本ページはプロモーションが含まれています

インコが呟く妻の秘密【ネタバレと解説】翻弄される夫のジタバタ感!

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

著者:兎さか

『インコが呟く妻の秘密

クスッと笑いが出てしまう面白さを持った謎めいた極上のミステリー漫画が降臨です!

一週間前にトツゼン家を出て行った理想的で完璧だった妻・香織(かおり)。

夫の壮一(そういち)はなぜ妻が忽然といなくなったのかまるで見当がつかない。

決して不協和音が生じている夫婦関係ではなかったはずだ。

しかし…今となっては妻が可愛がっていたインコのシロだけが唯一の手掛かり。

なぜならば時折りシロから発せられる脈絡のない呟きの中に、

これまで知らなかった妻のベールに包まれた裏の顔が隠されているように思えるからだ・・・

「このミステリーは面白い!」

「なんだかフガフガと名作の匂いがしてきたぞ…!」

『インコが呟く妻の秘密』の見どころ

今回サイト主のまるしーが紹介したい作品は、

デジタル少女マンガ誌『&フラワー』で連載が始まったばかりの、

『インコが呟く妻の秘密』がという女性マンガで、

2023年11月13日より、まるしーがヘビロテで利用する電子コミックサイト『まんが王国』で、

先行配信がスタートいたしました~♪

内容としては、非常にミステリアスで妖艶な妻が登場するちょっとワケアリ風な夫婦が主人公のお話で、

物語に登場してくるインコの”呟き”が大きな意味を持っている、

かなり角度の効いた痺れるミステリーヒューマンなお話なのです♪

まるしーは本作のタイトルと表紙の絵を見た瞬間に、その魅力に惹かれて読み始めたわけですが、

1話を読み終わった段階で自分の名作発見アンテナが間違っていなかったことを確信しました♪

「うぬぼれ…?」

いやいやオーバーではないと思います。

実際…今現在配信されている3話まで読んで完全にハマりました!

こんなに面白い作品を描く漫画家さんをなぜ私は今まで知らなかったのか…?

その理由は、本作の著者である兎さか先生が主に『めちゃコミック』で作品をされていた先生だったからだったのです。

残念ながらまるしーは普段はめちゃコミックで漫画を読んできませんでした…(汗)

なのでよくぞ『まんが王国』兎さか先生の作品をリリースしてくれたという感じです…!!

「ありがとう…まんが王国さん♪」

そこで…今回初めて作品を拝見させていただいた兎さか先生のことをポチポチと検索させていただくと、

なんとこの先生…

小学館が主催する新人コミック大賞でみごと”佳作”を受賞されている実力派の漫画家さんではないですか!

こんなに才能のある漫画家さんを知らなかったことは人生の不幸だ…(汗)

「これから取り返してゆこう!」

と…いうわけで今回は兎さかワールドに絶賛おハマり中のまるしーが、

たっぷりドップリと『インコが呟く妻の秘密』の見どころや解説・感想などを書き綴って参りたいと思います。

まず…この作品の特徴的な見どころは、ズバリ”インコの呟き”です!

これがもう笑えるわ可愛いやら憎たらしいわでサイコーなんです(笑)

不自然なほど居心地が良くて理想的な結婚相手だと思って結婚した妻。

夫のそんな考えは見事に的中していて順風満帆な新婚生活を送っていたはずだった。

なのに…

ある日トツゼン忽然と姿を消してしまった貞淑で控えめな妻・香織(かおり)!

彼女に一体何が起こったのか…?

よく考えてみたら夫は妻のパーソナルな部分をほとんど何も知らなかった…(汗)

いま彼の目の前には妻が可愛がっていた真っ白なインコがいるだけ。

そのインコがいろいろと妻が普段家で口にしていた言葉を脈絡なく呟くわけです。

「そう…いろいろとね!」

そこからワケアリ夫婦のミステリアスなドラマが展開されていくのです。

「どうでしょう…?」

すごく内容が気になってきませんか…?

いったいこの妖艶でミステリアスな妻・香織の正体はどんな女性なのか…?

そんな魔性の魅力を持つ妻に対して、これまで亭主関白を気取っていた夫が翻弄されていく様は、

どこか狂気を含むミステリーな雰囲気の中で不気味に展開されてゆくのです。

まるしーの解説で興味を持たれた方は是非…♪


 

『インコが呟く妻の秘密』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

 

インコが呟く妻の秘密【ネタバレと解説】翻弄される夫のジタバタ感!

