美醜の大地のネタバレ 32話|デスマスクの敏恵が放たれた!

殺害したサチの顔をナイフではぎ取り、醜い自分の顔に重ねた敏恵。

そう…狂った殺人鬼に後悔や道徳心なんていっさい存在しなかった。

ただ、あるのは新しい自分への欲求とハナへの復讐心なのだ!

ハナによって蒔(ま)かれた復讐の種は、あちこちで実がなり花が咲き始めている。

だが・・・

恐らくこのカオスな状態は、ハナにとっては想定外のシナリオだったはずだ・・・


デスマスクの敏恵が放たれた!

美醜の大地

32『まんが王国』で発売されました〜♪

前回は、サチともみ合いの末に殺した敏恵が、なんとサチの顔の皮膚をはぎ取り、

それを自分の顔に張り付けるというホラーな光景で終わっていましたが、

そんな狂った殺人鬼の敏恵が世に放たれてしまうのです…

さらにもう一人・・・

ほとんどもう完全体のルックスを取り戻した百子(ももこ)が、

殺人を繰り返しながら、じわりと菊乃やハナへと近づいてくる・・

敏恵と百子は、

どちらも狂った殺人鬼。

どうする…ハナ?

32話の見どころ

ハナに復讐された女たちが殺人鬼として世に解き放たれてしまった今の状況の中、

男たちは、ハナの別人格・小石川菜穂子(こいしかわなおこ)の話題でもちきりだった。

その男たちとは、

雑誌記者の綿貫と敏恵の元旦那・池内辰雄(いけうちたつお)だった。

敏恵菜穂子の接点となった温泉旅館の主人・池内に会って、

二人の女の間では、旅館で一体何が起こっていたのか?

綿貫は、敏恵の元旦那・池内から敏恵と菜穂子の間に起こった争いの内容を取材しました。

32話見どころは、どんどんモンスター化してゆく二人の殺人鬼・敏恵と百子の壊れっぷりですね。

そして・・・

久しぶりに再登場した敏恵の元旦那・池内の菜穂子 ”愛” がハンパないアホな思い込みです。

バカな男二人、

綿貫と池内の二人ともが菜穂子にハートを撃ち抜かれているのです。

そんな中、池内の話しの内容から、綿貫は菜穂子の消息や正体を突き止めるヒントを見つけることができるのか・・・?

 

今回のお話は、綿貫と池内の会話がメインで、あとは、モンスター化した敏恵と百子の今が描かれております。

そして・・・

今やこの『美醜の大地』では、アルアルになってしまった主人公・ハナが登場しない回ということですね・・・♪

だから面白いんですけど…


前回31話のおさらいはコチラ♪
↓↓↓↓↓


まんが王国の先行配信

この美醜の大地は、

現在『まんが王国』だけで先行配信されいてる作品なんです♪

なので・・・

 

興味のある方は、こちらでまず立ち読みしてください~♪

『美醜の大地』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索してください♪

美醜の大地 32話 ネタバレ

32話:小石川菜穂子

雑誌記者の綿貫は、一連の連続殺人事件のカギを握るハナと深い関係にあると思われる小石川菜穂子(こいしかわなおこ)の正体を探るため、

彼女が以前に勤めていた温泉旅館の主人・池内辰雄(いけうちたつお)と連絡を取って会うことに成功した。

さらに・・・

この池内という男は、現在、殺人を犯し、逃亡中である敏恵の元旦那でもあるのだ。

綿貫は、当時、菜穂子と敏恵との間にどんな軋轢(あつれきが)が生じていたのか?

そして、敏恵と離婚した池内は今、菜穂子に対してどのような感情を抱いているのかを丁寧に聞き出しました。

すると・・・

池内は、菜穂子が温泉旅館から姿を消した後も、ずっと彼女の消息を追っていたことと、

自分が菜穂子と結婚して幸せにする気持ちがあることを綿貫に告白する。

なんと…いまだに池内は菜穂子を愛していたのだ。

{菜穂子と関わった男たちは、自分を含めて、みんな彼女に心を奪われている}

菜穂子と知り合った男たちは、みな彼女の事を天使のような女性として見ていたが、

彼女の周りにいる怪しげな男たちの影を見てきた綿貫としては、

確かに小石川菜穂子という人物は、優しくてとても美しい女性だけれど、決して清い人間とは言えない!

