マウントガールズアンソロジー【ネタバレ全話】心地よい結末が癖になる♪

「私とあの子、どっちが上?」

いつの世も不毛なマウント合戦を繰り広げるパワフルな女たち!

カラんだら火傷する”あの子”との壮絶なバトルの末に、

得られたものは意外にもスッキリとした爽快感でした♪

著者:甘崎水菓 / オズ / アン・ミツコ / エトワール編集部

『マウントガールズアンソロジー』

読むと心がデトックスされる女の極上オムニバス!

女性同士の果てしないマウントバトルの最後に訪れる実に気持ちイイ結末。

今ノリに乗ってるBookLive!が、ちょっとイイ感じな女の短編集をリリースしました♪

家事や仕事で頑張ったあなたの就寝前に読むもってこいな作品です!

『マウントガールズアンソロジー』の見どころ

テレビCMでもお馴染みの電子書籍ストア『BookLive』から、

またまたオリジナルレーベルで面白い作品がリリースされました♪

BookLiveさんはホント精力的に独自路線を開拓してるからついつい訪問がやめられません。

今回紹介する作品は『マウントガールズアンソロジー』というタイトルで、

内容は女同士のマウントバトルをリアルな切り口で描いた

一話ごとに著者も異なるオムニバス形式の一話完結の短編集です。

BookLiveのオリジナルシリーズでは、すでに不動の人気を誇る名作『SNSの女シリーズ』がありますが、

中身としては同じように女性同士で不毛なバトルを繰り広げるのですが、

最後はどちらかが天罰を受けるという『SNSの女シリーズ』お約束のパターンではなく、

ちょっと感動すら覚えるハートウォーミングなオチが待っている作品集なのです。

なので…

「読み終わりがすごく心地よい♪」

バトルの相手を叩き潰したり自分から墓穴を掘ったりする終わり方ではなく、

最後はバトっていた者同士がお互いに理解し合って丸く収まるという新しい切り口なのです!

その証拠に本作品の紹介ページには、

『読めばモヤモヤがスッキリする心のデトックス・アンソロジー』という文章で表現されています。

まさにその言葉通りかもしれません。

「スッキリしますし、なんか心にドスンと響くものがあります。」

さて、

そこで『マウントガールズアンソロジー』の見どころですが、

今、サイト主のまるしーがお話したとおり、どれだけお互いにいがみ合っていたとしても、

ラストはちょっと胸がジンとする結末が待っているというちょび感動なストーリーだというところです。

これまで『SNSの女シリーズ』を好んで読んでいた方の中には、

もしかしたらラストのどんでん返しや、ヒール役の女性がやり込められないので、

「ものたらない!」

と感じる読者さんがいるかもしれませんが、よく内容を読めば、

あの『SNSの女シリーズ』とは最初から作品としてのコンセプトが違うことは分かります。

まるしーは、正直これはこれでスゴく面白い作品だと思いました。

本作をリリースしたライブコミックスさんの作品告知通り、

もし、心のデトックスをしたい方は是非♪

 

『マウントガールズアンソロジー』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『まうんとがーる』と検索してください♪

 

マウントガールズアンソロジー【ネタバレ全話】心地よい結末が癖になる♪

これから紹介する『マウントガールズアンソロジー』は、

オムニバス形式で構成される1話完結型の短編集です。

初回の3作品と著者はこのようになっています。

1話:『優劣の檻』(甘崎水菓)
2話:『マイ・ドーナツホールズ』(オズ )
3話:『私の方がいい女!』(アン・ミツコ)

まるしーが初めて作品を読む漫画家さんたちばかりで、

すごく期待してワクワクしながら本編を読破しましたが、

「内容は期待以上に楽しめたストーリーばかりでした♪」

ホント3作品すべてにそれぞれ独特な切り口の面白さがあり、

実に費用対効果の高いオムニバス作品だったと思います。

それでは、

ココからは、『マウントガールズアンソロジー』に収録されている全3話のあらすじを順番に紹介してまいります♪

↓↓↓↓↓↓↓↓

1話:優劣の檻

主人公の 地味で冴えないOL・佐山は、いつも同僚で美容マントをとってくる美園から、

ほんのりとそのオシャレに頓着してない生き方をバカにされていましたが、

本人にはまるでその自覚はなく、ひょうひょうと美園のマウントを受け流していました。

その光景を見た佐山の周りにいる同僚OLたちがやきもきしているのですが、

まったく自分とは生きている世界が違う美園に対して、

逆に美園の日々の努力を気遣う佐山がいたのです。

そして、そんな佐山の反応にムカつく美園がいる。

そんな中、常日頃から誰にでも美容マウントを取っていた美園の黒歴史が同僚OLたちに見つかってしまい、

一転して佐山は社内で大ピンチを迎えることになりました。

そんな時、唯一美園を守ろうとしてくれたのがいつもバカにしていた佐山だったのです!

