【ネタバレ3話】悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?|苦肉の子種作戦!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

著者:生還/栢野すばる

『悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!? 』

3話の解説と感想です♪

跡継ぎになる子供さえできればブロンナー家の血筋を絶やさずに済む。

追い詰められた挙句にとんでもない発想に行き着いてしまったアンジェリカです(汗)

彼女が絞り出した苦肉の策とは、誰でもイイから男性とベットを共にして子種をもらうことだ。

今のアンジェリカを見る世間からの評判を考えた場合、

さすがに彼女との結婚に手を上げてくれる男性は皆無なのかもしれない。

だが…それにしてもおよそ貴族のご令嬢が考えるような方法ではありません。

さらに…

そんなアンジェリカの悲しすぎる作戦に一番驚いた上に心を痛めたのが王太子のエルヴァンでした。

「父を敬愛してやまないアンジェリカにはブロンナー家の血を絶やさない事しか頭にないんだろうな~(汗)」


2話の解説と感想はコチラです♪
↓↓↓↓↓

 

『悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

【ネタバレ3話】悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?|苦肉の子種作戦!

苦肉の子種作戦!

アンジェリカのことを心から愛してやまない王太子・エルヴァンが、

虎視眈々とその想いを伝えるタイミングを見計らっていた同じ頃、

肝心のアンジェリカは男性ならば誰でもいいから自分に子種を授けてもらって、

ブロンナー家の跡継ぎを作ってやろうと考えていたのです。

こうなるとエルヴァンには一刻の猶予も許されない状況となったわけですが、

彼がそのとんでもないアンジェリカの計画を知ったのは、

彼女のためにわざわざ腕のいい職人に作らせた豪華すぎるブレスレットをプレゼントした日でした。

その日、なんの前触れもなくアンジェリカの屋敷にお忍びでやって来たエルヴァンは、

用意したプレゼントを渡して密かに想いを抑えてきた気持ちをアンジェリカに伝えようとしていたのです。

しかし…

まったくそんなエルヴァンの想いに気づいていない様子のアンジェリカは、

事もあろうか一番打ち明けてはいけない相手に”苦肉の子種作戦”の話をしてしまったのです(汗)

もうムチャクチャだ!

自分が告白しようとしていた相手からなんとも悲しい”後継者製造活動”の内訳を聞かされたエルヴァンは、

切ないやら悔しいやらで動揺した挙句にアンジェリカへ想いを伝えることができずにいました。

なんたって彼女は男性なら誰でもいいからベットを共にして”子種”をもらおうとしているわけです。

もうムチャクチャだ!

裏を返せばそこまでアンジェリカは家督のことで追い詰められていたのです。

しかも…

長年のあいだ君主に仕える臣下としてエルヴァンに尽くしてきたアンジェリカにとって、

王太子はまさに神のような存在であり、決して一人の男性として見れるわけもなく、

ましてやアンジェリカは王立軍の鬼将軍・リッカルト・ブロンナーの娘であって、

幼い頃から武人としての精神を叩きこまれて来た一人の戦士なのです。

そんな彼女からブロンナー家の血筋を絶やさないために見いだした苦肉の策を打ち明けられたエルヴァン。

これには参った。

世間からは『鋼の王太子』と評されるほど狡猾でメンタル激強なエルヴァンなのですが、

こと溺愛するアンジェリカに対してだけはどうもいつもの調子が出ないのです。

その結果…

エルヴァンはアンジェリカと隠密に自分の部屋で逢引きする約束を取り交わしたのですが・・・


 

『悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

3話の感想

幼い頃からの習性と固定観念が心と体に染みつき過ぎて、

ほんの露ほどもアンジェリカはエルヴァンの事を男性として見ることができません。

もとより性格がほとんど父親と同じ武人の性質なので、

これはエルヴァンとしては相当に分かりやすいアクションを起こさないと、

武士の精神を持つアンジェリカのハートを射止めることなんてできませんね(汗)

それに…幼い頃から続けてきた唯一のアンジェリカ攻略作戦であるプレゼント攻撃がまったく効果なしで、

逆そのプレゼントがアンジェリカに対する他の令嬢たちからの妬みや嫉みを買っていたわけです。

要するにエルヴァンから過剰に送られるプレゼントがアンジェリカにはマイナスとなっていたのです。

「これはもう最悪だ!」

さらにエルヴァンがちゃんとアンジェリカに自分の気持ちを分かりやすい言葉で伝えないもんだから、

とにかく二人の会話のやり取りがいちいち噛み合わないのです(汗)

エルヴァンがどれだけ想い寄せる女性としてアンジェリカに語りかけても、

アンジェリカとしてはあくまで自身が仕える主としてしかその言葉を受け取らない。

まずその最初の立ち位置から変えていかないとそもそもの始まりがないのです。

だから当然エルヴァンがアンジェリカに向けて言った

「二十時に俺の私室で待ち合わせしよう」という言葉の奥にある意味を理解していません。

当たり前だ。

でもそんな事は幼い頃からずっとアンジェリカを見てきたエルヴァンなら当然分かってることでしょう。

どちらも恋愛ベタと言ってしまえばそれまでのことだけど、

これまでスゴク惨めで辛い思いをしてきたアンジェリカには一日も早く幸せな気持ちになって欲しい。

それができるのはずっとアンジェリカを想い続けてきたエルヴァンしかいないのです。

「何してんのよ!」

ぐずぐずしてないで早く告白しちゃいなさいよ。

ずっと昔からキミのことが女性として大好きだって言ってやれ!

今回のお忍び訪問のタイミングが一番その機会だったのに(汗)

結局何も言えずに終わってしまった。

本来のエルヴァンはすごく腹黒な性格で特に政敵には容赦がなく、

ハニートラップなど全く通用しない『鋼の王太子』と世間から評される逸材なのです。

なのに…アンジェリカのことに関してはこの体たらくだ。

「しっかりしろ…アンジェリカのストーカー王太子!」

無料試し読み

今、紹介した

『悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?  は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア先行配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

悪女(と誤解される私)が腹黒王太子様の愛され妃になりそうです!?』の解説と感想はコチラで全部読めます♪