美醜の大地のネタバレ 33話|あなたには知る権利がある!

高嶋津家に隠された黒い秘密が徐々に明らとなってゆく・・・

なぜ…絢子はいじめグループのボスになったのか?

なぜ…絢子はハナのことが憎くてしょうがなかったのか?

なぜ…絢子の体にはあれほど多くの切りキズがあるのか?

その全ての答えは、絢子の祖父が持っているようだ(>_<)

高嶋津家の総帥の歪んだ人格が、今の壊れた一族を作り出した・・・

 

あなたには知る権利がある!

美醜の大地

33『まんが王国』で発売です〜♪

ゴールデンウィークの明るさも暗闇に変えるような高嶋津家に横たわるの深さ!

ついに、その壊れた一族の総帥が正体を現しました。

人のモノを奪うことに人生の価値を見いだしてきた男。

それがたとえどんなモノであったとしても・・・

ただ、そんな強欲モンスターも今は年老いて人生の終焉(しゅうえん)を迎えようとしている。

そして・・・

そんなモンスターに人生を弄ばれ続けた孫娘の絢子は、

何を思うのか・・・?

33話の見どころ

32話では、敏恵百子が大暴れしておりましたが、

今回は、主人公・ハナにとって復讐の本丸となるラスボス・絢子にまつわるストーリーが描かれております。

今まで、少しずつ不気味でオドロオドロシイ高嶋津家の内情が小出しで描かれてきましたが、

この33話でついに、高嶋津家に漂う歪(いびつ)な雰囲気を作り出した人物の正体が明らかになった!

今回はその人物の生い立ちと生き様が見どころですね。

高嶋津家の総帥である祖父の屋敷に呼び出された絢子。

そこには、年老いてヨボヨボになり、今にも死にそうな絢子の祖父が大きなベットで眠っている。

絢子はそんな祖父を虫けらを見るような蔑んだ目で睨みつけた。

そして・・・

絢子の父親もしかりだ。

この一族は完全にどこかおかしい!

そして、壊れている。

なぜか・・・?

それは、この今にも息を引き取りそうな高嶋津家の総帥が自ら作り出した壊れたファミリーだから!

人から大切なモノを奪うことでしか生きてる実感がわかなかった人生。

その歪み薄汚れた祖父の正体が今、解き明かされてゆく・・・

 


前回32話のおさらいはコチラ♪
↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ 32話|デスマスクの敏恵が放たれた!

2019.03.29

 

まんが王国の先行配信

『美醜の大地』

33は、

『まんが王国』先行配信されている作品です~♪

と、いうわけで、

もし、最速で33を最速で読みたい人はコチラからどうぞ~♪


↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索して下さい♪

 

美醜の大地 33話 ネタバレ

33話:高嶋津家の総帥

33話の冒頭は、高嶋津家の総帥である絢子の祖父に当たる人物の幼少期が描かれています。

当時の彼は人のモノを何でも欲しがるワガママな少年でした。

だが・・・

何かが変だ!

だんだん成長するにしたがって人のモノが欲しいのではなく、

人から奪うことが好きなのだという事が判ってきたのです。

それからはもう、どんなものでも力づくで奪ってきた人生だった・・・

当然、他人からも身内からも大切なモノを奪って、奪って奪いつくしてきた。

そんな彼が、奪い取って今はがらくたの山となったモノたちに囲まれて人生の終焉を迎えようとしている・・・

 

