本ページはプロモーションが含まれています

『女王の烙印』ネタバレ完全解説&感想|愛憎劇×ゾンビパニックが見どころ!

著者:加藤キャシー

『女王の烙印~滅びの国の夜伽巫女~』

内海の小さな離島・緋紋島(ひもんじま)の限界集落が世界を滅亡へ導く”パンデミック現象”の発生地でした。

なぜそんな恐ろしい事態を招いてしまったのか…?

その理由は島の開発を行うために古くから伝わる島の禁足地に足を踏み入れた愚か者がいたからだ!

そのせいで島に封印されていた不死姫(しなずひめ)という悪姫が蘇って人間どもを呪い尽くすという最悪の事態に発展した…。

そう…不死姫はただおとぎ話の伝説ではなかったのだ…。

「とんでもなく面白いエロとゾンビパニックが融合したパンデミックホラー作品が降臨しました…♪」

注目ポイントはココ!
  • 練り込まれた設定の妙:かなり詳細に深く練り込まれたストーリーの背景設定が読者をグイグイ作品の世界観へ引きずり込んでいきます。
  • エロ要素とゾンビ要素:パンデミックホラーなストーリーに欠かせないエロとゾンビがしっかり物語の軸として描かれている優秀さ。
  • ホラー描写の優秀さ:パンデミックなストーリーには欠かせないグロいシーンの表現力が素晴らしいので、臨場感と緊迫感がハンパない!
  • 三角関係の愛憎劇:危機的状況の中にある男女3人の愛憎劇ほど盛り上がるシチュエーションはございません…♪

見どころは『愛憎劇 × ゾンビパニック』

集英社発行の少女漫画アプリ『マンガMee』で人気連載中の『女王の烙印』が、

2024年6月10日から老舗の電子コミックサイト『まんが王国』先行配信が始まったのでご紹介いたします。

本作の著者・加藤キャシー先生はあの人気作『鬼獄の夜』を手掛けた漫画家さんであり、

今回もまた地沸き肉躍る痛快極まるエロティックホラーな痺れる作品がバズリ中となっております。

キャシー先生は、実は好きな人が多いとされている『エロとホラー』を巧みに描きあげる実力派の漫画家さんでございまして、

特に今回の新連載【女王の烙印】は綿密に練り込まれたストーリー設定と、これはもう読むしかないだろうと感じさせるエロティックホラーな世界観が、

すでに作品のタイトルとタイトル絵から滲み出ていて圧倒的なヒット作臭を漂わせているのです。

本作の見どころ『愛憎劇×ゾンビパニック』という2本柱のストーリーだと、現在ところ第6巻まで読破したサイト主のまるしーは感じております。

ずらっと【女王の烙印】にちりばめられた物語の構成要素を書き出してみたら、

どうやらパニック系マンガが好きな読者が好むキーワードしかない本作に死角はないと見ました。

加藤キャシー作品ファンの方はもちろんのこと、エロ&ホラー好きな人にはぜひ読んで欲しい激アツなパンデミックホラー作品でございます…♪


『女王の烙印』の無料試し読み♪
↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

『女王の烙印』のネタバレ解説

1話2話3話4話5話
6話7話8話9話10話
登場人物
  • 緋守 美琴(ひのもり  みこと):主人公・23歳。緋守神社の跡取り娘。不死姫(しなずひめ)との関係は?
  • 天童 由良(てんどう ゆら):美琴の腹違いの兄・27歳。シスコン
  • 緋守 欣吾(ひのもり きんご):美琴の祖父。81歳。
  • 緋守 圭吾(ひのもり けいご):美琴の大叔父。69歳。欣吾の弟。で市長。
  • 黒崎 巽 (くろさき たつみ ):自衛官陸曹。美琴をヒダルガミから助けるも嚙まれる。美琴と定期的にセ〇クスしないと感染症でヒダルガミになる。抑制効果があるのか?

