本ページはプロモーションが含まれています

サレ妻の事情【ネタバレ・解説】妻を裏切る夫に下された重い天罰!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

著者:よしおかるご/貞ユリナ

『サレ妻の事情~理想の夫が実はクズで~

信じる女が悪いのか?

裏切る男がクズなのか?

妻を愛してイクメンに励む100点満点なパパを演じてきた理想的な夫は、

仕事も家庭も順調だからこそ魔が差した浮気なんだろうけど、

ここから先はイバラの道なんですよ!

「ゾクゾクする最低クズ夫の泥沼不倫劇場の開幕でございます♪」

『サレ妻の事情 』の見どころ

日頃サイト主のまるしーがご用達のコミックシーモアさんから、

またしても面白そうな不倫ドロドロ系コミック”先行配信”されました~♪

もう~1話の時点でヤバそうな匂いがプンプンしてる極上のドロ沼愛憎劇です!

不倫系のストーリーが好きな方には絶対おススメします♪

ここでチラッと内容を紹介すると、

どこから見ても家庭を愛してる風のイクメンなパパさんが、

その家族大好きな良きパパの仮面の下で、息子が通う保育園の若い保育士と浮気してるという残酷なストーリーです。

もちろん…その浮気が妻にバレまして、そこからは泥沼の愛憎劇が展開されてゆくわけです。

ある意味ですごくオーソドックスな不倫漫画なのですが、

王道だからこそ安心して他人のドロ沼な不倫劇を楽しめるということであります♪。

「何冊読んでもこういう作品は飽きませんよ。」

さてそこで…

『サレ妻の事情』の見どころなのですが、

そこそこ優秀で抜け目なく良き家庭人を装ってきた夫が、自分の下半身の欲望に負けてしまったのか、

絶対に手を出してはいけない女を浮気相手に選んでしまったことです。

そのおバカな浮気相手のせいで、これまで積み上げてきた良き夫への信頼が一気に崩れ落ちてしまうのです。

「ほんとバカですね~」

日頃からちゃんと心を配って良き家庭人として過ごしていたのに自分で墓穴を掘りました(汗)

ほぼ完璧に良き夫を演じてきただけに、夫の裏切りを知った妻の絶望感と悲しみは相当なものでした。

果たして…

このクズ夫はメンヘラな浮気相手とキッチリ別れて、妻ともう一度やり直すことができるのか?

まぁ~この作品の読者なら絶対にそんなハッピーエンドなんて望んでいないと思うけど…(笑)

まるし~的には是非ともこの夫には家族も浮気相手も社会的信用もすべてを無くしてほしい・・・

「クズ野郎に相応しいエンディングを期待しております♪」

個人的にメチャクチャむかついたクズ夫でした。


 

『サレ妻の事情 』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

サレ妻の事情【ネタバレ・解説】妻を裏切る夫に下された重い天罰!

