善悪の屑のネタバレと感想!実話事件を元にした復讐劇が凄い!

スポンサーリンク




善悪の屑のネタバレと感想!実話事件を元にした復讐劇が凄い!

 

コミック業界でかなり話題になっている

『善悪の屑』という漫画をご存でしょうか?

j7100008913661

渡邉ダイスケ 先生の描いた人気作品です♪

大手スマホコミックサイトでは、
常にランキングトップ10入りしている話題の作品なんです!

 

一体どんな凄い漫画なのか?

ストーリーは…?

簡単に言うと復讐代行の仕事をしている男たちの話です。

 

凶悪犯罪者によって家族や大切な人が帰らぬ人となったり、

一生消えない傷を負わされたり!

 

でも・・・

その事件の加害者は逮捕されても刑期を終えると、

平気でまた犯罪を犯したり、幸せに暮らしていたり・・・

 

そんなやるせない、被害者遺族たちに変わって、

凶悪犯罪者たちに復讐代行していく男たちのハードな物語です!

 

ネタバレの前に「善悪の屑」の無料立ち読みをする
↓↓↓↓↓
 
>>>まんが王国

サイト内で「善悪の屑」と検索して下さい♪

 

善悪の屑 あらすじ

かんたんに言うと「復讐代行屋」の話です。

「必殺仕事人」の現代版ですね!

寂れた町の古本屋「カモメ古書店」が物語の舞台です。

 

女性:「あの・・・この本おいくらですか?」

 

店の主人:「いくら出せるの?」

 

女性:「お給料の3ヶ月分で・・・」

 

店の主人:「上がって」

 

そして、奥の襖が開く・・・

これが、復讐代行屋、サングラスの男「カモ」に仕事を依頼する方法です。

 

襖の奥には小部屋があり、そこに一人のガラの悪そうな男が一人。

この男は、居候にして復讐屋の新人従業員のトラ

カモ:「ここのことは誰に?」

女性:「ある事件でお世話になった刑事さんに・・」

「どうしても耐えられないようならここに相談しろ・・と」

 

そこで、場面が変わり…

7年前、彼女が、宅配業者に変装した犯人に暴行されたあげく強姦され、

血も涙もない方法で、
幼い息子の命まで奪われた過去を話し出すのです・・・

 

善悪の屑 感想「実話をモデルに・・」

女性:「あの・・・この本おいくらですか?」

店の主人:「いくら出せるの?」

 

このシーンの件(くだ)りを読んだ時点で、

「面白そう~♪」

て思いました(^^)

 

「善悪の屑」のストーリーは、
実話の凶悪事件をモデルにしたの内容がベースになっていますので、

「あっ!この事件知ってる!」

と思いながらいつしか読み進んでいるんです(^^)

 

主人公のカモは居候にして、復讐屋の新人従業員トラとともに、

殺人・暴行・強姦・いじめ等の残酷な犯罪の犠牲になった被害者や、その身内家族から依頼を受けて、

 

壮絶な復讐劇を代行する仕事を担っているのですが、

その手口とやり方がもう容赦なくて面白いのです・・・

 

コミックなので、ターゲットを捕獲してくる過程においては、

ちょっと安易すぎる面はちょっとあるんですが、

 

復讐する犯罪者に対して、
淡々と事務的に冷たい言葉を浴びせながら、

地獄のような拷問を躊躇なく冷静に進めていくカモの姿は恐ろしい冷気が体に走ります。

 

もの凄く残虐で、目を伏せてしまいたいシーンもたくさんありますが、

そんな反面、依頼者の人たちには、ぶっきらぼうですが、

愛情あふれる言葉を投げかけたりするんです(^^)

 

カモはただの残虐な冷酷人間と言うわけではありません!

 

なぜなら、カモも過去に悲惨な事件に巻き込まれた被害者の一人なんです。

彼は過去に大切な嫁さんと幼い一人娘を残虐な方法で殺害されていんです。

 

そんな理由もあり、特に子供に対して危害を加えた犯罪者に対しては、

それがたとえ未成年者であっても全く容赦ない非情な復讐が行われるのです。

 

復讐の方法や手段は、完全に非合法なやり方で、「正義」なんて言葉は全く似合わない所業で、

まさに、屑が屑を裁いている状況という感じ!

 

社会ルールや常識なんて全く無視したその復讐方法はまさに

圧巻』の一言。

 

ターゲットの犯罪者が悪ければ悪いほど、
読んでてちょっとした爽快感が得られるという、不思議なバランスの秀作だと思います。

 

現在店頭でコミックが入手できないほど売れているらしいのですが、

たしかに、実際読んでみるとその人気っぷりが理解できます。

 

疑問から怒りに変わり、切なさから恐怖へ・・・

 

実話事件を元にした復讐劇が凄い!

