愛して欲しいと囁いた【ネタバレ】女としての死刑宣告!

スポンサーリンク




「もうお前とはできない!」

たった3年で訪れた結婚の墓場に絶望する妻が・・・


女としての死刑宣告!

著者:蒼椅哉方

『愛して欲しいと囁いた』

夫とのセックスレスに悩む妻にトツゼン送られてきた見知らぬ者からのメッセージ!

妻は夫婦にいま起きている真実の向こう側へ足を踏み入れた・・・

『愛して欲しいと囁いた』の見どころ

今回紹介するコミックは、子供が生まれてから夫とのセックスレスに悩む主人公の妻が主人公のヒューマンドラマです♪

セックスレス→浮気→サスペンス というよくありがちな結婚の理想と現実を描いたテーマですが、

内容としてははなかなかリアルで生々しいストーリーになっていますので、

重苦しい大人の愛憎劇が好きな方にお勧めの女性コミックですね♪

ベテラン主婦のサイト主・まるしーは、こういう生々しくで暗いい系のドラマは大好物の分野です♪

さてそこで・・・

今回この『愛足て欲しいと囁いた』の見どころとしては、

理想の結婚生活を手に入れたはずの妻が、

墓場のような結婚生活の現実にのたうち回っている姿ですね。

情緒不安定ぎみな主人公の妻・美月(みつき)が、

夫から女として扱ってもらえない悲しさに直面して苦しみ、

その苦しみがまだ幼い息子の心を削ってゆくさま・・・

この夫婦は恐らく結婚して4年目くらいで、ちょうど一度目の大きな倦怠期を迎える時期なのだろう。

恐らく夫は浮気もしているだろう・・・

子供が3歳という歳ごろでは妻が夫からの要求を断るパターンも多いが、

「この主人公夫婦の場合は夫が妻を女性として見れなくなったパターンだ(汗)」

ただ・・・

結婚してまだ4年目くらいでセックスレスということは、

出産を機に妻を女性として見れなくなったか、他に愛人がいるかだろう・・・

今回はその両方かもしれないが、1話を読んだ限りでは、

夫も妻もその両方に魅力がないキャラだったので、

すごくサディスティックな気持ちで物語に集中できるので逆に嬉しい(笑)

特にこういう不倫系のストーリーは、登場人物の誰かに肩入れして読むと、

結果…イライラでストレスがたまることがあるので、

{全員不幸になれ!}

というくらいの気持ちで読める登場人物の方が好ましいのです♪

これホント!

 

『愛して欲しいと囁いた』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『あいしてほしいとささやいた』と検索してください♪

 

愛して欲しいと囁いた【ネタバレ】

{今の私って一体なんなんだろう?}

主人公の美月(みつき)は、27歳の時にバイト先で知り合った6歳年上の夫・定春(さだはる)と結婚し、

すぐに息子が生まれて今ではもう3歳になる専業主婦だ。

彼女のことを何も知らない人から見ると、いかにも女性の幸せを手に入れた ”勝ち組” の女に思えるかもしれないが、

実際の美月はいま自分の存在意義のなさに悩んでいるのである(汗)

息子の虎太郎(こたろう)が生まれてからというもの、

夫とのセックスレス状態がずっと続いたまんまで、

そろそろ2人目が欲しいと思っていても肝心の夫はもう何年も自分の体に触れてこない(汗)

その挙句・・・

冒頭のあのセリフになるのである。

夫に愛されず、ただ子育てに追われる母である自分を振り返り、

結婚の理想と現実をまざまざと実感する鬱屈した日々を送る美月だった・・・

女としての死刑宣告!

美月のまだ未婚の女友達たちは流行のファッションに身を包んで、

メイクも中途半端で安いTシャツとスエットを着て息子の幼稚園の送り迎えをする美月に対して

「あなたは”勝ち組”だね」

と言ってくるが、

美月にとってはまだまだ現役の女性として自由な時間をすごく彼女たちの方がよっぽど”勝ち組”に思えてしょうがない(汗)

夫の帰りは遅い。

家庭は完全なワンオペ状態。

寂しい。

妻としても、女としても…。

そんなある日のこと、ついに夫への不満が爆発した美月が、

その日もまた遅くに帰宅した夫に対して強引にSEXを要求したのです。

すると・・・

夫から返ってきた反応は、

「もうお前とは出来ないんだ…本当にごめん」

と…まるで美月を憐れむような表情で謝る夫の態度でした。

その瞬間、ショックで何も言い返す言葉が出てこなかった美月。

なんと…

たった今彼女は女としての死刑宣告を受けたのだ!

