「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【15話ネタバレ】妻の同伴出張⁉

ユリウスが発案した孤児院でのバザーは盛況のうちに終わった!

仕事の都合でどうしてもバザーには参加できなかったユリウスでしたが、

彼はまさか自分のいない所で孤児院の少年から、

大人気のエルサ先生がマジ告白されていることなど知る由もなく・・・(汗)

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』

15話の解説と感想です♪

孤児院のチャリティーバザーで少年から愛の告白を受けるエルサ。

地方への出張が決まってどうしてもエルサと離れたくないユリウス。

そして…その時、打倒ユリウスに執念を燃やすヤルモの動きは…?

「今回はそれぞれ3人の動きを追ってみた。」


14話の解説と感想はコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『きみをあいするきはない』と検索してください♪

 

「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます【15話ネタバレ】妻の同伴出張!?

ユリウスの発案で企画された孤児院の寄付金を募るバザーが開催されました。

今やすっかりエルサの頼れる親友となったレベッカも手伝いに来てくれて、

バザーは想像してた以上に大きな盛り上がりを見せて大成功だった。

だが…

肝心な言い出しっぺのユリウスは、仕事でどうしても参加することが出来なくて残念(汗)

そんな中、日頃からエルサのことを慕っている孤児院のオリバー少年が、

本気でエルサのことが大好きようで、彼はバザー中にそのエルサ先生にマジ告白するのです!

もちろん…エルサはそんな純真な少年の想いをちゃんと受け止めて素直に大人の対応を見せるのですが、

オリバー少年の双子の姉が弟をなんとかなだめてその場は丸く収まります。

よって…特に大事に至らなかった”オリバー告白事件”でしたが、

ただ…オリバーの姉が弟を説得するために言ったセリフが少しエルサの中では引っかかっていたのです。

それは、

「二人は愛し合っているから結婚したんだよ!」

というエルサとユリウスにとっては耳が痛い内容であり、

確かに…ユリウスとエルサが結婚に至った経緯を考えると、

彼女が心に引っかかるのも無理はない…(汗)

妻の同伴出張!?

一方その頃、そんな告白事件があったことなど全く知らないユリウスは、

アレクシス王子の側近として、同僚イエレとともに、国政における重要な話し合いの最中にありました。

しかも…その席上で彼は今もっとも任されたくない仕事をアレクシスから打診されていたのです。

それは…

愛するエルサと離れ離れにならないといけない地方への出張です(汗)

実はユリウスが担当する地方の都市整備計画の進捗が芳しくない地域が存在したからだ。

そこは以前からヤルモが横やりを入れているクレーサー地方という地域で、

これまで部下に任せっきりにしていた行政のツケが回り、

さすがに今回はユリウス自身が視察に向かう事となったのです(汗)

その期間は約一週間程度である。

だけど…どうしてもエルサと離れたくないユリウスは、

これまでの彼ならば決してありえないとんでもない行動に出でしまいます。

なんと…

その出張にエルサを同行して向かったのです(汗)

えっ!?

妻の同伴出張!?

どんだけエルサのことが好きなんだよ(笑)

またアレクシス王子とイエレにしこたま冷やかされるぞ~♪

そして…今回ばかりはさすがのエルサもちょっと引き気味だ・・・

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『きみをあいするきはない』と検索してください♪

15話の感想

ユリウスのらしくない妻同伴出張にはかなり驚かされましたが、

心配なのは、今のユリウスはかなり仕事のセキュリティーレベルが下がっていないかということ(汗)

さすがに重要な地方視察に妻の同伴は、いろんな意味でリスクが大きくないだろうか?

「エルサが足手まといにならないのかな?」

なんといっても今回ユリウスがエルサを連れて視察に出かけたのは、

かなりの部分であのヤルモが取り込みを終えている地域なのです。

そんなアウェイの土地に何も事情を知らないエルサと行って大丈夫なのか?

ただ…

もっと俯瞰で考えて見ると、ある意味でエルサにお存在が今の状況を逆転させる可能性もありますね。

問題のクレーサ地方を治めている領主がエルサの人となりを知ったら、

あるいはパルニア伯爵推しを翻意させることが出来るかもしれない!

ここはエルサが本来の天然癒しオーラを存分に放出してもらう方がベターなのだろうか?

今の時点では何とも言い難い状況だ。

とにかく、

「エルサと離れたくない!」

というユリウスの溺愛モードから端を発した夫婦同伴の出張視察ですが、

なかなかどうして。

今後のラルト国の行く末を担う非常に重要な任務となっていきそうです。

まずは今のところヤルモに取り込まれているクレーサ地方の領主がどんな人物かですね!

人の心をちゃんと持っている領主ならば、きっとエルサの人となりに絆されて冷静な判断をするはずだ。

しかし…

もし…この領主がヤルモ側の人物だったら?

逆にエルサがラルト国へのテロ行為に利用される可能性は十分にあります。

その時はちゃんとユリウスがエルサを守ってあげないといけません!

妻に溺愛モード発動中もいいですが、ちゃんと自分の仕事をしてくださいよユリウス。

エルサを守れるのはあなたしかいないのですから。

ただ一点…

偶然にも二人に訪れた”新婚旅行”なものですから、

その面ではゆっくりと2人きりの時間を堪能して欲しいという気持ちもあるかな~♪

「そこはどうぞお楽しみに♪」

 

>>>16話の解説と感想はコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』は、

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト検索窓に『きみをあいするきはない』と打ち込んでください♪

『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』の解説と感想はここで全部読めます♪