すぐにお目当てのお話まで飛びたい方はコチラからダイレクトにどうぞ~♪

1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話 25話

↓↓↓ココからは各話の簡単なあらすじと詳しい内容を解説したページへのご案内です♪

1話:幸せな結婚生活

主人公の田中芽衣子(たなかめいこ)35歳は、

6年前に結婚する寸前で婚約者の浮気が発覚したことで、その結婚が破談になるという最悪な不幸に見舞われたものの、

現在は良き夫でありイクメンの夫・健太郎(けんたろう)と結婚し、

康太(こうた)という可愛い息子にも恵まれて、これ以上ない幸せな毎日を過ごしているのです。

とにかく健太郎の家庭人としての気配りや家族への愛情は完璧なもので、

過去の悲しいトラウマもほぼ忘れてしまったくらいに芽衣子の結婚生活は充実していたのです。

ちなみに芽衣子は独身時代から務めている会社で今もOLをしていて、

日中は康太を保育園に預けており、都合の良い方が息子の送り迎えをするという夫婦のルールがあった。

まさに理想的な夫婦の構図である。

だが…

この時の芽衣子は、その保育園にまさか幸せな結婚生活を無茶苦茶にする人物がいるとは、

まったく想像すらしていなかったことでしょう。

>>>1話の詳しい解説と感想はコチラ♪

2話:恐れていた事実

どこかいつもと違う健太郎の家の中での動き。

さらに…脱衣所まで持ち込んで手放さなかった夫のスマホに表示された意味深なメッセージ。

それと保育園の綾香先生から放たれる夫と妙に親し気なカンに触るセリフの数々。

もう心のモヤモヤが収まらない。

{まさかあの健太郎さんが…!?}

芽衣子の頭の中でぐるぐると夫を疑う嫌な予感が駆け巡る(汗)

これまで家庭で見せていた良き夫であり良きパパだった健太郎の姿は全てカモフラージュだったのか?

そしてこのあと…

芽衣子はもっとも恐れていた事実を目の当たりにしてしまうのです・・・

>>>2話の詳しい解説と感想はコチラ♪

3話:浮気の追及

様々な証拠から健太郎の浮気相手は保育士の綾香先生だと確信した芽衣子は、

ついにこの日、夫本人に浮気の追及を仕掛けました!

ホントに世の旦那のスマホにはろくな情報しか入っていないものだ(汗)

トツゼン芽衣子から綾香先生との関係を追及されて動揺を隠せない健太郎でした。

おまけに芽衣子がいる前で綾香先生に連絡をさせられて、健太郎は絶対説明のピンチに陥ります。

「ついに健太郎の浮気が芽衣子にバレてしまうのか?」

このあと…実に面白い展開が待っております♪

>>>3話の詳しい解説と感想はコチラ♪

4話:地雷女の恐怖

今回は綾香先生の暴走が凄まじいエピソードでした(汗)

妻のいない浮気相手の家に上がり込み、その夫婦の寝室でねっとりと愛を交わす。

最初のうちは健太郎も綾香先生の可愛さ流されて彼女を受け入れてしまったが、

徐々に”地雷女の恐怖”を味わってゆくことになるだろう!

健太郎はまだどれだけ綾香先生が恐ろしい女性なのかという事を理解していないようだ。

もちろん強引に健太郎の自宅で一夜を過ごした彼女が、夫婦の寝室に自分の痕跡を残してゆくことなど当たり前なのだ。

ああ~芽衣子が不憫でしょうがないよ(汗)

>>>4話の詳しい解説と感想はコチラ♪

5話:残酷すぎる結果

ついにこの5話で芽衣子が夫の動かざる浮気の証拠を手に入れることとなりました。

夫婦の寝室に残されていた綾香先生の痕跡。

さらに…

芽衣子が一晩家を空ける際に仕掛けていた”ボイスレコーダー”の中には、

健太郎と綾香先生の実に生々しい音声が録音されていたのです(汗)

最後まで夫のことを信じようとしていた芽衣子にとっては残酷すぎる結果でしたが、

事ここに至ってはもう彼女も覚悟を決めるしかないわけで・・・

>>>5話の詳しい解説と感想はコチラ♪

6話:致命的なミス

芽衣子が仕掛けたボイスレコーダーには、夫の動かざる浮気の証拠が録音されていました。

これまでなんとか健太郎を信じようと自分の気持ちを抑えてきた芽衣子でしたが、

さすがにあの生々しい情事の音声を聞いたあとでは、

もう以前のような夫婦関係でいられることは無理だと判断して離婚を決意するのです。

しかし…

このあと芽衣子は致命的なミスを犯してしまうのです(汗)

それは自分を裏切った夫を糾弾した上で離婚するために必要不可欠な武器を、

芽衣子が自らの不注意で失ってしまったことだった!

なんておバカなんだろう…

>>>6話の詳しい解説と感想はコチラ♪

7話:アンタの夫を私によこせ!