この「善悪の屑」に出てくる事件の内容は、

ほとんど全部が、過去に起きた、実話の事件が元になっていますので、

圧倒的なリアリティーあり、読む人の心を話さない迫力と内容は、

とにかく一気に読んでしまうほど引き込まれた面白い作品でした!

 

本作『善悪の屑』5巻完結なんですが、
第一部の完結ということらしく、

第二部ではコミックのタイトルが変わって、

『外道の歌』というタイトルで、
すでに連載が始まっているのです(^^)

 

なので渡邉ダイスケ 先生の作品はまだまだ楽しめるというわけです♪

 

ちなみに『外道の歌』の主な登場人物は全く変わっていません!

 

立ち読みはこちら
↓↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で「善悪の屑」と検索して下さい♪

j7100008913661

 

善悪の屑 主な登場人物

鴨ノ目 武(かものめ たけし)

主人公のカモです。坊主頭でいつもサングラスをかけ、額に横一文字のキズがあります。

 

どう見てもカタギには見えませんが、亡き父から受け継いだ小さな古本屋「カモメ古書店」の経営者です。

 

性格は無口で、ぶっきらぼう、サングラスで覆われている目にはほとんど感情と言うものがないように見えます。

 

復讐代行の仕事では、犯罪者に対し残虐極まりない拷問を表情一つ変えずに実行する冷酷無比な一面と、依頼者に対して時折り見せる優しい態度が両立していて、

 

大きな心の闇を抱えて生活している男の味わいがにじみ出ているキャラクターです。

 

カモは、大切な奥さんとまだ小さい一人娘を残虐な犯人に殺された過去がある犯罪被害者のひとりなのです。

 

物語の中で、一人娘とカモが会話している回想シーンなどを見ると胸が「キュン」とさせられるんです(^_^;)

 

島田 虎信(しまだ とらのぶ)

カモの家に居候しているトラは、復讐代行業のパートナーです。

関西弁を話し、背中から両肩にかけて入れ墨があります。

アングラ格闘大会で優勝するほどの格闘センスを持ち合わせ、現場では主にターゲットの捕獲を担当しています。

 

性格は、凶暴でおっちょこちょい、カモとは違って感情が剥き出しに出るタイプで、

義理人情に熱いあんちゃんという感じ!

 

怒りに任せ、犯罪者をすぐに殺そうとしてカモに止められている光景が何度かあり、

犯罪者を憎む気持ちはカモと同じくらい持っているギャングのような外見とはギャップのある熱血漢のキャラクターです。

このトラも、過去に大切な母親を悲惨な方法で殺された犯罪者遺族の一人です。

 

カモの叔父

スキンヘッドに眼光鋭い顔つきはどう見てもヤクザにしか見えませんが、刑事です。

時々、この叔父からカモのことを聞いて依頼者がやってくるのです。

 

簡単に言うと、刑事が殺人を黙認し、なおかつ被害者遺族に復讐を斡旋しているというすごい叔父さんなんです。

 

悲惨な過去を持つカモを影で支えながらも、決して復讐代行を応援しているわけではなく、

「お前のやることに口を出すつもりはないが、いざ、というときに助けるつもりもりもない!」

 

と複雑な心境をカモに打ち明けています。

カモがトラの他に信頼できる唯一の人物。

 

善悪の屑の無料立ち読み

今、ご紹介した『善悪の屑』

『まんが王国』『ebookjapan』などの

電子コミックサイトでお得に読むことが出来ます♪

 

外出中なんかはスマホやタブレットで楽しむ事が多いので、

個人的に電子コミックはかなり重宝しています♪

 

大きい画面で読みたければパソコンでも読むことが出来ますし、

楽しみ方が色々選べますよね!

 

特に家の中にコミックの置き場所が確保できない私にとってはホント助かります!

 

買ったコミックは、PCや端末に全部保管されていますのでいつでも読み返すことが出来ますし、

ほとんどのコミックサイトでは、

無料の試し読みページが用意されていますので、

リアル店舗のように店員さんの目を気にせずに立ち読みできます(^^)

 

まだ一度も電子コミックを利用したことない!

という人はちょっと勿体ないかもしれませんよ(^O^;)

 

「善悪の屑」無料試し読みはこちらからどうぞ♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国

サイト内で「善悪の屑」と検索して下さい!

 

*PCの方はこちらから♪
↓↓↓↓↓
>>>ebookjapan

スポンサーリンク