美醜の大地【ネタバレ5話】ハナを追う氷の追跡者!

美醜の大地

5話の解説と感想です♪

瀬尾 サチへの復讐でとうとうハナは相手に手心を加えました。

泣き叫んで助けを乞うサチの命を助けてしまったのです。

それはやはりサチのまだ小さい息子の姿を思い浮かべてしまったからなのか?

復讐が進んでゆくにつれてハナの精神状態もかなり疲弊していくのがわかります。

本来は、心根のやさしい常識を持った女性のハナは、

自分の狂気をうまくコントロール出来ずに苦しんでいるのです(汗)

そんな中、ハナの存在に疑念を持つ一人の新聞記者が現れます。

彼は、3人目の復讐相手であるスミ子が働くカフェの常連客でしたが、

ちょうど彼女がトラックに轢かれて死んでしまうところを偶然目撃していたのです。

その際、彼はハナの姿も同時に目撃していました。

彼は、スミ子とハナの関係が気になった末に、個人的な興味からハナの事を調べ始めたのです。

イヤなタイプの人間に目を付けられてしまったハナですが、

果たして…

「最後のターゲットとなる絢子への復讐はいつ決行されるのか?」

さらに…

ハナを追う氷の追跡者の正体とは?


 

4話の解説と感想はコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『美醜の大地』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索してください♪

 

美醜の大地【ネタバレ5話】ハナを追う氷の追跡者!

スミ子の事故現場で見た謎の女(ハナ)の情報を求めて、

雑誌記者・綿貫が訪ねたのはイジメのリーダー・高島津絢子のもとでした。

綿貫は、スミ子と親しい同級生だと思って絢子にまずはスミ子の事故死を報告したのですが、

悲惨な事故だったにもかかわらず、意外にも彼女は悲しそうな顔ひとつ見せず全く興味もなさそうで、

綿貫は検討違いの相手に取材してしまったと思った程でした。

しかし…

学生時代の集合写真に写るハナの写真を見せた時だけは一瞬、絢子の表情が変わったのです!

ただ…

そのハナを追いかけてスミ子は車に轢かれたと聞いた絢子は、そんなことはありえないと答えました。

もしハナがいたのならそれは亡霊だとも言います。

そう…

この時点で絢子はハナが完全に死んでいるものと思っていたのだ。

一方…

アパートでは、絢子が雑誌記者に見せられた集合写真と同じ写真を見て何かを考えているハナの姿がありました。

一人ずつ復讐を終えるたびにハナの精神状態が不安定になってきている。

さらに今回は意図しないスミ子の事故死がハナを苦しめているのです。

「自分はとんだ腰抜けだ」

「その程度の覚悟しか持ち合わせていなかった!」

復讐の鬼になりきれない自分を激しく責めるハナ。

復讐した同級生たちの苦悶に歪む顔がハナの脳裏に何度もリフレインしてきます。

「こわい!」

「これ以上先へ進むのも、果たせないことも…」

一人の部屋で肩を落とし泣き崩れるハナ。

そんな時、無残に死んでいった弟の「姉ちゃん…」という声と笑顔がハナの脳裏をかすめます。

すると…

何かを吹っ切った様子のハナはコートをはおって、ある場所へと向かいました。

ハナを追う氷の追跡者

雑誌記者の綿貫は、スミ子と菜穂子が勤めていたカフェで、

ハナの正体を知る重大なヒントを手に入れるのですが、結局はそこから頭打ちになってしまいます。

そんな中、スミ子の死と共にカフェを辞めていった菜穂子に思いをはせる綿貫。

彼の捜索はまだ続きます・・・

一方その頃、ハナは弟たちが眠っている砂浜に来ていました。

彼女は弟の亡骸を埋めた砂浜から頭蓋骨掘り起こしてしっかりと胸に抱きしめた。

そして涙を流しながら弟の亡骸に語りかけます。

「ごめんね…留吉」

「弱い姉ちゃんでごめんね…」

そう言って揺らいだ復讐心にもう一度火を点けようとするハナ。

しばらくすると、ハナの表情が見る見るうちに鬼の形相に変って来た!

ハナは自分に言い聞かせます。

「許さない!」

「みんな地獄の底へ引きずる落としてやる」

こうしてハナの復讐心は見事に復活しました。

ただ…

ハナが復讐のモチベーションを回復させていた丁度その頃、

雪の林を歩く顔中傷だらけの女が憎しみに歪んだ表情でどこかを目指していました。

ハナを追う氷の追跡者は一体誰なのか?

じわじわとハナに危険が迫る。

 

『美醜の大地』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『びしゅうの』と検索してくださいね♪

5話の感想

雑誌記者・綿貫の動きがどこか気になりますね。

彼はどうしてまったく仕事とは無関係なハナの事に興味を持ったのか

「キャラ的に彼はこれからも頻繁に登場してきそうです。」

もしかすると最後にはハナと綿貫は結ばれたりなんかして⁉

まぁ~可能性は薄いと思いますが…(汗)

さて…

今回の氷の追跡者編は、ハナと絢子が対決する前のインターバル的なエピソードになるのかな?

復讐に疲れてきたハナが最後の強敵を倒す前にもう一度気合を入れ直すためのアイドリングといった感じだろうか?

弟の亡骸を胸に抱きしめて再び自分に復讐を誓ったハナの行動には胸が締め付けられる思いでした。

こんな悲しくてやるせないモチベーションの上げ方はないですよ(汗)

どこまでもハナには不幸と絶望がつきまとっている。

「やはり復讐の果てには虚しさしか生まれないのだろうか?」

とてもつらい現実だ。

しかも…かなり手強そうな絢子は生半可な覚悟では倒せる相手ではないでしょう。

悲しいかなやはりハナには気合の入れ直しは必要だったわけです。

そして、かなり気になるのがハナを追っている氷の追跡者の存在です。

「あの顔中傷だらけの女。」

彼女は今まで復讐してきた相手の一人なのでしょうか?

そうすると最初の方の二人かもしれません。

敏恵百合のどちらか?はたまた全くの別人か?

復讐しているハナに対して復讐を誓う人物の出現とはちょっと意外でした!

「すごく気になるところだ!」

ますます目が離せなくなってきましたね~♪

 

>>>『美醜の大地』6話の解説と感想はコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した、

『美醜の大地』は、

『まんが王国』で先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『美醜の大地』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうの』と打ち込んで下さい♪

『美醜の大地』の解説と感想はコチラで全部読めます♪

↓↓↓↓↓↓