翔太を使って芽衣子の情報を手に入れた綾香先生は、

かなり芽衣子がダメージを受けていることを知ってさらにその攻撃をエスカレートさせてゆきます。

もはや綾香先生に健太郎との不倫関係を芽衣子に隠すつもりはなく、

逆に「アンタの夫を私によこせ!」と言わんばかりの大胆不敵な行動で、

ジワジワと芽衣子の貧弱なメンタルを削ってゆくわけです。

その一方…

愛人としての適切な距離感を保てない綾香先生にだんだん嫌気がさしてきた健太郎は・・・

>>>7話の詳しい解説と感想はコチラ♪

8話:妊娠

芽衣子が妊娠したと勘違いした綾香先生はそれに対抗するような形で、

芽衣子の自宅まで押しかけて自分が健太郎の子供を妊娠したと匂わせてきた(汗)

”妊娠”という言葉を聞いた芽衣子はさすがに夫の顔を見るのも嫌になり、

一刻も早く離婚するために綾香先生と健太郎が浮気している証拠を掴もうと固く決意するのですが、

なかなかそのチャンスがやってこないまま時間が過ぎてゆくのです・・・

>>>8話の詳しい解説と感想はコチラ♪

9話:ウソの報告

ついに健太郎と綾香先生が会っているであろう日を特定した芽衣子は、

すぐに協力を頼んでいた翔太に連絡して浮気の証拠画像の撮影を依頼するが、

綾香先生の支配下にある翔太は芽衣子に”ウソの報告”をして大いに落胆させます(汗)

だけど…どうしても翔太の報告内容が信じられない芽衣子は、

自ら弁護士に相談してそのアドバイスを受け入れることにしました。

さて…そのアドバイスの内容とは一体…?

>>>9話の詳しい解説と感想はコチラ♪

10話:サレ妻の逆襲

ついに覚悟を決めた芽衣子は相談した弁護士からの助言通りに離婚の意思を実家の両親に伝え、

芽衣子を愛する両親は健太郎と綾香先生が浮気してる証拠集めに協力してくれる事になりました。

芽衣子は実家の母親に具合が悪いことを理由に家を空けることを健太郎に伝えて、

夫と綾香先生が自宅で浮気をするように誘導するのです。

日頃から芽衣子のことをナメきっている健太郎はまんまと彼女の作戦に引っかかります。

時は熟しました。

芽衣子はその決行当日、自分の両親の他に健太郎の両親も呼び寄せて、

今まさに浮気の真っ最中だと思われる自宅へ突入してゆくわけです!

いよいよ”サレ妻の逆襲”が始まります!

>>>10話の詳しい解説と感想はコチラ♪

11話:こんなはずじゃなかった

綾香先生の”犬”だった翔太が芽衣子側についたことで完全に勝負ありだ。

言い訳のしようもない状態に陥った健太郎はもう芽衣子にすがりつくしかなかったが、

もちろんそんなことで許してもらえるはずもない。

さらに…彼よりもショックが大きかったのは綾香先生の方だった。

彼女は本気で健太郎と一緒になれると思っていたのです(汗)

なのに健太郎から酷い言葉を投げつけられたうえに、しまいには「怖い」とまで言わる始末です。

えっ…!?

どうして…?

