本ページはプロモーションが含まれています

ファザーシッター【見どころ&ネタバレ解説】問題のあるパパを躾けます!

育児に参加しないパパさんをキッチリ教育します!

そんな伝説のベビーシッターさんが大活躍するヒューマンドラマです!

面白いストーリーな上に、育児中のママさんやパパさんにとってスゴく勉強になるコミックだと思います♪

著者:メカわんこ

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~

夫がまったく育児に参加してくれない…。

そんな悩みを抱えながら、ワンオペ育児に心も体もボロボロになっているママさんが、

この日本においてどれだけ多いことか!

この作品は、そんなママさんたちに勇気と希望を与えてくれる頼もしい味方です♪

この作品を一人でも多くの”育児しないパパ”さんが読んでくれることを望みます!

見どころは生々しさ!

すぐにでも”ドラマ化”されそうな面白いコミックを見つけました♪

『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』という作品なんですが、

内容としては、ある伝説のベビーシッターさんが、

世の中の育児に参加しない問題のあるパパさんを、良いパパに更生させてゆくというストーリーなのですが、

これがすごく今の時代に合ったコンセプトで描かれていて、

これまでたくさんのコミックを読んできたサイト主のまるしーでさえ気づかなかった盲点でした!

確かに…

育児中のママさんを助けたり、教育したりするシッター漫画は数あれど、

育児に参加しないパパさんにターゲットを絞って描かれた作品を読んだ事がありません!

「素晴らしい着眼点だと思います♪」

実際に内容を読んでみると、実にリアルで生々しい育児の現場が描かれていて、

しかも…

漫画というエンタメ要素の中に、ちゃんとした育児に関する正しい知識や教養が散りばめられており、

育児中のママさんやパパさんにとってためになる情報がたくさん詰め込まれている内容なのです!

さらに…本作の著者であるメカわんこ先生は、実際に育児中である4歳児のママさんであり、

なんと、今年の9月にはお二人目の赤ちゃんを出産予定のリアルガチなママさんなのです!

「だから作品の臨場感とリアリティがハンパないわけです!」

恐らくご自身が体感されたエピソードや育児の問題が、ストーリーのそこかしこにちりばめられているはずです。

なので…

「本作の半分はノンフィクションでしょうね♪」

だから読んでいてすごく説得力のある物語に感じるのでしょう!

本作『ファザーシッター』の見どころはストーリーの”生々しさ”だと思います。

リアルなワンオペ育児ママさんたちの理解してもらえない苦悩現場と、

いくつ年号が変わっても親としての自覚が定着しない世の男性陣のおバカで子供っぽい思考ですね!

この作品は、もちろん育児中のママさんにも読んで欲しい物語ですが、それよりも、一人でも多くの”育児しないパパさん”やこれからパパさんになる男性たちに読んで欲しい作品です!

さらにもっと言うと、全国の男性たちに向けて放たれたママさんたちからのメッセージだと言っても過言ではありません!

「目覚めよ!世の育児に参加しないパパさんたち」

実際にはちゃんとパパさんをしてる男性もたくさんおられますが、やはり絶対数としてはまだまだ少ないのが現状です…。

「育児を母親の仕事だと思っているパパさん!」

全国のワンオペママさんたちは、あなたが目覚めてくれるのをずっと待って、

たった一人きりで育児に奮闘しているのです!

「気づきましょう!」

と…そんな熱いメッセージが込められた素晴らしいヒューマン作品です♪


『ファザーシッター』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

ファザーシッター【ネタバレ解説】問題のあるパパさんを躾けます!

1話2話3話4話5話

1話:伝説のベビーシッター

『子育ては夫婦の関係を明瞭に映し出すいわば鏡のようなモノ…』

育児休暇をとって生後8か月になる娘・美由(みゆ)の育児に奮闘中の春美(はるみ)は、

初めての育児に翻弄されて、今やメンタルがガタ落ち状態でした(汗)

理由は過度な疲労と寝不足だ!

