『美醜の大地』のネタバレ 6話|結末が衝撃的だった件

スポンサーリンク




ハナの残酷な復讐劇!

ついにターゲットは男性まで…


結末が衝撃的だった件!

美醜の大地

6話のネタバレです~♪


今回は、第6話『出来損ない』編の紹介で、

この回では、ハナの出番は少なくてシリーズでは初めて、男性が復讐のターゲットになっている話でした。

そしてその殺され方がなかなか衝撃的だった・・・

なのでいろいろと感想を交えながらネタバレを書いてゆきたいと思います♪

 


5話のネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

美醜の大地の5話 ネタバレと感想!ハナを追う氷の追跡者

2017.01.03

 

ネタバレの前に、前回の話のラストで登場してきて、

そのタイトルにもなっていた『氷の追跡者』ですが、

なんとその人物はハナを追いかけていたのではなかったようなのです!

今回でもまたラストに登場して来るのですが、なんとその人物が向かった先は

あのラスボス・絢子の家だったのです!

一体2人はどういう関係なのか‥?

とても気になるところですが、

 

その前に、これからハナによって無残な結末を迎えた哀れな男の話をしたいと思います!

 

『美醜の大地』の立ち読み

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索ください♪

 

『美醜の大地』のネタバレ 6話

あれから新聞記者の綿貫はずっとハナの事を調べていたのです。

今回も、ハナが関わっていると思われる殉難事件の資料を見せてもらうために新聞社に勤める先輩を訪ねたのです。

先輩は、一件の取材をすることと引き替えに当時の資料を見せてくれたのです。

そして、頼まれたその取材ですが、

なんとその取材相手が当時ハナが通っていた学校の教師だったのです。

しかも、その教師はハナのクラスを担当していた常岡久次という男性教師だった。

綿貫が出会った常岡という教師は、傲慢で偉そうな勘違い教師の典型でした。

年の頃は50代で、全て自分が正しいという態度で常に人を威圧しているような感じの人物。

綿貫はあまり彼に好感を持てません。

綿貫はそんな彼にハナの事を聞いてみました。

すると彼は、彼女のことをよく覚えていたのです。

 

「出来損ないの生徒だったよ!」

「その見た目通りにな!」

 

腕組みしながら、吐き捨てるように彼はそう言いました。

常岡はハナのことを、

内気で陰湿な性格。

貧しい家庭で育ちで根性が卑しい娘と表現したのです。

成績は良かったけれどもいつも学校で問題を起こしてはそれを他人のせいにしていた。

最後は窃盗事件を起こして退学処分になったと、当時の事を記憶していたようです。

常岡にとって、ハナという生徒は、

外見も内面も醜いどうしようもない人間という印象だったのです。

 

確かに彼は、ラスボス絢子たちの言いなりになって、ハナを退学に追い込んだ当時の関係者の一人です。

そして、ハナが追い出された引揚げ船に乗っていた人間でもあります。

まぎれもなくハナの復讐ターゲットの一人です!

 

その取材から数日後、

『純難事件』

その砲撃から逃れて・・・

というタイトルの記事が、雑誌に掲載されました。

それは綿貫の記事です。

数日後・・・

書店にはその雑誌を買うハナの姿がありました。

 

常岡の結末が衝撃的だった件

ハナを退学に追いやった常岡は現在も女学校で教師をしているのです。

そして・・・

今でも、独断と偏見の意識で生徒を評価していました。

彼はちょうど、ハナのように顔が醜く貧しい家庭の笹本という女生徒を退学にしているところでした。

いわれのない濡れ衣を着せられて、常岡に退学させられたその女性徒は、

その後、勤め先の居酒屋の前で、酔っ払った常岡と偶然にバッタリ遭遇するんですが、

ほろ酔い加減の常岡にセクハラされた挙句、

またもや、ひどい言葉で罵倒され虫けらのように扱われてしまいます。

そんな常岡にもう我慢の限界を迎えた笹本は、

耐えきれず、刃物を握りしめ、酔っ払った常岡に突進してゆこうとするのです。

 

するとその瞬間、彼女の背後から

「待って…笹本さん」

と彼女を制する声が・・・

その声で我に返った笹本。

その声のする方を振り返ると、暗闇の中彼女を慈しむように見守っているハナの姿が・・・

 

この後、壮絶な方法で、常岡に復讐を果たすハナですが、

またなんともスカッとする方法だったので、言葉で伝えるより実際そのシーンを見てもらいたいです♪

 

『美醜の大地』の試し読み
↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索ください♪

6話の感想

復讐相手が初めての男性でした。

まぁ・・・

殺されても仕方ないとんでもなく悪質で救いようのない男性教師でした。

今回の復讐劇はハナの行動自体はあっさりしていましたが、

その復讐内容は、残虐で惨たらしいものでした。

たぶん常岡は絶命していると思います。

 

なんたって、あんなところに顔を押し付けられていたのですから!

今回、ハナが行った復讐の中では、簡単でしたが、それだけに恐ろしい殺し方でした。

 

偉そうにペラペラと当時の事を喋った常岡は、

ハナに居場所を突き止められて情けない人生の結末を迎えてしまいました。

常岡が悪人すぎてなかなか見ごたえがある内容でした♪

 

あとはやっぱりラストで出てきた傷だらけの女性が気になります。

「久しぶりね、絢子さん」

て言ってたので、

やっぱり昔、絢子にイジメられてた人間なんでしょうか?

二人の関係性がすごく気になるところです。

 

【追記1】

修正点があります!

ハナに復讐された常岡ですが、

この記事では絶命してると書いてましたが、

生きていることが分かりました!

 

最新8話の中で分かったんですが、彼は大やけどを負って、失明して口もきけなくなり、

ほとんど廃人状態となりましたが生きているみたいです!

なかなかしぶとい男でした!

 

>>>『美醜の大地』7話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した、

美醜の大地

6は今のところ、

『まんが王国』だけで

先行配信されている作品です♪

なので…残念ながら

他のコミックサイトでは読めません。

 

しかし…

安心してください。

『まんが王国』
サイト管理人のまるしー

いつもヘビロテでお世話になってる大好きなお店で、

主にスマホユーザーに向けたコミックサイトなんです♪

 

ここがなんと面倒な

会員登録なしで、

いろんな漫画が立ち読みできちゃうもの凄~くありがたいコミックサイトなんです~♪

1回使っちゃうともうやめられないほど

知らなかった人はお得な
無料の試し読みサービスを利用してくださいね~♪

 

『美醜の大地』の試し読みはココですよ~♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうの』と打ち込んでみてください♪

『美醜の大地』のネタバレはコチラで全部読めます♪

↓↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ|1話から結末までをココで!

2019.03.29

スポンサーリンク