{こんなはずじゃなかった!}

ここから綾香先生がめちゃくちゃ追い込まれてゆきます。

>>>11話の詳しい解説と感想はコチラ♪

12話:芽衣子の無双状態

本気になった芽衣子の無双状態は容赦ない今回の後始末で凄みを帯びていきます。

どこまでも冷静で冷酷なまでに自分と息子を苦しめた健太郎と綾香先生を合法的な手段をもって追い詰めてゆく。

健太郎は自分の両親の前で芽衣子が提示した離婚条件で承諾させられた上に、

職場に今回の一件を伝えないという約束で、慰謝料と養育費の一括払いを請求されて後悔の念にさいなまれる。

一方の綾香先生は職場を解雇になった上に、彼女の両親へは多額の慰謝料が請求されました。

だが二人の態度には大きな違いがあった。

今や自分のしでかした事に反省しきりな健太郎に対して、

綾香先生の方はまだ自分が”被害者”だという意識がかなり強いようで・・・

>>>12話の詳しい解説と感想はコチラ♪

13話:新たなサレ妻

芽衣子の長きに渡るドロ沼離婚劇がようやく完全決着となり、物語は次のサレ妻にスポットが当てられます。

注目の”新たなサレ妻”は、なんと…綾香先生の姉・沙耶香(さやか)です。

中学の教師をしている沙耶香の夫・赤城涼介(あかぎりょうすけ)も同じ中学教師であり、

二人は職場結婚で結ばれた仲の良い夫婦で、今はちょうど”妊活”の真っ最中だ。

そんなラブラブな沙耶香夫妻のもとにトツゼン降って湧いたように危機が訪れるわけです。

その原因となったのは、

夫の涼介が今では大学生になった元教え子たちの同窓会に招待された夜に起こった出来事だ。

まさか…妹の綾香が犯した過ちが姉の沙耶香に降りかかってくるなんて・・・

>>>13話の詳しい解説と感想はコチラ♪

14話:夫に起きている異変

中学時代の教え子の同窓会に招待されて、真夜中に帰宅した涼介の様子が明らかにおかしい!

いつもはしない朝の食事の用意をしていたり、

記念日でもないのに沙耶香の好きなショートケーキを買ってきたりと、

妻に後ろめたいことがあった時の夫がする代表的な行動をとりまくる涼介がいるのです(汗)

その状況こそ描かれてはいませんが、

恐らく涼介が沙耶香の可愛がっていた宮田玲奈(みやたれな)と過ちを犯したのは確実だろう。

ただ…今まで真面目で沙耶香ひと筋だった涼介が、

まさか昔の教え子と”禁断の関係”になるとは想像すらしていない沙耶香は、

なかなか夫に起きている異変を浮気と結びつかなかったのです。

しかし…沙耶香はとうとう見つけてしまいました(汗)

涼介が浮気したとしか考えられない動かざる証拠を・・・

>>>14話の詳しい解説と感想はコチラ♪

15話:二番目でいいから!

明らかに動揺して不審な態度を取る涼介と、彼のスーツのポケットから出てきたラブホテルのレシート。

そこから想像して導かれる答えは”夫の浮気”としか考えられない!

{相手は一体誰なの…!?}

この時点ではまだ宮田玲奈のことをまったく怪しんでいない沙耶香でした。

それは恐らく自分が一番かわいがっていた女生徒という信頼があったからでしょう。

一方…

確実に沙耶香から浮気を怪しまれてしまった涼介は、

沙耶香に対して紛らわしい行動をとった玲奈を呼び出して二度と会わないことを伝えますが、

逆に玲奈から「二番目でいいから!」と、熱烈な愛の告白を受けたことで、

なんと…

玲奈との不倫関係を受け入れてしまったのだ(汗)

さらにこの後、涼介は玲奈の大胆な行動の前に背筋の凍るような大ピンチを迎えます(汗)

16話:絶大な信頼

「私、先生とホテルに行きました。」

まさに最悪なタイミングで禁断の関係を暴露した宮田玲奈でしたが、

そこで奇跡が起こります!

玲奈が衝撃の発言をしたあと、酔いつぶれた涼介を解放しただけだと、

なんともわざとらしい釈明した玲奈の言葉を、沙耶香いともあっさりと信用したのです(汗)

えっ…!?

さすがに沙耶香の反応には当の玲奈と涼介も驚きの表情を隠せない。

まさかあれほどウソくさい釈明が通じるだなんて…!

玲奈をわざわざ自宅へ招いて同窓会の夜にあった出来事を聞こうとしただけあって、

やはり沙耶香の中で玲奈に対する”絶大な信頼”を持っているという証拠です。

逆に、沙耶香に対する玲奈の裏切りは、ものすごく罪深いものになるわけだ(汗)

一方…

奇跡的に浮気発覚を免れた涼介は、愚かなことに沙耶香が鈍感なタイプなんだと判断したあげく、

玲奈との関係をその後も継続させてしまうのです(汗)

そんなに甘くはないのに…

17話:ショッキングな光景

わずか短い期間でどうしてそこまで軽薄で無責任な男に成り下がってしまったんだろう…?

