辱(にく)断罪(下)のネタバレ!結末に見た本当の恐怖

スポンサーリンク




ついに恐ろしい”鬼村”の歴史に幕が閉じられた!

捉えられた私立探偵・勝己が演じた絶体絶命の脱出劇!

果たして彼の運命は?

そして、公平の生死は?

 

コミック界に一石を投じた問題作がついに完結!

『辱-断罪-(下)』

待望の最終巻でついにあの村の真実が暴かれるのか?

可愛すぎて残酷すぎる少女たちのラスト解体!

料理されてしまうのは探偵の勝己なのか?

それとも・・・

読者が結末に見た本当の恐怖とは?

前回までのお話は?

2016年に『裏サンデー』で連載が始まった衝撃の問題作がついに完結です(>_<)

 

失踪した公平(こうへい)の母親から多額の報酬を提示されて、つい捜索の依賴を受けてしまった私立探偵・勝己(かつみ)。

さっそく公平が失踪したと予想されるまで足を運んでみるが、なんだかその村は不思議なことばかりだった。

たまたま村のバーで知り合った心霊研究家の黒沢真紀(くろさわまき)と共に公平の足取りを追ってゆくが

不思議なくらい公平に関する情報が掴めないでいた。

 

するとたまたま真紀と知り合いだった村の巡査が、以前に公平が近くの山へ向かう道を訪ねてきたことを教えてくれたのだ。

なにか腑に落ちない思いにかられながらも勝己は公平が向かったという山に入ってゆく。

そして・・・

たどり着いた場所は地図に載っていない小さな村だった。

 

早速、そこにある大きな神社ような建物の中に入って捜索を始めた勝己は、

そこでどう考えても危なそうな施設と、置いてある道具を発見する。

 

するとその時、背後から真紀が現れて、勝己を催眠ガスで眠らせてしまった。

数時間後、目を覚ました勝己は解体台に寝かされ、

目の前には手足を切断された巫女の珠樹(たまき)を抱え、勝己と結合させようとしている水樹(みずき)がいた…

と…ココまでが前回までのあらすじでした~♪


前回までのネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

辱(にく)断罪のネタバレ!肉欲にまみれた地獄の村が再び登場!

2017.08.19

辱(断罪)最終回の見どころ

残酷描写が凄すぎて、一時は掲載中止にまでなってしまった本作も、とうとう無事に最終回を迎えることになりました(^^)

問題の第0話から読んできたまるしーからすると”よくぞここまで”って感じで嬉しい限りです♪

さて…

そこで問題の最終巻ですが、

まぁ~ハラハラ・ドキドキの展開が最初から最後まで続くストーリーになっていました。

 

簡単に説明すると、結局、少女たちに捉えられた探偵・勝己と、

村の新しい責任者となった恭子との激しいバトルが最大の見どころとなるお話でしたね~^^;

 

もうお互いボロボロの状態で殺し合うんですが、最後に生き残っていたのはどちらだと思いますか?

 

そです・・・

どちらかが生き残るんです!

ということはどちらかが死んでしまうわけです(>_<)

そして物語の中では、あの解体村が誕生した歴史が、真紀の口から語られています。

 

なんだかんだで、一応の決着はつくんですが、ラストの結末がとても意味深な形でエンディングを迎えるんです。

なので・・・

もしかしたら、第3シーズンが始まるかもしれません^^;

そうなったらまた新シリーズも買っちゃうんだろうな~

 

『辱・断罪』の立ち読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『にくだんざい』と検索して下さい♪

 

辱・断罪(下)のネタバレ

目を覚ました勝己は思わず自分の目を疑った。

素っ裸にされて両腕・両足をもぎ取られた珠樹(たまき)と、今まさに結合させられるようとしていたのだ。

「あれ~?入らない」

「なんでかな~?」

勝己と珠希を結合させようと補助している水樹(みずき)の声が遠くから聞こえる。

ぼんやりとだが意識が少しづつ戻ってきた勝己

{体が動かねぇな~・・・}

{動くのは目だけ…}

{薬でも使われたか、こりゃ時間が必要だな~}

絶体絶命の立場にありながら相変わらず呑気なうえに冷静な勝己は、じっと水樹が何をしようとしているのかを観察していた。

「あ~!?なに?萎えちゃってるじゃない」

「もう~しょうがないな~」

と…恨めしそうに愚痴っていた。

そして・・・

勝己のアレがまったく役に立たない状態なので、仕方なく水樹が手で勝己のモノをしごいていた時だった。

「なぁ…」

「俺はインポじゃねぇぞこのヘタクソ!」

と、ほぼ意識が回復している勝己が水樹に話しかけた。

 

「な・なんでアンタ話せてんの…?もしかして薬が切れて・・・」

驚いた水樹は思わず肉の塊だと思っていた勝己の問いかけに反応した。

ただ、勝己の狙いとしては、意識が戻っていてもまったくまだ体が反応しない状態なので、

なんとか水樹との会話を長引かせて体の回復を待とうとしていたのだ。

ここから探偵・勝己の命をかけた脱出劇が始まる・・・

 

公平の発見

勝己の助手・涼子(りょうこ)のアシストで、なんとか水樹と恭子のもとから逃げ出すことができた勝己は

施設の通気口に侵入して自分が着ていた服を取り戻すことに成功する。

ただ・・・

通気口を這(は)って進んでいる時に見た各部屋の光景は、まるで売春宿のようだった!