絢子が高嶋津家の総帥である祖父に呼び出しを受けて本家の屋敷に向かった。

巨大な天蓋(てんがい)ベットで横たわる祖父は、年老いて今にも息を引き取ってしまいそうなほど弱っている。

その日は、絢子の父親・保親(やすちか)も祖父から呼ばれていて、

絢子と保親は二人並んで高嶋津家の総帥の前に立っていた。

「久しぶりよの…保親 絢子…」

弱々しい声で息子と孫娘に声をかける祖父だったが、

その声に答えたのは保親だけだった。

「…ご無沙汰しておりました お父さん」

丁寧に受け答えはしているものの、保親も絢子も高嶋津家の総帥を見る目はすさまじく冷たい。

それは大きな憎しみで覆われた人間の悪辣(あくらつ)な視線だった。

3人で交わされた言葉はほんのわずかだったが、

息子と孫娘がベットの上で横たわる老人を憎んでいることはすぐに分かった。

この壊れた人間関係が、今まで歪な雰囲気を漂わせていた高嶋津家正体なのだ。

絢子に付き添ってきていた婚約者の清二郎は、

絢子と保親、そして祖父との間に存在する軋轢(あつれき)の前に、つい言葉を失って何も言えなくなった・・・

 

後半の展開

後半の展開は、清二郎の指示で高嶋津家の総帥のお世話係として潜り込んだ加也(かや)を通し、

総帥のアブナイ人間性が垣間見えるシーンが描かれており、

さらに・・・

絢子が婚約者である清二郎に高嶋津家に存在する一族の軋轢を語りだす一幕が・・・。

恐らく次のお話で、絢子の実の母親がどうなったのか?

そして・・・

以前、少しだけ垣間見えた全身切りキズだらけの絢子の体の秘密も明らかになることでしょう・・・

祖父の歪んだ人格で作られてきた高嶋津家の歴史は、人から大切なモノを奪い続けてきた歴史でもある。

その呪われた血が、絢子にハナの大切な家族を奪わせる結果となってしまったのか・・・?

いずれにしても、絢子のルーツは、あの恐ろしいモンスターの祖父に関係していることは間違いなさそうだ・・・

 

『美醜の大地』の試し読み
↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『びしゅうの』と検索ください♪

33話の感想

あの吸血鬼みたいなおじいちゃんの正体が明らかになりましたね(>_<)

人の大切なモノを奪って、奪って奪いまくって生きてきた高嶋津家の総帥。

死にかけでヨボヨボになっても、加也にあんなことをさせてる(^^;

恐らく彼に待っている死後の世界は地獄しかないでしょう。

さて・・・

今回は物語が大きく動いた瞬間がありました。

それは・・・

今まで、婚約者でありながら、まるで心の内を見せていなかった清二郎に、

初めて絢子が自分の事を語り始めたことです。

33話のラストシーンでは、あの切り刻まれた体を清二郎に見せようとしていました。

ただ、この清二郎という男も本当はなかなか癖のある有能な男で、

世間で評価されているようなただの道楽バカ息子ではない。

そんな彼が、絢子の前では借りてきた猫のようにおとなしくなる(^^;

何故だろう?

それはやっぱり、今までくぐり抜けてきた人生の修羅場の数なのでしょうか?

今回、絢子は清二郎に言いました。

「あなたには知る権利がある!」

もしかすると次回は、初めて絢子と清二郎が心を通わせるシーンが見れるかもしれませんね・・・♪

 

>>>『美醜の大地』34話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した、

美醜の大地

33

今のところ、

『まんが王国』だけで

先行配信されている作品です♪

なので…残念ながら

他のコミックサイトでは読めません^^;

 

しかし…

安心してください(^^)

『まんが王国』
サイト管理人のまるしー

いつもヘビロテでお世話になってる大好きなお店で、

主にスマホユーザーに向けたコミックサイトなんです♪

 

ここがなんと面倒な

会員登録なしで、

いろんな漫画が立ち読みできちゃうもの凄~くありがたいコミックサイトなんです~♪

 

1回使っちゃうともうやめられないほど

知らなかった人はお得な
無料の試し読みサービスを利用してくださいね~♪

 

『美醜の大地』の試し読みはココですよ~♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『びしゅうの』と打ち込んでみてください♪

『美醜の大地』の関連記事

これまでのお話はこちらで読めます~

↓↓↓↓↓↓

美醜の大地のネタバレ|1話から結末までをココで!

2019.03.29

スポンサーリンク