つい最近まではギリギリ教師という聖職者の自分と葛藤していた涼介でしたが、

一度タガが外れた彼は、今やすっかり女子大生の”若い肉体”に溺れまくっているのです(汗)

さすがにそんな涼介の変化に鈍感な沙耶香も気づきます!

一度は涼介の浮気を疑って、勘違いだったと思いなおした沙耶香でしたが、

ここ数日における涼介の言動や行動に”違和感”がありすぎたために、

とうとう本格的に夫の浮気を疑い始めた沙耶香は、

ある日…涼介のあとを尾行して行動を監視することにしたのです。

すると…

そこで沙耶香は”ショッキングな光景”を目撃することとなり、

それと同時に思いがけない人物と遭遇したました(汗)

そうです…

例の人物です!

18話:証拠集め

涼介と玲奈が会っているところ目撃した沙耶香は、

そんなタイミングでずっと音信不通だった妹の綾香と遭遇します。

綾香は以前から涼介と玲奈の関係に気づいていたようで、

沙耶香に浮気の”証拠集め”を勧めてきたのですが、

その時はショックと動揺が激しすぎて、綾香から時給3000円で協力すると言われても拒否しました。

しかし…

その後、自分を裏切って何食わぬ顔で家に帰宅し、

涼介の反吐が出るような言動や態度に激しい嫌悪感を覚えた沙耶香は、

そこから自分で涼介が浮気をしている証拠集めを始めるのですが、

夫のスマホのロックを突破してツーショット画像や、

それらしいメールのやり取りは見つけたものの、確信に至るまでの証拠が見つからない(汗)

そこで沙耶香は綾香に連絡をとって涼介と玲奈を断罪するための協力を要請したのです!

それから…数週間後に”修羅場”が展開されます…(汗)

19話:追い込み

この日、沙耶香は問題を起こした生徒を指導する教師の如く不倫中の涼介と玲奈を断罪していくが、

その過程で玲奈が涼介の子供を”妊娠”していることが分かり、

沙耶香の怒りの火にさらなる油を注ぎこみました。

土下座して謝辞する涼介に有無を言わせず浮気による不始末の”声明文”を書かせ、

それを持って翌日には怜奈の実家を訪ねて、両親に怜奈と涼介が不倫した末に妊娠している事実を告げ、

理路整然とした沙耶香の”追い込み”は予定通りに事が進んでいきます。

玲奈の父親が市会議員という事もあり、怜奈は両親から大いに激怒され、

沙耶香による”断罪ショー”は見事なまでに愚かな二人を血祭りにあげていくのです。

両親と沙耶香に追い詰められた怜奈は、自分に降りかかった事態に混乱して・・・

20話:不倫の代償

いよいよ涼介と玲奈がとてつもなく大きな”不倫の代償”を支払う時がやって来ました!

愚かにも怜奈が逃げ出した先が涼介のもとで、これまた愚かな涼介はそれを受け入れた。

もちろんそんな事になるだろうと想定していた沙耶香は自宅に仕掛けた監視カメラの映像で、

涼介が沙耶香と”離婚”することを玲奈に約束してまだ不倫関係を続けようとしていることを知ります。

もともと最初から涼介との夫婦関係を続ける気など毛頭なかった沙耶香でしたが、

涼介と玲奈のクズ過ぎる行動で沙耶香の復讐劇はよりボルテージを上げていきます。

その結果…愚かな行動に終始した涼介と玲奈の人生は悲惨な結末をたどることになります…。

今回で沙耶香のスカッとする復讐劇は最終話でございます。

21話:第3シーズンへ突入

この【21話】から新たなサレ妻が登場する第3シーズンへ突入するわけですが、

なんと…3人目となるサレ妻は、もとはシタ側不倫女だったあの”綾香先生”でございます…!

