本ページはプロモーションが含まれています

美醜の大地【ネタバレ88話】二つの場所で描かれた今生の別れ!

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

『美醜の大地』

88話の解説と感想です♪

これまで幾度となく物語のクライマックスを予想して、

ことごとくその予想を外してきた経緯がございますが、

今回こそ本当のクライマックスに突入したと感じずにはいられない局面を迎えています。

絢子にとっての清二郎。

ハナにとっての深見。

愛する女性を命懸けで守ろうとする手負いの男二人が、狂気の決断をして修羅となった…。

今回のエピソードは、大きな山場を迎えている大切な人のために、

その命を投げ出す覚悟を決めた勇ましくて泣けてくる男二人の姿を描いた内容です。

「同じ今生の別れでも、二人の女性で反応が違ったように見えるその理由とは…?」


87話の解説と感想はコチラ♪
↓↓↓↓↓

 

『美醜の大地』の試し読みはコチラから♪

↓↓↓↓↓
>>>まんが王国

 

美醜の大地【ネタバレ88話】二つの場所で描かれた今生の別れ!

すぐここへ戻ってきます

加也を葬り去ったドクター内田と、内田のもとに駆けつけた菊乃が感動の再会を果たしたその頃、

竜桜閣での死闘はさらに熾烈を極めていました。

右足を銃で撃たれ足を引きずる深見に肩を貸しながら煙の中を進むハナと、

敏恵に左足首を傷つけられてこちらも足を引きずっている清二郎に手を引かれて非難する絢子。

申し合わせたかの如く足の傷ついた”ナイト”がそばにいるハナと絢子。

清二郎は小舟を繋いである船着き場まで絢子を案内したところで、

彼女には船に乗って岸から少し離れたところで待機してもらい、

自身は今通って来た道を引き返していきます。

一人でハナたちとの決着をつもりの清二郎は、

あなたはどうするの…?

と…問いかけた絢子に対し、

「すぐここへ戻ってきます」

そう背中越しに答えて足を引きずりながら降りてきた階段を再び登って行った…。

この時のやり取りの少し前に、絢子から重大な告白を聞いた清二郎は、

何があっても絢子の事だけは守る抜く覚悟を決めたのです。

いったい清二郎は絢子からどんな告白を受けたのか…?

二つの場所で描かれた今生の別れ!

ハナが敏恵にトドメを差すために使ったダイナマイトの煙がようやく薄くなって、

目の前の視界が晴れてきたことで敵の居場所を見つけやすくなったが、

それと同時に敵からもハナと手負いの深見を見つけやすくなったともいえる。

そんな中、ハナの肩を借りて歩いている深見が、ここから別行動にしようと言い出します。

深見の意図としては、ハナには絢子との対決に全神経を集中して欲しいという思いから、

自分が清二郎の相手を引き受けるつもりなのです。

もちろんハナとしては一人で立つこともままならない深見といま別行動するだなんて、

むざむざと深見を死なせるだけだと深見の提案に反発するのですが、

深見から本来の目的である”絢子との決着”が何よりも優先すべきことだと説得され、

苦し紛れに納得したハナは、深見と最後に熱い抱擁を交わしてその場から離れて行きました。

こうして同じ時間に二つの場所で描かれた根性の別れのあと、

手負いの深見と清二郎は、覚悟を決めて仕留めるべき相手のもとへ向かい、

一人になったハナと絢子は…。


 

『美醜の大地』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

88話の感想

ま…まさか…!?

絢子が清二郎の子共をすでに妊娠していた…?

「いつからそんなことになってたの…?」

でも絢子の過去発言を思い返してみればその可能性は充分に考えられます。

確か59話のラストシーンで絢子が清二郎に「子供が欲しい」と思いを伝えた場面がありました。

あの時二人は初めて口づけを交わしたところまでは描かれていましたが、

その先の様子は次の60話で描かれることなく他の話になって、

その後のことは63話になってようやく清二郎の心の声で、

「やっと絢子さんと夫婦になれた♪」という呟きで夫婦の関係になんらかの進展があったことを匂わせていましたが、

今思うとあれは初めて夫婦の営みを終えたという意味だったんですね。

最初は絢子が清二郎を敵にけしかけるためについたウソかと思ったのですが、

ハッキリと絢子が清二郎に子作りを希望して、その後に肉体も交えていたのであれば、

本当に絢子は妊娠しているのかもしれません。

「絢子のことだからまだ分かりませんが…」

今回は清二郎と深見にとって最大の見せ場だった内容なのですが、

絢子妊娠説の衝撃が大きすぎて、二組の感動的な今生の別れシーンがちょっと霞んでしまいまた…(汗)

もし…絢子が本当に妊娠しているとすれば、このままむざむざとハナに殺されるつもりはないはずだ。

それゆえに絢子が清二郎に言った「この子を守りたい」という母親としての言葉がキーになる。

絢子はハナを返り討ちにするつもりだな。

でもどうなんだろう…?

ここまで絢子を見てきた印象では、明らかに気がふれて精神が崩壊しているとしか思えない行動ばかりでしたが、

それって全て演技だったのでしょうか…?

絢子の行動がまったく予測できません。

「さすがラスボス絢子です!」

一方でハナと深見による切なくも感動的な今生の別れシーンですが、

こちらは深見がこれからやろうとしていることがちゃんと描かれていましたね。

今までここぞという場面では幾度となく登場してきたアレを使うつもりだ。

ただ…アレを使うのであれば相手に確実なダメージを与えることはできますが、

そのかわり深見自身も確実に大きなダメージを受けることになるわけで、

深見はハナのために覚悟を決めたんですね。

「これぞまさしく有言実行だ!」

でも…そんな深見だからこそ未来の人生をハナと共に生きて欲しい…。

無料試し読み

今、紹介した、

『美醜の大地』は、

『まんが王国』先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『美醜の大地』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>まんが王国

『美醜の大地』の解説と感想はコチラで全部読めます♪