さらにその翌日・・・

絶望に打ちひしがれる美月の携帯に見知らぬ人間から、

夫の浮気を知らせるダイレクトメッセージが届く・・・

2話:定春の浮気が確定

自分の妻が夫の定春と浮気しているというダイレクトメッセージを送ってきた松原由貴也(まつばらゆきや)という男。

しかもバッチリと定春が浮気している様子を撮影した画像付きでだ(汗)

恐らく美月が普通の状態であったならばもう少し用心深くなっていただろうが、

ここ数日の定春の態度から美月も夫の不審な行動を疑っていために、

松原から一緒に真実を探りに行こうというメッセージに対し、

行きましょう、真実の向こう側へ。

というメッセージを返したのです。

松原と待ち合わせした当日は、実家の母親に虎太郎の面倒をみてもらい、

美月は久しぶりにオシャレをして外出しました。

時間通りに待ち合わせ場所へ現れた松原は優しそうなイケメン男性で、

挨拶もそこそこに彼はいきなり美月の手を取ってどんどんと歩き出しました。

頬を赤くしながら何も言えず松原に手を引かれている美月。

数分後、

松原が美月をつれて入ったのは、定春と松原の妻がいつも利用しているバーでした。

彼は、自分の妻の持ち物にGPS発信機を忍ばせてずっと行動を監視していたのです。

一瞬、そこまでして自分の妻を監視している松原に嫌悪感を持った美月でしたが、

いざ・・・

松原の言ったとおりに定春と松原の妻がそのバーに腕を組んで入ってきた時は、

松原への感情は一切吹き飛んで、背中を向けている二人に飛びかかろうとしたのです(汗)

慌てて松原が美月の動きを制止して二人に気づかれずに済みましたが、

もし松原が美月を止めていなかったらこのバーで修羅場を迎えていた事でしょう。

その後、バーを出た定春と松原の妻は近くにあるラブホテルに入ってゆきました。

これで定春の浮気が確定です。

ココまで来たらもう後には引けない。

美月は松原が妻に仕掛けたGPS発信機で中に入った二人の会話を聞くために、松原と共にラブホテルへ入ってゆくのです。

しばらくして、PCから定春と松原の妻の艶めかしい声が聞こえてくると、

だんだん松原の様子がおかしくなり、いつしか隣にいる美月を抱きしめてキスをしてきたのです・・・

「えっ!?」

3話:ごめんっ

ギリギリのところで松原と犯す間違いを食い止めた美月は、

その夜は家に帰ってこなかった定春を待って、翌朝帰ってきた彼に思い詰めた表情で話があると切り出しました。

すると・・・

さすがに定春もいつもとは違う美月の雰囲気に何かを感じ取ったのか、

「今日は早く変えるから」

という言葉を残して会社に出社してゆきました。

日中は切なさと悲しさと悔しさが入り混じる思いを押し殺して育児と家事をこなす美月でした。

なんとか取り乱すことなく約束通り早く帰宅した定春とテーブルを挟んで話し合うことができた。

{いよいよだ!}

それは…美月が定春の裏切りを追求する準備に入った瞬間だった。

なんと・・・

定春が、

「ごめんっ」

と…美月に頭を下げてこれまで家族をないがしろにしていたことを謝罪してきたのです。

さらに・・・

定春は美月のために昔よく二人で行った『水族館からフレンチディナー』のデートコースまで用意していたのです。

その時、浮気の告白をしたわけではないが、思ってもみなかった定春の態度についほだされてしまった美月は、

結局、浮気のことは追及することなく定春を許してしまうのです(汗)

というか…感激して泣き出してしまいました。

そして・・・

美月はその日、定春が改心してくれたことを電話で松原に報告しました。

松原から「本当にそれでいいんですか?」と聞かれて少し心が揺れた美月でしたが、

今回だけは夫を信じてみようと自分に言い聞かせました。

数日後…

予定通りに美月と定春は水族館デートへと向かいました。

 

『愛して欲しいと囁いた』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『あいしてほしいとささやいた』と検索してくださいね♪

『愛して欲しいと囁いた』の感想

確かに夫の定春は、美月に対してもう女性としての魅力を感じていないのであろう。

理由はさまざまあるだろう。

浮気もしてるだろうし(汗)

でも…

だからといって美月のあのやり方は余計に夫から疎まれる行動でした!

「疲れてるから」という夫の常套文句は、妻への拒否メッセージが発令されているわけで、

そんな状態の夫に無理やり襲いかかっても玉砕するのは目に見えているはずだった(汗)

夫への不満がセックスレスの他にもいろいろあるんだろうが、

それならば夫婦なのだからもっと絶妙なタイミングがあるはずだ!

今、浮気にのめり込んでいる夫に直球過ぎる言葉はすごく危険なのです(汗)

ほとんどの男性は妻が普通に家事と子育てを頑張っているうちは離婚を考えることはない!

全部ではないが。

なのでもし夫の気持ちを少しでも自分に向けたいならば、

仮病でも使って病気になってしまう事ですね。

いつも元気な妻が病気になった時ほど世の夫たちは狼狽えるし、

始めて妻のありがたみをそこで痛感する場合が多い。

それに・・・

美月は夫に『愛しして欲しいと囁いた』わけでもないし・・・

愛して欲しいと愚痴をこぼしただけのような気がする(汗)

まぁ~

いろんな意味でこの夫婦は終わってるな~

無料試し読み

今、紹介した

『愛して欲しいと囁いた』は、

現在、『まんが王国』けで先行配信されている作品なんです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

 

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『愛して欲しいと囁いた』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『あいしてほしいとささやいた』と打ち込んで下さい♪

スポンサーリンク