以前に壮絶な不倫劇を演じたあげくに全てを失った日から4年。

30歳になった綾香は、吉田 綾香となって今は人妻となり、

おまけにお腹の中には夫・大地だいちとの子供まで身ごもっていました。

今回は本当に妊娠している…(汗)

結婚相手の大地は老舗洋食店の跡取り息子であり、

現在の綾香は店のオーナーでもある厳しくて口うるさい義母のしごきを受けながら店の手伝いをして、

それなりに幸せな日々を送っていました。

そんな綾香が今度は”サレ妻”として因果応報なストーリーを綴っていくことになるわけで…

本作シリーズのサレ妻 数珠繋ぎは、まだまだ健在でございました~♪


 

『サレ妻の事情』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『サレ妻の事情』の感想まとめ

最初にサイト主のまるしーがこの『サレ妻』を読んでちょっと驚いたのは、

本作の漫画を担当されているよしおかるご先生の存在です。

この方は、吉岡 侑依というお名前で活動されている今もバリバリの漫画家さんなのです。

しかも…吉岡先生が手掛けらっしゃるこれまでの作品は、ラブキュンな恋愛マンガがメインです。

「一体何があったのだ…!?」

普段先生が描いているカラーの漫画ではないゆえに、

今回のドロドロ不倫劇である『サレ妻』では、ペンネームを変えて作画されてるのでしょうか?

吉岡先生のTwitterを拝見しても、

「まさか自分が不倫漫画を描くことになるとは」とつぶやかれていました(笑)

作品連載の裏で一体どんな奇跡が起きていたのでしょう?

なにか運命的な出会いや繋がりがって、原作を担当されている貞ユリナ先生とのコラボが実現したんでしょうか?

「なにがあったにせよ読者としては嬉しいサプライズ共演でございます♪」

それに吉岡先生がペンネームを変えているところがまた憎いですね(笑)

ただ…

吉岡先生の絵は作風は特徴的な可愛さがあるから読んでるうちにピントきましたけどね♪

そんな部分でも楽しめる作品でございます。

さて…

ここら感想の本題ですが、ひとまず3話まで読んだところでまるしーは本作の感想書き始めているのですが、

「めちゃめちゃハマります!」

過去に愛する婚約者から女性ガラミでこっぴどく裏切られたトラウマを持つ芽衣子と、

なかなかのハイスペ夫だけれど浮気相手の選択を間違えた残念過ぎる夫の健太郎。

「この二人のキャラ設定が秀逸ですね♪」

そして…

このドロドロ不倫劇を最大限に盛り上げてくれそうなメンヘラ保育士の綾香先生。

この人のキャラもまた最高です!

なんだろう…

もう少し若いころの吉岡里穂さんが演じたら抜群にハマりそうなヤバいメンヘラ女子(笑)

ディスっていないですよ。

京都出身の吉岡里穂さんは大好きな演技のうまい女優さんです♪

さて…

ここまで紹介した3人の男女がこれから血みどろの愛憎劇を繰り広げてゆくわけですから、まず面白くないはずがない!

「もう~バチバチですよ(汗)」

しかも…

3話のラストがメチャメチャに後を引く衝撃のシーンでの幕引きするんです。

この世の中にあの3話のラストシーンを見て次の4話を買わない人がいたらぜひ会ってみたい!

「みんな完全にドハマりするはずなんです!」

今の時点でこのまるしーはきっと本作を結末まで見届けること間違いなしです。

そして…希望は健太郎が地獄へ落ちること。

あと…

今のところ不思議と綾香先生にそれほど怒りの感情が沸いていないことが自分でもなぜか不思議なんです(笑)

まるしーは芽衣子と同じ主婦の立場なのに…

綾香先生がアグレッシブすぎるぶっ壊れたメンヘラ女子だからかな~?

「ヤバい女の魅力なのか?」

それとも健太郎から本気で愛されていないことがアリアリだから不憫に思ってるからか?

ちょっと不思議な感覚です。

いずれにしてもすべて健太郎が”悪”であることに変わりはない。

とにかくメチャクチャ面白いです♪

無料試し読み

今、紹介した

『サレ妻の事情 』は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア先行配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『サレ妻の事情 』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア