本ページはプロモーションが含まれています

無口な年下カレシの本音はすごくエッチ【ネタバレ全話】ピュアな心の声にメロメロだ♪

年下カレの心の声がまる聞こえ…!!

ヒロインOLの特殊体質がよりエッチな欲望を刺激させてしまい、

年下カレのピュアで愛情いっぱいな心の声を聞いてしまうともう抗えないの。

そんなに私をトロけさせないで~(汗)

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

著者:来岬未悠

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ~そんなオスの顔で私を見てたの?

その特殊な体質は生まれつきで今まで迷惑な能力だと思っていた。

だって自分にとって嬉しいセリフなんて数えるほどしか聞いてこなかったから…(汗)

なのに…

彼と知り合ってから嫌だったその体質にちょっと感謝するようになったのです。

年下でピュアな彼から出てくる愛情いっぱいな心の声が幸せのシャワーを浴びているようだから・・・

「特殊なある体質をもったOLと、ピュアで無口な年下カレの純愛ストーリーがジワる♪」

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』の見どころ

電子書籍サイトコミックシーモアのオリジナルレーベルである『スキして?桃色日記』から、

とても気になるTLコミックの連載がスタートしました♪

正直、サイト主のまるしーは普段あまりTLコミックは読まないのですが、

今回はTL好きの友人からおススメされて今に至ります(笑)

なぜ…その友人が今から紹介する『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』をまるしーに勧めてきたかというと、

まるしーが好きな『鬼島さんと山田さん』という作品の世界観に似てるという理由からでした。

なので早速読んでみたところ、

確かに…どちらの作品も主人公が人の”心の声”が聞けるという特殊能力が備わっているのです。

もちろん二つの作品を比べると異なる点は山ほどあります。

ただ…

人の心の声が聞ける特殊能力を持った主人公のラブストーリーという物語のベースは同じです。

大きく違うのは『鬼島さんと山田さん』が、少女漫画カテゴリーのハートウォーミングなキュンらぶストーリーに対して、

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』は、エチエチなシーンが多めな王道のTL漫画だという事です。

そもそもまるしーは”心の声が聞こえる系”のラブストーリーが大好きなので、友人の思惑通りにハマってしまいました♪

さて…

そこで『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ』の見どころなのですが、

この物語のヒロインである千弦(ちづる)が付き合うことになる年下カレ・蛍(けい)くんのキャラですね♪

普段はすごく無口で無愛想な性格暗めな目つきの鋭い男子なんだけど、

「この彼の心の中の声がまぁ~ピュアで汚れてないこと!」

なので今まで表面上はイイ人を装っていても心の声が汚れまくっている男性にうんざりしていた千弦は、

あまりに見た目と違って心が綺麗で素直な蛍くんに速攻でハートを撃ち抜かれてしまうのです♪

心の中で千弦に甘いキュンキュンするセリフをシャワーのように浴びせ続ける蛍くんに、

もう千弦は心も体もトロトロに溶かされてしまうわけです。

「その様子が見ていてすごく面白い♪」

よって…友人には長文で感謝のメッセージを送っておきました(笑)

心の声が聞こえる系のラブストーリーがお好きな方は是非…!!

 

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

無口な年下カレシの本音はすごくエッチ【ネタバレ全話】ピュアな心の声にメロメロだ♪

1話:特殊な体質

主人公のOL・桜井千弦(さくらいちづる)は、人の心の声が聞こえる特殊な体質の持ち主だ。

この日の会社の飲み会の席でもまさにいま後輩OLから心の声で嫌なセリフを聞かされている(汗)

人の心の声が聞こえることは仕事面ですごく有利に働くことはありますが、

日常的に嫌な思いをすることが非常に多くて、せっかくの特殊な体質も持て余す場合が非常に多い(汗)

そんな中、飲み会の席で「ツライ」という心の声を連発している人がいました。

その人物をたどってゆくと、それは目つきが鋭く不愛想で無口なアルバイトの鮫島蛍(さめじまけい)くんでした。

千弦はあまりにも鮫島が「ツライ」と心の中で言いまくっていたので、

とっさに機転を利かせて彼と一緒に飲み会から抜け出せる流れを作って、鮫島を開放してあげたのです。

するとこのあと…千弦に思わぬ展開が待っていました!

2話:彼の心の声がとにかくピュアで

鮫島から発せられる心の声で彼が自分に好意があると知った千弦。

しかも…驚いたことに、

彼の心の声がとにかくピュアで汚れていないのだ。

そんな鮫島のダイレクトで胸に刺さる心の声を聞き続けて思わず顔を赤く染める千弦。

{う…嬉しい♪}

気づいたら自宅に鮫島を入れて激しいキスを交わし、そこから先も…

というエロ展開で千弦が余計なセリフをつぶやいてしまったのだ(汗)

いきなり訪れた甘い夜はそこで終わった。

なんか…残念(汗)

ただ…

見た目とはまったく違った鮫島のピュアで素直過ぎる心の声にすごく惹かれてしまう千弦がいたのです。

そんなことがあった翌日、二人は会社帰りに食事デートをすることになった。

ラーメン屋だけど(笑)

3話:年下の彼にメロメロ状態

食事を終えて鮫島が千弦を自宅まで送り届けたところで、彼が想いあまっての告白。

実際のセリフと心の中のセリフの両方を聞いて千弦はもう年下の彼にメロメロ状態だ。

結局…

一度は告白を断った千弦でしたが、最後は鮫島に押し切られる形で彼と付き合うことになります。

千弦としては自分みたいな特異体質の女が鮫島のようなピュアで素敵な男性となど、

彼の将来を考えたら関わらない方がいいと考えて、最初の告白を拒否したのです。

でも…無理だった(汗)

この鮫島への想いはもう止められない!

そしてこのあと…千弦の今後に大きな影響を与える謎のお隣さんが登場です。

4話:イケメンの隣人

その日、家の近所にあるコンビニで偶然出くわしたイケメンの隣人・来栖(くるす)。

昨夜は家の前で鮫島と抱き合っているところを彼に見られてすごくバツが悪そうに挨拶を交わす千弦でした(汗)

だが…

帰り道で彼と少し話してみると”衝撃の事実”が発覚する!

なんと…

どうやら彼も千弦と同じように人の心の声が聞こえる体質のようで、

そこからものすごく来栖に対して興味を抱いた千弦は、彼とはほぼ初対面みたいな関係性であるにもかかわらず、

来栖から誘われるままに彼の部屋でワインを飲みながら話をすることとなった(汗)

えっ!?

ちょっと無防備で浅はか過ぎる千弦の行動なわけですが、

ラッキーなことに、今のところ来栖に千弦を口説こうとする気配は見当たらなかった。

ただ…不思議なことに、千弦には来栖の心の声は聞こえないのに、来栖には千弦の心が読まれているみたいなのです(汗)

なんでだろう…?

さらにこの後、お試しで付き合い始めたばかりの鮫島が来栖の家にやってきて、

ちょっとした”修羅場”が展開されるのです(汗)

これは…千弦が全部悪い!

5話:欲望のリミッター

来栖のことで嫉妬した鮫島が暴走して千弦に欲望をぶつける。

一方で…

鮫島の激しい嫉妬を受けてどこか嬉しい気持ちの千弦がいました。

彼女には鮫島の”心の声”がすべて聞こえて来るので、

自分がどれほど彼に愛されているのかが手に取るように分かるわけで、

そこからさらに鮫島の心の声を聞いていていると、

自分がまだ一度もちゃんと彼に対する好きだという気持ちを伝えてないことに気づき、

改めて千弦は鮫島のことを”好きだ”と言葉に出して伝えたのです。

すると…

そんな彼女の告白で、鮫島はついに欲望のリミッターが外れました!

これまで抑えていた千弦への性衝動を一気に解放させて、

この日、二人は初めて最後まで激しくて濃密な愛を交わし合うのです。

これで千弦と鮫島は本当の意味で彼氏・彼女という関係になったわけだ。

6話:鮫島への想い

この日、晴れて付き合いだした千弦と鮫島は、

仕事終わりに流行りのパンケーキ屋でちょっとしたデート気分を味わってました。

しかし…そこになんと社内でも噂好きで有名な後輩OL・今井マキが現れて二人の邪魔をしてきます。

マキは今付き合っている彼氏とうまくいっていないらしく、

最近気になりだした鮫島に乗り換えようとしている節があるのです(汗)

だけど…今は千弦にゾッコンな鮫島は毅然とした態度で、彼に気のある素振りを見せてくるマキを拒絶しました。

内心でホッとする千弦。

鮫島の自分に対する一途な愛情に触れて幸せな気分に浸る千弦は、

ますます鮫島への想いを強めてゆくのですが・・・

7話:恋のライバル

6話のラストで隣人の来栖からチラッと指摘された不安要素が現実として現れます(汗)

その日、鮫島と同じ大学に通っている波田彩(なみたあや)が、

インターン実習として千弦と鮫島が働く会社にやって来た。

しかも…

最悪なことに彩の心の声は鮫島に”ガチ恋”をしていたのです。

えっ――!?

早くも千弦は最強クラスな”恋のライバル”と鮫島を取り合うことになってしまった…(汗)

かといって鮫島と付き合っていることは会社の人間には内緒なので、

彩に鮫島の恋人は自分なんだと予防線を張ることもできず。

同年代で同じ大学というアゲインストな状況をフルに活用して、

鮫島に怒涛のアプローチをブッ込んでゆく彩の動きに気が気でない千弦は・・・

8話:鮫島を避けまくる千弦

鮫島との電話中にそばにいた彩の声が聞こえたことで思わず彼の浮気心を疑ってしまう千弦。

なんてったって二人は同じ大学に通う男女であり年代も同じで、

普通に考えれば鮫島と彩というカップルの組み合わせの方がごく自然なわけです。

なのでかなり年下の鮫島と付き合っている自分に引け目を感じてしまい、

会社でも鮫島を避けまくる千弦がいました(汗)

もちろんそんな明らかに不自然に自分を避ける態度をとっている千弦を鮫島が放置しているわけもなく、

強引にその理由を千弦へ問いただそうとするのですが、

そんなタイミングで千弦が体調を崩してしまい、

このあと鮫島が熱を出した千弦を看病するという”ラブラブイベント”が発生します。

その際に鮫島の口からハッキリと彩との関係性を否定されたことで、

千弦の胸に渦巻いていたモヤモヤが一気に解消されます。

だが…その逆にまた違う意味でのモヤモヤが発生したのは鮫島の方でした。

病気で弱っている千弦の大人女子な色気にムラムラが抑えきれない彼は・・・

9話:カップル成立

寝ている千弦に欲情して歯止めが利かなくなった鮫島はついに行動を起こしました。

千弦の胸もとに鮫島の舌が触れ回るのを感じつつ千弦は寝たフリを続けるも、

鮫島が発現する心の中の声が千弦の体を褒め称えるものだから、

気持ちイイわ嬉しいわで思わず声をだして起き上がってしまったのです(汗)

その頃には既に千弦も鮫島にかなり欲情していたので、そのまま二人の激しいラブラブタイムはゴールまで続き、

その後はピロートークで鮫島と彩との仲も誤解だと分かり、

正式に鮫島が千弦に交際を申し込んでめでたく二人は”カップル成立”となりました♪

これでようやく名実ともに恋人同士となった千弦と鮫島ですが、

問題はここからです。

二人が付き合うことになったその翌日に、とんでもない人が二人の職場にやって来ます(汗)

しかも…その人物は千弦と鮫島がよく知っている人物で・・

10話:千弦との縁深い関係性

千弦の働いている職場に現れたのは隣人の来栖でした。

これまでなにかと千弦に思わせぶりな態度をとって来た来栖でしたが、

なんだか本格的に千弦と鮫島の恋路を邪魔するような勢いです(汗)

しかも…

ここへ来て来栖が知られざる千弦との縁深い関係性が明らかになった…?

まさか…

二人は幼少時代に出会っていた過去があるということか?

そうなるともう気が気でないのが鮫島くんです(汗)

あと…

鮫島に恋する彩も千弦と鮫島の関係に気づいて勘違いな行動を起こしかねない様子だ。

なんだか来栖のややこしい行動がきっかけで色々と恋のトラブルが勃発しそうです(汗)

11話:千弦のエロモードが発動

色々と波乱含みだった10話の内容でしたが、

今回のお話はオジャマ虫の来栖を千弦から追い払った鮫島が、

珍しく千弦への独占欲をむき出しにして食事の後に、

ラブホテルへ連れ込んじゃうアグレッシブな行動に出ちゃいます(汗)

まぁ正式に二人は恋人同士になったわけですから、

千弦をラブホテルに誘ってもまったく不自然でも失礼でもない。

しかも…鮫島はいま友人とルームシャアして住んでいるから、

どうしても千弦とマッタリ過ごしたければホテルに行くしかないのです。

ただ…そこで一つ驚きだったのは、彼がラブホテル初心者だったことだ(汗)

しかも…

ホテルの部屋に入ってから千弦に”キス”さえしてこない始末で、

鮫島はまた変な自制心を自分に課して千弦への欲望を押し殺していたのです!

まったくその必要もないのに(汗)

そんな鮫島の勘違いな行動に、千弦のエロモードが発動して鮫島を襲っちゃうわけです♪

もちろんそんな千弦の大胆な行動に鮫島は我慢できずに・・・

12話:最高に幸せな一夜

千弦のエロ過ぎる誘惑で一気にボルテージが最高潮に達した鮫島の欲望はもう止まりません!