{一体何なんだココは?}

私立探偵として数々の修羅場を経験してきた勝己でも、さすがにこの施設で行われている奇怪残酷な光景には驚かされた。

さらに・・・

彼が自分の服を取り戻したその部屋で、無残な姿となった公平を発見したのだ。

なんと公平は、片目をくり抜かれ、鼻はもがれ、両腕、両足もなく、切り離されたお腹から内臓が飛び出している状態だった。

ただ・・・

「ハーハーハー」

と小さな息をして消え入りそうな弱い声で、

「たす…けて・・・」

と、残った片目にたくさんの涙をためて勝己の顔を祈るような表情で見つめていた。

「だ・大丈夫か?」

今まで見たこともないような人間の姿を目の当たりにした勝己が、公平に言えたのはその一言だけだった。

勝己は携帯で公平の証拠写真を撮ると、この施設から脱出し、警察へ通報するために再び通気口へと体を滑らせたのだ・・・

 

衝撃のクライマックス

結局、勝己と行動を共にしていた真紀は彼の味方ではなかった(>_<)

危うく殺されそうになりながらもなんとか真紀を始末した勝己は、村の新しき責任者・恭子との一騎打ちに挑むことになる。

そして・・・

物語の後半は恭子と勝己の激しい死闘が繰り広げられる。

 

まさに命をかけた二人の殺し合いがクライマックスの頂点に向かって加速する(>_<)

銃を手にした恭子に、武器を持たない勝己はボロボロになりながらも知恵と経験で立ち向かってゆく・・・

 

結末に見た本当の恐怖

恭子との凄まじい激闘を終え、瀕死の状態で施設から脱出した勝己。

入院先で公平の調査結果を依頼主の母親へ撮ってきた彼の写真を見せながら報告した。

母親は苦しそうに涙を流しながらも、命がけで息子の消息を調査してくれた勝己に感謝して、多額の謝礼金を置いて帰っていった。

なんとも危険な依頼だったが、無事に仕事をやり終えた勝己は病院のベットで体を癒やした。

 

しかし・・・

終わったと思っていたあの村と、そして少女たちとの闘いはまだ続いていたのだ!

ココから衝撃の結末に向かって物語はラストスパートに突入してゆく・・・

 

『辱・断罪』の試し読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『にくだんざい』と検索して下さい♪

辱・断罪(下)の感想

なにかとコミック界では話題になった異質のサイコホラーだった本作がついに結末を迎えました♪

結果…

彼女たちは一体何者だったんだろう?

一応、少女たちは”鬼” 設定で決着がついたことになるのかな~^^;

あと・・・

人間の新鮮な肉をこれから肉になる男たちに振る舞って、普段の彼女たちはどんな食事をしてたんだろう?

そして、あの施設には一体何人の巫女たちが暮らしていたのか?

探偵の勝己が通気口みたいなところを這って進んでいるとき、いろんな部屋で男女の営みが行われていたけど、

一ヶ月にどれだけの仕入れ量(男の)があったのか?

 

というかどんだけの人間を殺してるんだ~~(>_<)

 

本来これはたぶん絶対に大きな事件になってないといけないレベルだ(*_*)

 

細かいことを考えだしたら無限ループに入りそうなのであんまり深くまで入らないほうが良いのでしょう^^;

 

とにかくこの現実離れした非日常の世界観を何も考えずに楽しむのが一番なんだろうな~♪

ただ・・・

サイコホラー映画やアングラ好きな人たちだとちょっと物足らないかもしれないですね(>_<)

この作品は、まるしーみたいな普通の主婦なんかがワーキャー言いながら読むコミックなんでしょうね!

 

ちょうどいい不受理感で、ちょうどいいグロさ加減。

ただ・・・

規制が厳しい今の世の中ならこれが配信ストップになっちゃうレベルなんです^^;

この作品の内容が、表社会の限界点だったというわけですよね~

まぁ~少年漫画のカテゴリーなら仕方がないのかもしれませんね(*_*)

 

結局、結末もちょっと規制を意識したゆるいオチになったような気がする。

 

まるしーとしては最後にあの探偵さんがとんでもない方法で解体されるシーンを期待してたんですが・・・

 

やっぱりせっかく描いたのに世に出せないなんて辛いですもんね(*_*)

 

しょうがない!しょうがない!

 

まるしーの個人的な感想を言うと、最後のオチは正直ちょっと納得いかなかった。

ただそれはこの物語が完結するならばということで、まだ第3シーズンがあるのなら別です。

 

勝己探偵と、巫女たちの再バトルはもう一度見てみたい!

だって、まだ何一つ解決していないし、公平くんの消息もわからないままだから・・・

無料試し読み

今、紹介した

『辱-断罪-

『まんが王国』
『ebookjapan』などの

大手電子コミックサイトで
配信中の漫画です~♪

上で紹介した二つのサイトは

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるコミックサイトなんです~♪

 

特に、スマホユーザーをターゲットにした

『まんが王国』さんなら

会員登録なしで、

たくさんのコミックが試し読みできちゃうスゴくありがたいお店なんで、

実際のところまるし―は、かなりのヘビロテでお世話になってるんです~♪

 

『辱・断罪』の試し読みはコチラ♪
↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『にくだんざい』と検索ください♪

 

『辱(にく)』の関連記事

辱(にく)断罪(下)のネタバレ!結末に見た本当の恐怖

2018.02.20

辱(断罪)のネタバレ!解体できない巫女の運命が憐れ過ぎる

2017.08.22

辱(にく)断罪のネタバレ!肉欲にまみれた地獄の村が再び登場!

2017.08.19

辱(にく)のネタバレ !最終話で公平が最後に見たモノとは?

2017.07.22

辱(にく)のネタバレと感想!生きた人間を解体する問題作

2017.01.08

 

スポンサーリンク