1話:緋紋島

物語の舞台は、日本の内海にある小さな離島・緋紋島ひもんじまという島民500人未満で島人の平均年齢は60歳超えというこれぞ「限界集落」のお手本のような島です。

そして主人公はその島で1500年の歴史を持つ由緒正しきおんぼろ神社・緋守神社の跡取り娘の巫女・緋守美琴ひのもりみこと(23歳)で、

彼女には一緒に暮らす家族として、極度のシスコンを患う腹違いのイケメンの兄・天童 由良てんどうゆら(27歳)と、81歳になる神主の祖父・欣吾きんごがいます。

あと…欣吾の弟で、美琴にとって大叔父に当たる緋紋島の市長…?をしている圭吾けいごという親族もいるのですが、

この圭吾が緋紋島の開発を強行する形で島内の”禁足地”に足を踏み入れたことで、未曾有の大地震が発生し、とある恐ろしい呪いが復活して日本が大混乱に巻き込まれます…。

この世の滅亡を予感させる恐ろしいパンデミック現象が人類に襲い掛かる…。

2話:ヤバい者たち

禁足地で起こった巨大地震のがけ崩れに巻き込まれた美琴がなんとか命を取り留めて意識を取り戻したのは、

本土の避難場所として使われたとある中学校の体育倉庫でした。

おぼろげな記憶で島から本土の病院へ運ばれた経緯を振り返る美琴は、明らかに周りの状況がおかしいことに気づきます。

本来ならたくさんの人々が避難しているはずなのに、全く辺りに人影が見えないのです。

{みんなどこへ行ったの…?}

不安に駆られて学校から出て他に人がいないか探し回る美琴ですが、町の道路や建物はひどい壊滅状態で人の気配など全くない。

そんな時です。

ふと目についた総合病院の窓に人影を見つけた美琴は急いでその場所へ向かいました。

「すみません!」

人影を見た方向へ声をかける美琴ですが辺りから返事は返ってこない代わりに彼女の目に飛び込んできたのはとんでもなくヤバい者たちの集団でした…。

3話:ヒダルガミ

人間の血肉を貪り食らう”ヒダルガミ”というバケモノたちから救ってくれたのは、自衛官の黒崎くろさきでした。

彼の話によると、緋紋島の森で起きた大地震からすでに3日が経過しているらしく、

その間ずっと美琴は意識を失っていて、目を覚ましたら日本の国ごと大惨事に陥っていたというわけです…。

黒崎からこの世の終わりを想像させる絶望的な現状を説明されて余りのショックに言葉を失う美琴ですが、

それよりも深刻なのは、ヒダルガミに襲われかけた美琴を助ける際に、黒崎が左手を噛まれたという事実でした。

数あるゾンビパニックホラー作品と同様に、バケモノに噛まれた人間はほどなくしてバケモノになるという設定は本作にも適用されている。

さて…どうなる…?

4話:お前にかかっている

何かのスイッチが入って妖艶なキャラに変身した美琴に誘惑されて、そのままS〇Xをした黒崎は、その後、奇跡的にバケモノ化せず、

おまけにヒダルガミに噛まれた傷もふさがっていました。

そして…ある時点から別人格になった美琴は黒崎と身体を重ねている最中の記憶をほとんど持っていない。

恐らく中にいる美琴もう一人の人格が、黒崎の肉体にバケモノ化を防ぐ免疫力を与えたのでしょう。

その点に気づいた黒崎は、美琴が今回のパンデミックを収束させる重要な人物として、これから軍に搬送すると言い出したのです。

そんな黒崎に対して自分はただの巫女で、なんの特殊能力もないと訴える美琴ですが、

黒崎は真剣な表情でこの日本を救えるかは「お前にかかっている」と美琴に言い切った…。

5話:由良との再会

二度目のS〇Xによって美琴の体にはヒダルガミ化を防ぐ抗体があることが確実となりました。

なんだかんだあって、奇跡的に腹違いの兄・由良との再会を果たした美琴は、このあと黒崎を含む3人で本土より被害が少ない日紋島に避難しました。

しかし、まだ被害は少ないものの、確実にヒダルガミの感染者は増えており、

島民たちは恐怖と絶望の中でパニックを起こす寸前まで追い詰められていました。

そんな中、島外からやって来た美琴と黒崎は、島民たちから感染者ではないことを証明する必要に迫られます。

そうなると美琴には問題はありませんが、黒崎は今もヒダルガミに噛まれた”傷跡”が残っているため、感染者とみなされる可能性が非常に高いわけで…

6話:白い双頭の大蛇

早くも美琴と黒崎の関係に警戒心を抱いた腹違いの兄・由良は、美琴から黒崎を引き離そうと一計を講じましたが、

いつもとは違う強引なやり方をした由良に反発する美琴は、由良に体よく追い払われた黒崎を心配して行方を捜しに行くのです…。

由良が引き留める手を振り払って危険な場所へ向かって走っていく美琴。

その背中谷に小さな呟きで語りかけた由良のセリフに思わず”ゾワッ”とします。

なぜならその言葉は兄妹を思う愛情のそれとは明らかに違っているように見えるからだ。

一方…由良の制止を振り切って黒崎を探しに出た美琴ですが、このあと彼女はとんでもない展開に巻き込まれます。

なんと…黒崎と美琴はすぐに再会を果たすのですが、その直後に白い双頭の大蛇に襲われて絶体絶命のピンチに追い込まれてしまいます…。

ちなみにその大蛇はヒダルガミではないことは確かなようだ…。


『女王の烙印』の無料試し読み♪
↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

『女王の烙印』の感想まとめ

これまでマンガや映画・小説などのあらゆるジャンルでいわゆる”パンデミック・ホラー”というジャンルの作品を観たり読んだりしてきたサイト主のまるしーですが、

やっぱり主人公のヒロインって少し、またはかなりイラつく性格のキャラが多いと思うのは私だけだろうか…?

