お手、かみついて、キス。【ネタバレ8話】志季の宣言と葵の覚悟!

『お手、かみついて、キス。

8話の解説と感想です♪

色々と大変だったシンガポールでの研修を終えて日本に帰国した葵ですが、

最後に海外で言葉を交わした日からまだ志季と会えていない彼女は、

これまた悲惨なシチュエーションで彼と再会することとなります(汗)

それは…

シンガポールの際にひと悶着あったモデルのマリアと志季が、お互いの親を伴って会食するという現場です!

やはりあのマリアという女性は志季と深い関わりがあった女性だったのです。

志季からマリアの事をちゃんと説明されていなかった葵としては、

ショックとしか言いようのない光景が目の前で繰り広げられるのです…(汗)

「ここでちゃんと男を見せなければ葵とのことは終わりだぞ志季!」


7話の解説と感想はコチラです♪
↓↓↓↓↓

 

『お手、かみついて、キス。』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『おてかみついて』と検索してください♪

 

お手、かみついて、キス。【ネタバレ8話】志季の宣言と葵の覚悟!

波乱まみれだった海外研修を終えて日本に帰国した葵でしたが、

その後、まだ志季とは一度も会えておらず、彼がどこにいるのかも分からない状態でした。

モデルのマリアが絡んだ例の一件では、

「俺を信じて待ってろ」などと勇ましいセリフを言っていた志季ですが、

葵としてはなんとなく不安な気持ちのまま悶々とした日常を過ごしていました。

そんな中、葵にまた新たなる試練が襲いかかってきたのです!

なんと…葵が働いているホテルで志季の家族とマリアの家族が会食を行うとことになり、

最悪なことにその際の給仕スタッフとして葵が駆り出されるこになったわけです(汗)

なんだこの屈辱的な状況は!

しかも…

両家の間ではすでに志季とマリアの結婚は既定路線になっているようで、

そのことを知った葵は本当に志季の言葉を信じていいものか疑わしい気持ちになるのです。

そりゃ当然のことだ。

やがてそんな葵の不信感をよそに無理やり会食の現場に連れてこられた志季が葵の前に現れた・・・

志季の宣言と葵の覚悟!

この日の会食を全力で拒否したであろう志季は、両腕を拘束された状態で会食の席に現れました。

恐らく今回の会食は葵に志季のことを諦めさせるためにマリアが仕組んだ両家の会食なのだろう。

そういう意味ではマリアの作戦は見事に成功したのです。

だが…

もちろん志季としてはマリアと結婚する気など毛頭ないわけで、

しかも…自分のすぐそばに葵がいたこともあり、

彼は自身の母親やマリアとその両親がいる前で、葵をグッと抱き寄せながら、

「俺が結婚したのは縞だけだ!」

と…勇ましく宣言したのです。

すると…葵の存在のことなどまったく寝耳に水だった志季の母親は激高しましました。

そりゃそうだろう。

だけど…

そこで今度は葵が珍しく自分の意思表示をするのです。

これまでは志季との関係において常に消極的だった彼女ですが、ようやく自分の気持ちだ定まったようで、

葵はしっかりと志季の母親に自己紹介したのです。

すると…

志季の宣言と葵の覚悟を目の当たりにしたマリアが衝動的に次の一手を打ってきたのです。

もうなりふり構っていられないという様子だ。


 

『お手、かみついて、キス。』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『おてかみついて』と検索してください♪

8話の感想

やっぱり志季とマリアは両家の中では内々に結婚が決まっていたのです。

志季の立場を考えれば政略結婚なんてのはごく当たり前のことだろうけど、

そのことをちゃんと葵に伝えていない段階で彼はやっぱり未熟でワガママなお坊ちゃんだ。

自分の結婚が一族にとって重要なプロジェクトの一つだということを認識していたら、

葵のことにしてもあんなやりたい放題の行動などとれるはずがない。

志季が本当に葵の事を幸せにしたいと思っているのなら、絶対にその障害となる母親への報告が最優先事項です。

「現に志季の母親は葵に罵詈雑言を浴びせているではないか!」

もし…葵が志季と結婚したとしてもこんな状態じゃあ嫁姑の関係性は最悪ですよ(汗)

そんな先々の事なんて全く考えていないだろうな~志季は。

「だからダメなんだよ!」

いくら勇ましく「俺が結婚するのは葵だ!」なんて言ってみたところで、

まだ大学生で社会人にさえなってもいない親のすねかじりが何を叫んだとてたわ言にしか聞こえない。

そんなおままごとの恋愛に付き合わされている葵はたまったもんじゃないはずだ(汗)

それなのに…

葵はそんな志季のおままごと恋愛付き合ってしまうのです。

今の職場を解雇される覚悟で志季への想いを彼の母親に伝えました。

ある意味で、今の志季と葵は回りが見えていない二人だけの世界で燃え上がった状態なのだろう。

「恋は盲目」

まさに今の二人の状況を表現するにふさわしい言葉だ。

今後その二人の熱い想いと絆が彼の母親とマリアとその両親を納得させることができるのか?

その場の成り行きで葵が受けてしまったマリアとの勝負とは一体?

もはや引くに引けなくんなった葵に果たして勝機はあるのか?

とにかく、今のところ何の勝算もなく勢いだけで突っ走ってる志季くんよ。

「ちゃんと葵の責任はとれよ!」

なんせ葵をここまで巻き込んで追い込んだのは全てお前が出発点なんだから。

ああ…

やっぱりサイト主のまるしーは菅原くんがいいよ(汗)

 

>>>『お手、かみついて、キス。』9話の解説と感想はコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『お手、かみついて、キス。は、

電子コミックサイトのブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『お手、かみついて、キス。』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『おてかみついて』と打ち込んでください♪

『お手、かみついて、キス。』の解説と感想はココで全部読めます♪