セカンドマザーひかるの場合のネタバレ!里親になる決心

セカンドマザーひかるの場合のネタバレ!


里親になる決心

原作:あしだかおる 先生 と

漫画:渡辺やよい 先生で描いた

『セカンド・マザー~ひかるの場合~』

を読みました。

 

10年前に幼い一人息子を
事故で失ったある夫婦が、

虐待を受けて育った
子供を養子として迎えるお話で、

 

始めのうちは子供から全く
親として認めてもらえず
試行錯誤しながら

本当の親と子になってゆく過程を
いろんなエピソードを交えて
描かれた心温まる感動ストーリーです。

 

家族とは? 親子とは?

 

人の親になることの
難しさと幸せを考えさせられる
大人のヒューマンドラマです。

 

今回はそのネタバレ感想をご紹介します。

 

『セカンドマザー~ひかるの場合~』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『せかんどまざー』と検索してください♪

セカンドマザーひかるの あらすじ

主人公の西田仁美(にしだひとみ)は
10年前に幼い一人息子の光太(こうた)を事故で失っています。

 

その後、夫の圭吾(けいご)と
二人っきりの生活を送ってきました。

 

10年たった今も
光太を失った心の隙間は
埋まることはありません。

 

そんな仁美がある日
用事で出かけた区役所で
養護施設のボランティア
募集する張り紙を見つけるのです。

 

それは、養護施設で暮らす
子供たちと一日一緒に遊びませんか?

という趣旨のボランティア内容でした。

 

募集広告を見た仁美は
無性に子供たちとふれあいたい
という衝動にかられます。

 

そしてその夜、
夫の圭吾にボランティアへの
参加を相談するのです。

 

そのボランティアは
夫婦参加が必須となっていたのです。

夫の圭吾は、
仁美の精神状態を心配するのですが、

どうしても子供と接したい
という仁美の希望を聞き入れて
ボランティアへ共に参加することを決断しました。

 

そして、
夫婦はその週末
『ひかりの園』という
養護施設の子供たちと過ごスことにしたのです。

当日、施設の子供たちと
ふれあう仁美の姿がありました。

 

{あぁ・・この小さい手}

{柔らかくて温かいこの感じ・・}

{久しぶり・・子供の笑い声}

 

仁美と圭吾は10年ぶりとなる
子供との触れ合いを大いに楽しんだのです。

 

そして、
仁美は施設にいた
子供たちの中で、亡くなった
一人息子に似た男の子を見つけるのです。

 

施設から帰って興奮冷めやまない
仁美と圭吾は、
早速次のボランティアの日も
参加することを話し合いました。

 

次のボランティアは
子供たちのとの
ハイキングを楽しむ企画でした。

 

子供たちのために
はりきってたくさんの弁当を
作った仁美は、

圭吾とともに
楽しんでハイキングに参加しました。

 

息子を事故で失った
つらい過去を乗り越えて
子供たちとも触れ合える用になってきた仁美と圭吾は、

 

この後、夫婦で話し合って
ある大切な決断をすることになります。

 

仁美と圭吾が幸せになるために
選択した答えとは・・・?

 

『セカンドマザー~ひかるの場合~』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『せかんどまざー』と検索してください♪

セカンドマザーひかる ネタバレ

養護施設のボランティア
に参加したことで
久しぶりに子供たちと過ごした
仁美と圭吾は

次に開催される
子供たちと行くハイキング企画にも
参加することにしました。

 

はりきって子供たちに
お弁当を作っていった仁美は
今回もまた、子供たちと楽しい時間を過ごしていました。

 

そんな彼女が
ふと回りを見ると、
一人だけ大きな木の下で
寂しそうに座っている男の子を見かけるのです。

 

よく見るとその子は、
最初にボランティアへ
参加した時に見た死んだ息子に似た男の子でした。

 

彼の事が気になった仁美は
その男の子のもとへ行き
自分が作った
お弁当を食べさせようとしたのです。

 

「ねぇー君、お腹すいてない?」
「おばさんのお弁当食べてみない?」

と笑顔で仁美は少年に話しけました。

「・・・・」

しかし、
その言葉を無視する少年。

 