しかも…

佐山はそのことが原因で周りの同僚OLたちから目をつけられてしまい、

佐山を辱めるための合コンを計画されてしまい、

何も知らない彼女は気軽に合コンへの参加を約束してしまうのです。

しかし…そんな同僚たちの悪だくみを事前に察知した美園は、

今度は佐山を救うべくとっておきの魔法を佐山に施してあげるのです。

ラストはちょっと気分が晴れる心地よい結末が待っていました♪

>>>詳しいネタバレはコチラ♪

2話:マイ・ドーナツホールズ

広告代理店で営業として働く光璃(ひかり)は、

先輩社員の栗橋(くりはし)にほのかな恋心を抱いていました。

光璃には国民的アイドルグループの元センターを務めた双子の妹・灯璃(あかり)がいて、

幼い頃からブスな姉とカワイイ妹というコンプレックスに苦悩しながら生きてきたのですが、

なんだかんだでこの人気者の妹に憧れの先輩を奪われそうになってしまうのです。

これまでにこの姉妹の確執はかなり根深いものがあって、

姉は妹を、妹は姉に激しいコンプレックスを抱いていたのですが、

今回、一人の男性を奪い合ったことで、今まで気づかなかったお互いの複雑な気持ちを知ることとなるのです。

姉はどんな思いで有名人でカワイイ妹と対峙してきたのか?

そして…

何もかも手に入れたように見える妹は、姉にどんな劣等感を抱いてその地位にまで駆け上がったのか?

ラストは妹の感動的な涙で幕を閉じます。

結果…ジンとくる姉妹愛を描いたハートウォーミングな物語でした♪

>>>詳しいネタバレはコチラ♪

3話:私の方がいい女!

主人公の沙織には友人たちから羨ましがられるハイスペックな夫がいました。

だが…

現実の夫婦生活は周りから羨ましがられるほど幸せなものではなかった。

表面的には妻を大事にする優しい夫ではあったが、

どこか自分への愛情を疑ってしまう場面も多い夫だったのです。

そんなある日、沙織がいつものように大学時代からの女子友たちとお茶をしていたら、

かつて伝説のサークルクラッシャーと呼ばれていたアザト女・愛美が現れ、

まったく昔とキャラが変わっていない彼女は、なぜか沙織の家にお邪魔したいと言い出し、

その後、沙織は愛美から夫を奪われそうになってしまうのです。

もともとそこまで夫婦生活に満足していなかった沙織でしたが、

愛美が現れたことで、沙織夫婦は危機的な状況に陥ります。

{なんて女なの!?}

沙織の愛美に対する怒りは頂点に達します。

だが…

そんなバイオレンスな展開の先には、沙織が想像もしていなかった意外な結末が待っていました。

どうして愛美は沙織の家庭に無理やり入り込んで、沙織の夫の誘惑をしていたのか?

ことの真相がわかると、女の友情にちょっと感動しちゃいます♪

>>>詳しいネタバレはコチラ♪


 

以上、心地よい結末が癖になる女子バトル短編集の全話解説でした♪

 

『マウントガールズアンソロジー』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>BookLive!
サイト内で『まうんとがーる』と検索してください♪

『マウントガールズアンソロジー』の感想まとめ

最近のBookLive!さんはドンドンと新しい漫画家さんを起用して精力的に新鮮な企画を立ち上げていますね。

「それがなによりも素晴らしい」

まるしーはこれまでBookLive!のオリジナルレーベルからデビューされた素晴らしい漫画家さんをすでにたくさん知っています。

次々に新たな才能を見出すBookLive!の発掘力にはほんと感心しちゃいます!