1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話

1話:失踪

この日、鎌田 壮一(かまた そういち)は、真っ白なインコを掌に載せて途方に暮れていました。

なぜなら一週間前から妻の香織(かおり)がトツゼン”失踪”して、

いまだに何の音さたもないからだ…(汗)

鎌田夫妻は結婚して2年と3ヶ月になるまだ新婚といえる夫婦ですが、

二人の間にはこれまで特にこれといった確執もなく、

普通に順風満帆な生活を送っていたそれなりに仲の良い夫婦だったのですが、

ある日、忽然と香織は失踪して姿を消してしまったのです…(汗)

普段…どちらかというと亭主関白気味だった夫の壮一は、

なぜ妻が出て行ったのかその理由がまったく分からず、

香織がいなくなった日から、彼女が可愛がっていたインコのシロが脈絡もなく発する言葉を、

意識せずに頭の遠くの方で聞き流していました。

壮一にとって香織は絵に描いたように”理想的な妻”であり、

これぞ自分にふさわしい女性だと思って結婚を決めた妻だったからなおさら動揺を隠せない。

{どうしてこんな事になってしまったのか…?}

頭の中で何度も同じ疑問符をリフレインさせていた壮一でしたが、

ある時、インコのシロが妙に気がかりな”言葉”を呟いたのです…(汗)

そのセリフとは…?

2話:疑念

シロがふいに呟いた香織に壮一以外の男性の存在を想像させる呟き…。

妻が週2回の間隔でアルバイトしていはずのカフェで働いていなかった事実。

一体なにがどうなっているのか…?

妻が普段どんな日常を送っていたのかまったく分からない…(汗)

{お前はいったいったい何なんだ…?}

ドンドンと湧き上がってくる香織への”疑念”に頭を抱える壮一。

依然として香織からの連絡はない。

そんな中、壮一は香織が結婚前まで働いていた会社の部下・飯塚 梓(いいづか あずさ)のことを思い出し、

その飯塚と連絡を取って会うことにしたのですが、

そこでもまた知られざる妻の一面を知ることになった壮一は・・・

3話:帰宅

香織の元部下・飯塚から妻のダークサイドな一面を聞いて自宅に戻った壮一は衝撃を受けます。

なんと…

すでに”帰宅”して普段とまったく変わらない様子で、

「おかえりなさい」と声を掛けてきた香織がいたのだ!

家に帰ってきてる。

「か…香織…な…んで…」

あまりの驚きと動揺で舌がもつれる壮一をよそに、至って平然としている香織がいました。

彼女にはどこも悪びれる素振りがない。

やがて少し落ち着きを取り戻した壮一はまくし立てるように、

ここ数日で味わった不満や怒りを香織にぶつ始めます。

確かにそうなるだろう。

しかし…やはりここでも香織の反応は壮一の予想を裏切ってきます。

これまでまったく普通の状態だった香織がポロポロと涙を流しているのです…(汗)

えっ…!?…このタイミング…?

この瞬間…てっきり夫から矢継ぎ早に責め立てられて泣いてしまったと思った読者と壮一でしたが、

しかし…その予測は見事に覆されます。

出は…なぜ香織は泣きだしてしまったのか…?

それは…

初めて壮一が自分のことに深い関心を示してくれたという喜びの涙だったのです!

さらにこの後、ミステリアスな香織の底知れない怖さの一端が垣間見れるシーンが描かれます。

4話:香織に対する不信感

香織から元同僚の飯塚が自殺して亡くなったと聞かされた壮一は酷く動揺します…(汗)

なにせ彼はほんの数日前に飯塚と会っているわけで、

その時には彼女が自殺するような雰囲気は全く感じなかったからです…(汗)

こうなるとインコのシロが呟いていた、

「イイヅカサンノツギハ、ソウイチロウサンカシラ?」

というあの意味深なセリフが気になり出して、

壮一の中でドンドンと香織に対する不信感が膨れ上がってゆくのです。

その日、香織が飯塚の葬儀へ参列するために外出すると、

壮一はここ数日の間で調べた香織に関する情報を整理し始めました。

すると…それを書き出してゆくほどに、香織のことが分からなくて怖くなる壮一がいたのです。

{香織…お前はいったい何が本当で、何が目的なんだ…?}

5話:妻の正体

香織の”戸籍謄本”を見て離婚歴が記載されていないことに驚く壮一でしたが、

そこに現れた香織が、転籍して新たに戸籍を作ると、離婚の記録は引き継がれないと説明した。

{バレたっ…!!}

壮一が香織の過去について疑念を抱いていることが香織に分かってしまいました…(汗)

そこから香織が壮一に問いかけた質問や、彼の答えに対する香織のシニカルな反応もあって、

ついに壮一は腹を割って香織の過去がすごく気になっているとを白状したのです。

すると…香織は不機嫌になるどころか、

「ごめんなさいね。」と…まずは壮一に謝ると、

次の土曜日に夫婦でどこかえへ出かけて、その時にゆっくり話しましょうと提案しました。

壮一は覚悟を決めてその提案に応じることで、”妻の正体”に近づこうとするのですが、

その日に壮一を待っていたのは、想像を超えた恐ろしい事態でした…?