「欲情させた責任取ってくださいよ!」

そう言って鮫島は千弦にあられもない格好をさせながらSっぽく攻めまくる。

ただ…

千弦の耳元ではSっぽい意地悪なセルフを言って攻めつつも、

彼の心の声は千弦への”好き”で溢れていたこともあり、

千弦は鮫島が自分の事を心から大切に想ってくれているのをひしひしと感じながら、

かつてないほどのオーガズムに堕ちてゆくのです。

そしてこの日は最高に幸せな一夜を過ごした二人でした。

ただ…

そんな中、鮫島にはここ最近ずっと心に引っかかていた問題があり、

彼はその解決のために早速動き出したのです。

それは…

ここのところ露骨な態度で千弦に近づいてきている来栖の存在です(汗)

千弦には自分というカレシがいることを知っていながら、

来栖は千弦を誘惑するような行動をとっているわけで、

鮫島からすれば来栖のやってることを看過するわけにはいかなかったのです(汗)

そりゃそうだ…。

13話:同じ能力の持ち主

千弦と鮫島との関係は日ごとにラブラブでイイ感じになっているんだけど、

どうしても二人に横恋慕している来栖の存在がすごく疎ましくなってくるわけで(汗)

鮫島は来栖に千弦へちょっかいを出さないで欲しいと話をしに行くも、

自分の方が千弦の”理解者”だと言って意に介さない様子だ。

そんな来栖の態度に焦る鮫島が、もっと千弦と似合う大人の男になろうともがく。

すごく健気ではないか!

そんな中、来栖の意味深なアプローチや、カレシである鮫島を挑発するような態度に困った千弦は、

こちらもまた直接来栖に会って自分にちょっかいをかけてくるのはやめて欲しいと訴えるのですが、

そこでついに来栖は千弦と”同じ能力の持ち主”だという事を告げるのです。

えっ…!?

さらにそこから来栖はとんでもないことを千弦に提案してきたのですが・・・


 

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』の感想まとめ

実際…人の心の声が聞こえる能力が自分にあったとしたら、

やっぱり千弦のように不要で迷惑なものだと感じるのだろうか?

でも…

人とコミニケションをとる理由は相手の考えていることが知りたいからだ。

相手の考えていることが分かるというのはすごく便利だと思うんだけど、

現実はやっぱり聞きたくない心の声を聞く場合の方が圧倒的に多いのかな~?

ただ…恋愛において付き合いたての頃なんて、相手が今何を考えているのかすごく知りたかったし、

もし…知っていたら失敗に終わった過去の恋愛もまだ続いていたかもしれません。

「それが良か悪いかは別にして。」

そんなことを考えたら、

やはり心の声が聞けるという体質は、人生に役立つ能力だと思えてしまいますね。

それに…本作に登場する千弦の日常を見ていたら、決してこの特殊能力を上手に使っているとは思えない。

それはやはり千弦の控えめな性格から来ていることなのでしょう。

まるしーだったら他人の心の声をもっと上手に利用できると思うんだけど、

それは千弦と同じ立場に立って見ないと彼女の苦労は分からないのだろうか?

とりあえず世界的に有名なマジシャとかにはなれそうですよね。

あとはメンタリストDAIGOさんみたいなポジションとか占い師さんとか・・・

そもそもなんであんな特殊能力を持っているのに普通のOLなんてしてるんだってことに行きつく(笑)

自分ならやらないけど、刑事になったら取り調べでバンバン相手の供述を引き出せそうですよね。

「しかも世の中の役に立つ♪」

ちょっと想像しただけでいろんな職業に役立ちそうなのですが・・・

それでも毎日のように人の心の声が聞こえてきたら苦痛になってゆくのかな(汗)

確かに特殊体質の”OFFスイッチ”はないですもんね。

それはたぶん絶対音感を持っている人の悩みと似てるんだろうな~

さて…

ここまで全く本作の感想らしいものを書いてきませんでしたけど、

普通に面白い心の声きこえる系のラブストーリーです♪

特に蛍くんの見た目やその不愛想な性格と心の声のギャップにまるしーもヤられました(笑)

彼の純粋でピュアな愛情表現には、たぶんどんな女子もトロトロにされてしまうでしょう♪

そしてもちろんこの作品は結末まで読み続けますよ。

「友人よ…素晴らしいマンガを教えてくれてありがとう♪」

無料試し読み

今、紹介した

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ~そんなオスの顔で私を見てたの? は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『無口な年下カレシの本音はすごくエッチ 』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア