ワタシはいいの、ワタシはね【ネタバレ11話】謀略の限りを尽くす八木!

八木が謀略の限りを尽くす!

荒川が目を光らせている中でも容赦なく八木の謀(はやりごと)は進行してゆく。

まだ荒川は八木のしっぽを掴みきれていないのだろうか?

『ワタシはいいの、ワタシはね』

11話の解説と感想です♪

依然として荒川と八木の水面下バトルが激しく続いているが、

今のところ八木の後手に回っている感のある荒川は、

八木のやりたい放題な行動を事前に食い止めることができていない。

彼の厳しい監視をすり抜けて変幻自在に悪の限りを尽くす八木に対し、

慎重に八木の会社に対する背信行為を突き止めようとする荒川なのですが・・・


 

10話の解説と感想はコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『ワタシはいいの、ワタシはね』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国
サイト内で『わたしはいいの』と検索してください♪

 

ワタシはいいの、ワタシはね【ネタバレ11話】謀略の限りを尽くす八木!

荒川の名刑事ばりな操作能力によって、次第に八木の暗躍は行き詰まりとなってゆくのですが、

これで大人しくしている我らが八木さんではありませんでした。

彼女が次にターゲットとしたのは、以前から虫が好かなかった芳村でした。

八木は自分の扱いやすい手足として利用している宇根の社内メールアカウントを通じて、

芳村が副業でレースクィーンをしている事実を一斉メールで暴露したのです。

当然のことながら翌日は芳村の件で社内はざわつきました。

不意を突かれたかたちの荒川もさすがに今回の暴露までは事前に防ぐことはできず、

八木の目論見は成功し、芳村は社内の副業禁止ルールがあることもあって、

とりあえず自宅謹慎処分となり、それを暴露したとされている宇根も同時に自宅謹慎となった。

まんまと気に食わなかった芳村に痛烈な打撃を与えたことでご機嫌の八木は、

その勢いのまま次は本命となる美波の追い落としにかかりました。

謀略の限りを尽くす八木

謀略の限りを尽くす八木の暴走は止まりません。

彼女は会社の社運を賭けた大きなイベントの担当者に任命された美波に謀略を仕掛けます。

まずは自宅謹慎中の宇根を無理やり引っ張り出して、

再び美波の仕事を失敗させる計略のコマとして使う八木。

当然のことながら自分が八木の手足として利用されていることを知らない宇根は、

献身的に八木の指示通りに動きます。

そして…

イベントの前日、美波を始めとする荒川や八木・宇根らでイベントの準備が開始されました。

いつものように太々しい態度で作業を行う八木でしたが、その様子を注意深く見つめている荒川がいる。

当然、八木が何かを仕掛けてくることは予想している荒川だが、

この日は特に怪しい動きを見せることはなかった八木でした。

しかし…

イベント当日の朝、会場に全く荷物が到着していないトラブルが発生します(汗)

もちろん犯人は八木だ。

前日の夜、彼女はイベント会場へ送る荷物の宛先を他の場所へと変更していたのです!

荷物が他の場所に到着していることを知って顔が青ざめる美波。

「どうしてこんなことに!?」

そんな美波の動揺した表情を見てほくそ笑む八木。

一体今日のイベントはどうなってしまうのか?

荒川は事前になにか対策を打っていたのだろうか…?

 

『ワタシはいいの、ワタシはね』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国
サイト内で『わたしはいいの』と検索してください♪

11話の感想

結構あっさりと芳村ちゃんが八木さんにやられちゃいました(汗)

もう少し芳村ちゃんは切れ者の女性だと思っていたのですが、

彼女が自宅謹慎になったということは、なんの副業対策も取っていなかったということかな?

それともまさか八木さんが自分にそこまで牙を剥いてくるとは思わなかったのか?

八木さんの方が一枚上手だったってこと?。

まぁ~それより何より腹立たしいのが宇根の無能っぷりですよ!

これまでの彼の言動を見てきて、彼はのほほんとしながらも、

実はちゃんと八木さんの悪女キャラを把握しているものだと思ってました。

なのに…

フタを開けてみればただのヘタレ男だったではないですか?

「最悪だ…宇根!」

ホントにただ人が良いだけの無能なオタク男子だったわけで、一番大切な人を自分で深く傷つけてしまったのだ。

ただただ八木さんに助けを求めている彼の姿がなんとも情けない・・・(汗)

恐らくこれから荒川スーパーマンが全て八木さんの悪事を暴いてくれるんだろうけど、

まだこの11話の中では、荒川が八木さんに仕掛けた内容は分かりませんでした。

「一体どんな方法で八木さんの謀略をぶった切るのか?」

楽しみだ。

八木さんのやり方が乱暴で分かりやすすぎるので、荒川としたら実に闘いやすい相手だったかもしれません。

直感で行動するタイプの八木さんですから(笑)

あと…

相変わらず今回も美波は八木さんに言われっぱなしのやられっぱなしで、

ホントに荒川さんがいないと満足に仕事ができない甘ちゃんOLだったな~。

ここまで八木さんにいろんな嫌がらせを受けてきて、

まったく警戒心を持っていないことがサイト主のまるしーには信じられない。

美波にはうんざりです。

「まったく成長していない。」

こういう人が良いだけの純粋すぎる人間は人の上に立って仕事をしてはいけないと思う。

荒川さんには悪いけど、彼女の部下になった者が苦労するだけです。

 

>>>『ワタシはいいの、ワタシはね』12話の解説と感想はコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『ワタシはいいの、ワタシはね』は、

『まんが王国』で絶賛配信中の作品です~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『ワタシはいいの、ワタシはね』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国
サイト検索窓に『わたしはいいの』と打ち込んでください♪

『ワタシはいいの、ワタシはね』の解説と感想コチラで全部読めます♪