そして・・・

そんな菜穂子もまた、一連の殺人事件の黒幕・市村ハナの操り人形でしかないのかもしれないのだ。

 

考えると、ハナによって生み出された復讐の連鎖は、この池内の元妻・敏恵から始まっているのである・・・

結局…池内も敏恵もハナが始めた復讐劇のゲームに利用された一つのコマに過ぎない!

池内の話しを聞きながら、綿貫はなんとか菜穂子の正体を導き出すヒントを探そうとするが・・・

後半の展開

後半の展開は、恐ろしいホラーな光景が続きます。

まず…

ずっと行動を共にしていたサチを殺して、死体となった彼女の顔をはぎ取った敏恵は、

血の滴(したた)るサチのデスマスクを自分の顔にあてがって喜びに打ち震える!

なんと・・・

自分では美しい顔を手に入れたと思っている敏恵だったが、

実際は、死体の皮を顔に張り付けた気持ちの悪いただのモンスターだ。

しかし・・・

そんなことも分からなくなっている敏恵は、血まみれのデスマスクと共に隠れ家の小屋を後にしてしまった・・・

 

一方・・・

実家を飛び出して、菊乃が演じていた杏一郎(きょういちろう)を探し求めている百子(ももこ)は、

農薬を武器にして、たくさんの男たちから金と命を奪い取り、

いつしかやせ細って骸骨のようだった百子の体は、妖艶な女性の姿に変化していた。

{もっともっと男たちから奪ってキレイにならなくちゃ}

{杏一郎さん待っててね…}

そう・・・

狂った殺人鬼と化した百子は、夜な夜な男を誘って殺人を重ねながら杏一郎の影を追っている。

そしてその先にいるのがハナの存在なのだ!

ここへ来てハナが刈り取ってきた復讐の花たちが、黒い雨に打たれ、毒花として復活しているのだ・・・

復讐を始める時、ハナはこんなシナリオを予想していただろうか・・・?

いや!していなかっただろう…

 

『美醜の大地』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『びしゅうの』と検索してくださいね♪

32話の感想

相変わらずサブキャラたちがどんどんモンスター化してゆくこの『美醜の大地』ですが、

今回この32話を読んでサイト主のまるしーが一番気になったのは、ラストシーンで登場したラスボス絢子おじいちゃんです。

もちろんデスマスクを付けた敏恵が世に放たれたことも強烈でしたが、

あの…人の生き血を吸って生きているかのようなおじいいちゃんのディテール!

一目見ただだけで普通の人間ではないことが分かります。

絢子の体にあった無数の古傷と、彼女が抱えている心の闇は、すべてこの気持ち悪い祖父が原因なのだろうか?

考えられるキーワードがいくつか浮かび上がる。

虐待…

近親相姦!

もし…絢子が幼い頃からこの老人のオモチャとしてずっと利用されてきたのなら・・・

彼女もまた、ハナと同じようにイジメの被害者だったというわけです。

ただ・・・

まるしーとしては、絢子には最後まで孤高の悪役を貫いてほしいという願望があるのです。

だから・・・

あまり不幸な生い立ちを持つ絢子の過去なんて知りたくないのだ!

あくまでもハナと絢子が命を懸けてぶつかる最終決戦が見たい。

だって・・・

ここまで二人の対決を引っ張られてお預けを食らってきたのです。

今さら、二人が和解するとかはありえない。

一読者として、どうしてもハナと絢子には壮絶な命のやり取りを期待してます・・・

 

>>>『美醜の大地』33話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『美醜の大地』は、

『まんが王国』で絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『美醜の大地』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうの』と打ち込んで下さい♪

『美醜の大地』の関連記事

これまでのお話はこちらで読めます~

↓↓↓↓↓↓