聞こえなかったと勘違いした
仁美が少年の肩を指先でトントンと触れました。

 

すると、
その少年は、仁美の手を
引っ掻き、大声で叫びだしたのです。

 

ひかる君と呼ばれたその男の子は、
慌てて駆けつけた施設スタッフに抱きついて

いつまでも泣き続けていました。

 

小さな子供から
自分の事を初めて全力で拒否された
仁美は、大変驚いてショックを受けるのです。

 

ハイキング終了後、
施設スタッフの人に
どうして、ひかるくんは
あのような反応をしたのか尋ねてみるのですが、

仁美たち夫婦が
里親・もしくはその申請
をしていないため、
個人情報として、

彼の詳しい事情を
聞かせてはもらえませんでした。

 

その日は少し重い気持ちで
家路についた仁美と圭吾です。

里親になる決心

ひかる君の件が
あった後もボランティアに参加した仁美。

気にして見てみると

その日もまた
ひかるくんは
一人で寂しそうに
壁を背にして座っていました。

 

どうしても彼のことが
気になる仁美は笑顔で
彼に近づいていきました。

 

「ひかるくん・・?」
「この間は驚かせてごめんね」

優しく話しかける仁美でしたが

相変わらずひかるくんの
無反応は続きます。

 

しかし・・・
仁美はそれでもめげずに
ひかるくんの横で
鼻歌を口ずさみます。

仁美は歌を歌ううちに
死んだ一人息子のことを
思い出して涙ぐんでしまうのです。

 

するとなんと、
今まで仁美が何を言っても
無反応だったひかるくんが
仁美の顔を見ていたのです。

{初めて私の顔をみてくれた}

この日、ひかるくんと目が合って
仁美は幸せな充実感を味わったのです。

 

ボランティアから
帰ったその日の夜、
夫婦は話し合って、
里親になる決心をします。

 

後日、
二人は養護施設『ひかりの園』に
里親申請へと向かいます。

 

しばらくして、
里親登録をした
仁美たちの夫婦の元へ
子供の委託が決まったと連絡が入ります。

以外にも早く決まった
連絡に喜んだ仁美と圭吾。

そして・・・

自分たちが里親となる
子供との対面の日がやって来て

その子供を見た二人に
驚きの事実が待っていました・・・

詳しい内容は本編でどうぞ♪

 

『セカンドマザー~ひかるの場合~』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『せかんどまざー』と検索してくださいね♪

セカンドマザーひかる 感想

養護施設や里親制度など、
まったく知らない世界の話を
知ることで、

こんな世界があるんだという事が
わかってよい機会になりました。

 

世の中には様々な事情で、
小さい子供たちが親から
離れた場所で生活しているんですよね。

 

望む望まないを別にして、
未来ある子供たちのために
私たち大人が一体何をなすべきか?

色々考えさせられた作品でした。

 

施設から委託を受けた
里子(さとご)となる ひかるくんは
かなり酷い虐待を受けてきた子供のようです。

 

養護施設に保護されている
子供たちですから
何もない子のほうが珍しいんでしょうが、

その中でもひかるくんは
特別な存在のようです。

 

偶然にも、
ボランティアの活動で
ひかるくんとは面識のあった仁美ですが、

夫婦はこのひかるくんのことを
受け入れるのでしょうか?

 

そして彼らもまた、
自分の親としてひかるくんに
受け入れてもらえるのか?

 

今後の展開が気になります!

 

どちらにしても
ひかるくんには安心して
暴力を振るわれる危険がない
環境で生活してほしいと思います。

 

>>>『セカンドマザーひかる』感動ストーリーのネタバレはコチラ♪

 

セカンドマザーひかるは電子コミックで

今、紹介した

『セカンドマザー~ひかるの場合~は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『セカンドマザー~ひかるの場合~』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『せかんどまざー』と打ち込んで下さい♪

『セカンドマザー』の関連記事はコチラ♪

セカンドマザーのぞみの場合のネタバレと感想!邪魔になった里子

セカンドマザー ひかるの場合の結末!感動ストーリーをネタバレ

スポンサーリンク