本作の主人公でありヒロインの美琴も、黒崎との掛け合いシーンなんかを見ていると、

先のセオリーに漏れず少しイラつく性格の成人女性でございました。

だからといって本作を批判しているのではなく、過去に作られた数々の名作と呼ばれるゾンビパニック系の作品には、

少し、若しくはかなり性格的に「えっ…?」と疑問に思わざるを得ない性格的に難のあるヒロインの存在がいるのです。

よって…本作もきっと名作と呼ばれる作品になるとまるしーは予想しています。

だって…パンデミックホラーという作品の構成上、ヒロインが理にかなった行動や常識的な言動ばかりしていたら物語的に盛り上がりませんもんね…(笑)

なんたって全て現実ではない仮想のホラーストーリーなのですから…。

美琴&黒崎&由良の三角関係

まぁ~それにしても絶体絶命のピンチを救われた黒崎に対する美琴の態度振る舞いは、なかなかウザったらしい女性のそれでした…(汗)

およそ23歳の成人した立派な女性とは思えない自分勝手で世間知らずと申しましょうか、

だからこそ美琴&黒崎&由良の三角関係の構図が盛り上がるのだとは思いますが、

そんな中で、すでに美琴と黒崎の間には恋愛感情を超えた生命維持装置的な肉体関係が存在していることもあり、

このトライアングル愛憎劇において圧倒的に不利で苦しい立場は由良ですね。

これまでずっと美琴のことを一途に想ってきた由良が不憫でしょうがない…(汗)

しかも美琴という女性は、いつもどこでも情緒不安定で自分勝手な困ったちゃんですし…。

不死姫の伝説

確かに男女3人の恋愛模様も本作の大きな見どころの一つではありますが、

何といってもこの物語のメイン軸は、『呪われし古代の悪姫・不死姫の伝説』です。

禁足地に人が足を踏み入れたことで島に大地震が勃発し、大きな土砂崩れに巻き込まれた美琴が落下途中で見た”不死姫”らしき人物の姿。

今後の展開が楽しみなところです…。

加藤キャシー先生

最後に本作の著者・加藤キャシー先生についてのマメ情報やご経歴を書き添えておきます。

主に『エロティックホラー』のジャンルで活躍されている人気漫画家のキャシー先生は、福島県須賀川市のご出身で、人気青年マンガ『リクドウ』の著者・松原利光先生とご夫婦でいらっしゃいます。

夫婦で漫画家ってすごくカッコいい…♪

キャシー先生の経歴としましては、過去に桂正和先生古味慎也先生のアシスタントを経て、2015年にヤングジャンプシンマン賞で期待賞を受賞された経歴をお持ちで、

2018年には『嬰児喰いの猫』で連載デビューを果たし、同じ年に『マンガMee』で先生の出世作となる『鬼獄の夜』の連載がスタートしました。

キャシー先生の作品は、恐怖とエロティシズムが絶妙に融合した彼女独特の世界観が大きな特徴で、

有無を言わせず”キャシーワールド”へ読者を引き込むその強い吸引力が漫画家として最大の強みだと思います。

この機会に彼女の独特な作風と、恐怖とエロティシズムの融合が生み出す物語の魅力を、ぜひその目で確認してみて下さい…♪

病みつきになりますから…。

試し読みは『まんが王国』で読む

今紹介した女王の烙印~滅びの国の夜伽巫女~の試し読みは、先行配信中『まんが王国』で読むことができます。

サイト主のまるしーがヘビーユーザーとしてお世話になっている『まんが王国』は、豊富なラインナップの作品を取り揃えた人気のオンライン漫画プラットフォームで、

初回登録で無料ポイントがもらえ、試し読み機能も充実しているため、気になる作品を手軽にチェックできますし、

定期的に開催される”キャンペーン”も実にバリエーション豊かで、スマートフォンやタブレットで快適に漫画を楽しみたい方には最適なサービスを提供してくれています。

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読み”できるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っていますし、

こういうコスパが最強な電子コミックサービスは是非ともお得に活用したい必須ツールです♪

まずは今回紹介した漫画の試し読みから始めてみてはいかがでしょうか?

『女王の烙印~滅びの国の夜伽巫女~』の試し読みはコチラ♪

\ 先行配信中です /

上のボタンをクリックすると試し読みページに飛んでいけますよ―♪

『女王の烙印』を読んだ人にお勧めの作品はコチラ

『女王の烙印』を読んだ人におススメの2作品を紹介しておきますので、機会があれば本作と合わせてお楽しみください♪