6話:仕組まれた事故

香織と出かける直前にシロが壮一に呟いた、

「シナガワ ニ キヲツケナサイ」という意味深なメッセージ。

それは品川ナンバーの車に二人が”接触事故”に遭うぞという忠告だったようです。

幸い壮一は無傷で、香織も膝を擦りむいた程度のケガで大事にはならずに済んだものの、

その後に加害者ドライバーの男と香織が交わす取りに違和感を覚えた壮一は、

今回の事故が香織によって”仕組まれた事故”かもしれないと怪しみ、

警察沙汰にはせず、相手の男から名刺だけを受け取ってその場を収めることにしました。

この時、香織は直接のやり取りは双方にリスクが高いと壮一に助言してたことがとても気になる。

だが…壮一は香織の正体を突き止めることを最優先に考え、

名刺を渡してきた野村恭介のむらきょうすけなる人物と秘密裏に接触しようと考えたのです。

果たしてその手段は正解だったのか…?


 

『インコが呟く妻の秘密』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

『インコが呟く妻の秘密』の感想まとめ

今回の【感想まとめ】は、本作の1話から3話までを読んだ時点で思ったことや感じたことをまとめております。

まず…

サイト主のまるしーがこの『インコが呟く妻の秘密』を読んで最初に感じたのは、

著者の兎さか 先生が作り出す独特なゾワゾワ感と、

これからどんな展開で物語が進んでゆくのかというワクワクする”期待感”です♪

ヒロイン・香織の人妻らしからぬ生活感のない妖艶でミステリアスなキャラクターと、

どこか底知れない”狂気”を想像させる危ない女の雰囲気がたまらない!

彼女の正体は醸し出すオーラそのままの悪女なのか…?

それとも清廉潔白で妖艶かつ、人を幸せな方向へ導く聖女なのか?

「すごくイイ…♪」

加えて…そんなミステリアスな香織の夫・壮一くん。

彼のいかにも俗物的な夫の代表者みたいなキャラも、

香織をさらに不思議で妖艶な女性に際立たせるパートナーとして最適だ。

壮一が香織の可愛がっているインコのシロに翻弄されている様も愉快ですし、

今の時代に紙タバコを吸っているという2流なオトコ感も、

壮一の一流になり切れない残念さを物語っていて非常に良いのです♪

たいしたエリートでもないくせに、ハイスペックな仕事術を持った妻に仕事を辞めさせる愚かな壮一くん。

そういった底の浅い残念な夫像にはゾクゾクしちゃう…♪

壮一の亭主関白を気取った態度振る舞いを前にしている際に、

香織が時折見せる全てを見通したかのような冷めた視線。

あのまるで”殺し屋”のようなクールな目つきが鳥肌が立つほどカッコよいのです。

実際にリアルでまるしーが香織に見据えられたら震え上がってしまうだろうが、

紙面上で見ているぶんには”キュン”となってしまうほどクールで怖カッコイイ♪

あとは…

何と言っても本作においてのキーマンであり、象徴的存在となる真っ白なインコのシロちゃんです。

最初にこの作品を読んでシロちゃんを見た時、まるしーの頭をふとよぎったのは、

ある芸人さんのラジオ番組で語られていたトークの内容でした。

最近ではよくメディアなんかで名前が挙がってくるようになってますが、

”リトルトゥース”という言葉を知っているでしょうか?

これは人気お笑いコンビ・オードリーが、

メインパーソナリティーを務めるラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』で使用されている言葉で、

この番組のリスナーのことを指す言葉なのですが、まるしーは約6年くらい前からそのリトルトゥースであり、

このラジオ番組の中で話されていた若林さんのトークで、

インコが登場するすごく面白いお話があったのです。

その番組で若林さんが話されていた内容と本作の壮一がインコに翻弄されている様が、

まるしーの頭の中でなぜかリンクして笑いが止まりませんでした。

特に「シロチャーン…カワイイネッ」とシロが呟いているシーン!

このセリフ…ラジオの中でしきりに若林さんが連呼していたインコの言葉よよく似ていたのです(笑)

思わずこの作品を読んだあとにYouTubeでその時の回を探しちゃいました♪

そんな経緯もあってこの作品の世界観が楽しくてしょうがない。

内容的には決して笑いが起こるようなストーリーではなく、ミステリアスな夫婦のヒューマンドラマなのですが、

何が起こるか分からない緊迫した臨場感と、圧倒的な存在感のある香織の魅力にやられています。

最初に申し上げた通り、この作品はまだ3話までしか配信されていませんので、

ストーリーがミステリーなのか、サスペンスなのかヒューマンなのかホラーなのか、

それとも複合的な要素が詰まった内容なのかはまだ定かではありません。

ただ…

3話のラストで今後に本作が進んでゆく物語の方向性を指し示すであろう出来事が発生しました。

あれは確実にこの作品がただの夫婦による泥臭い愛憎劇を連想させるものではありませんでした。

まるしーの予想するところでは、サスペンス・ミステリーというカテゴリーが、

一番しっくりくるのではという感触でした。

いずれにしても注目している作品であることは間違いありません。

もちろん今後の購読決定でございます。

「面白いです♪」

無料試し読み

今、紹介した

『インコが呟く妻の秘密』は、

『まんが王国』先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト主のまるしーがいつも利用してる電子コミックストアでございます♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうコスパの素晴らしい電子コミックサービスは押さえておいた方がお得ですよ~♪

 

『インコが呟く妻の秘密』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国