり告白というものはストレートが一番だな~と、改めて満井くんを見て思いました。

今の時代は様々なツールで好きな人に想いを伝える手段がありますが、

対面しての告白が最強だ!

面と向かった状態でないと、相手の表情や空気感は分からないわけで、

ここぞというタイミングを逃してしまう可能性が大いにあります。

相手を目の前にした状況なら、その人が今どんな状態にあるのかの判断はできます。

迷惑に思っているのか?

興味がないのか?

何かを期待しているのか?

表情は暗いか明るいか普通か?

目の前で確認できる。

そして…生身の言葉と態度で好きな人に想いをアピールできるのです。

「コレは圧倒的な強みだ!」

ファーストアタックに失敗したとしても、その場でもう少し食い下がって逆転に持ち込めることもできる。

それに…

人って面と向かってストレートに想いを告白されたら、それだけでも嬉しいものだ。

よほど嫌いな相手でない限り不快には思わないはずです。

それに比べて…電話やメールでの告白は想いの熱量がなかなか相手に伝わりにくいんですよね(汗)

リモートなら別ですけど。

相手に考える時間を与えてしまうというデメリットも大きい。

告白の瞬間というものは”非日常”の最たるもので、

相手をどれだけ二人の異空間に引きずり込んで考える暇を与えないかが勝負だ!

その場の空気と勢いで相手の”yes”を引き出す。

まさに今回の満井くんはそれを見事にやってのけたのです。

和葉が付き合っていることを会社の人にバレたくないと言ったのがいい証拠だ。

満井くんの勢いと二人の世界の空気感に流されてついその気になってしまったのです。

本来なら和葉の立場ではなかなか知り合ったばかりで、しかも会社の後輩くんと付き合う判断などしない。

満井くんが脇目もふらず真っすぐに和葉へ想いを伝えて食い下がった結果が今である。

まぁ~これから二人にはいろんな障害が立ちはだかってくるんだろうけど、

和葉さえしっかりと自分を持っていれば大丈夫だと思う。

今のところは細かいことは考えずに思いっきり満井くんとの恋をエンジョイすればいいのだ。

と…サイト主のまるしーは羨ましさと共に二人の恋路を応援しております♪

無料試し読み

今、紹介した

『バツイチがモテるなんて聞いてません』は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『バツイチがモテるなんて聞いてません』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

『バツイチがモテるなんて聞いてません』の解説記事はここで全部読めます♪