今回もまた、たったいま紹介した『マウントガールズアンソロジー』の他に、

細かくテーマを絞つたアンソロジー作品の短編集を2シリーズもリリースされました。

きっちりとテーマを絞って読者にアプローチする戦法は実に巧妙かつ新鮮で、

本サイトを利用する立場からしたら、ドンドンとBookLive!依存症に侵されてゆくわけです(笑)

「いい意味でね♪」

常に新しい常識や社会で起きている現象などを取り入れたテーマの作品を世に送り出しているので、

いつも新鮮でワクワクするような作品に出会わせてもらってる感覚があります。

まさにコミック界の新しい扉を切り開いた先駆者ですね。

最初にSNSを取り扱った女のバトルを多く取り扱ったのもBookLive!さんでしたもんね。

常に世の中にアンテナを張り巡らせて、新しいモノを生み出そうとする努力には頭が下がります。

そして…

サイト主のまるしーのような重度のコミックオタクにとって、

これほどありがたいコミックサイトさんはございません。

紙のコミックから、電子コミックが主流になって来た時代の流れで、

狭い家でもまったく置き場所に困らなくなった今の読書環境は、

「まるしーを無限のコミック天国にいざなってくれます。」

私は約6年位前から紙のコミックから電子コミックに読書環境を切り変えたのですが、

紙から電子に買いなおした作品を加えると、すでに5千冊以上ものコミックをネット上に保管しています。

なんと…

5千冊以上のコミックが、タブレット一つに保存されているわけです。

「なんと幸せなことでしょう♪」

もう家族から邪険にされながら本棚を所狭しと置かなくて済むのです!

「ビバ電子コミック!ブラボー電子コミック♪」

もしこれから歳を重ねて体が思うように動かなくなっても、

まるしーにはこれまで買いためてきた読み切れない程のコミックちゃんたちがいる。

「だから私には退屈な老後なんて存在しないのだ!」

そんな素晴らしい環境を作ってくれた各電子書籍サイトさんには感謝してもしきれない!

充実した老後ライフを送るために今からとびきりのコミックちゃんたちを収集しておこう!

そういう意味では今回紹介した『マウントガールズアンソロジー』は、

ふとまた読みたくなるコミックとして絶対にかかせない作品の一つだ。

心のモヤモヤがとれるコミックってホントにありがたいもんです。

今回はろくな感想まとめになっていなかったけど、

なぜかいつもお世話になっているBookLive!さんにモーレツな感謝の言葉を伝えたくなったので、

こんな形でラブレターを書いてみました。

「電子コミックサイコー♪」

これもオススメ!

『マウントガールズアンソロジー』を読んだ方には、本作の姉妹シリーズとして『リコ活アンソロジー』という

これまた1話完結のオムニバス集がリリースされているのですが、

「これもオススメです♪」

内容としましては、夫との結婚生活に悩む主人公の妻が、

苦悩と葛藤の末に離婚へ踏み出すまでの切ないストーリーをを描いた作品で、

ある程度人生を重ねた女性に向けたほろ苦い大人の物語といった感じです。

ただ…ほろ苦いと言っても読後感は悪くなく、スッキリするオチで締めくくられていますからご安心ください♪

一冊の中に4つの著者がことなるエピソードが収録されているのですが、

サイト主のまるしーは、中でもラストのエピソード『私の〇×記念日』に深く共感しました。

でも…すべての作品それぞれに自分も共感できる妻の苦悩や葛藤する思いが描かれていて、

『マウントガールズアンソロジー』とはまた違った読みごたえがあります。

興味がある方は是非♪

>>>『リコ活アンソロジー』のネタバレはコチラ♪

↓↓↓↓↓

無料試し読み

今、紹介した

『マウントガールズアンソロジー』は、

電子コミックサイトの
ブックライブ(BookLive!)絶賛配信中漫画なんです~♪

このコミックサイトはサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録なしで、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのが最大の魅力です♪

たくさん試し読みをして気に入ったコミックが見つかったら、

その時に初めて無料の会員登録をして買っちゃえばいいんです♪

最新のコミックから名作までいろんな作品が無料試し読みできるので、

漫画好きならヘビロテで利用すべきだと思います♪

 

『マウントガールズアンソロジー』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>BookLive!
サイト検索窓に『まうんとがーる』と打ち込んでください♪

関連の作品はコチラ♪