春美がこんな状況になってしまったのは、もちろん”ワンオペ育児状態”となっているからです。

彼女にはちゃんと鷹史(たかし)という旦那さんであり、パパがいるのです(汗)

しかし…

鷹史は典型的な育児に参加しないクズ夫で、娘を溺愛してるわりには、

自分ではまったく子供の世話をしようとしない(汗)

家にいる間はずっとゲーム三昧で、春美がどんなに育児で忙しくバタバタしていても、

家事を手伝うどころか、優しい言葉の一つすらかけてはこない(汗)

なにも現状を理解していない!

そんな中、春美が過度の疲労から体調を崩してしまいました。

でも…鷹史はそんな春美の体を心配する様子もなく、

こともあろうか、風邪なら自分にうつさないで欲しいと言う始末で・・・

{一体どうしたらいいの?}

と…途方に暮れていると、久しぶりに友人んの”なお”から連絡がきて、

彼女から『伝説のベビーシッター』がいることを教えてもらうのです。

その時、肉体的にも精神的にもギリギリまで追い込まれていた春美は、

藁をもつかむ気持でなおから聞いた『伝説のベビーシッター』に助けを求めたのです・・・

『ファザーシッター』1話の詳しい解説と感想はコチラ♪

2話:パパさん育児教育

伝説のベビーシッター・柏木 陽向(かしわぎ ひなた)は、

確かに、すごく有能で素晴らしいベビーシッターでしたが、

彼がやって来たせいで、夫の鷹史がどれほど今まで家庭を省みなかったのかが露呈してしまい、

夫の面目が丸つぶれになってしまいました(汗)

ただ…

陽向のおかげで、育児と家事は完全フォローしてもらえたので、春美の体調はほぼ回復したのですが、

もともとあまりうまくいってなかった夫婦仲が、前よりも増して険悪なムードになってしまったのです(汗)

そんな矢先に、春美の父親が入院することになったと足の悪い母親から連絡が入り、

彼女は実家に帰って父親の入院の手伝いをしなければいけなくなったのです(汗)

するとその時…

偶然、仕事中の陽向が春美の前に姿を現し、

自分が春美の留守中をしっかり預かると言ってくれたのです。

斯くして、ココから伝説のベビーシッター。柏木陽向による、

鷹史へのパパさん育児教育が本格的にスタートしたのです。

『ファザーシッター』2話の詳しい解説と感想はコチラ♪

3話:聞き分けのない娘

「はい…申し訳ございませんでした…」

幼稚園に通う娘が友達に暴力を振るったことで、謝罪の電話をかける母親の夕愛(ゆあ)。

今、彼女はわがまま放題に育っている娘のことで相当悩んでいます(汗)

そもそもまだ幼い娘の愛理(あいり)が、これほど”聞き分けのない娘”に育ってしまった原因は、

夫である聡(さとし)と義母に大きな原因があったのです!

この二人がとにかく愛理を過度に甘やかすものだから、まったく母親のいう事を聞かない子供になってしまったのです…。

特に義母にとっては、愛理が初孫ということもあり、毎日のように自宅へやって来ては、娘をペットのように甘やかしまくって帰ってゆくわけで、

これはもう夕愛にとって迷惑この上ない酷い状況なのです…(汗)

さらに…

その儀母に対して何も言わないマザコンの夫!

もう最悪だ…。

現在、友愛のお腹には二人目の子供が授かっていることもあり、

このままの状態が続けば、きっとお腹の子もわがまま放題な子供に育ってしまうことは間違いない。

強く危機感を覚えた友愛は、思い切って伝説のベビーシッターの力を借りることにしたのです!

すると…聡と儀母の非常識なくらいに甘やかし放題な現状を目の当たりにした陽向は・・・

『ファザーシッター』3話の詳しい解説と感想はコチラ♪

4話:娘の未来

解決編となる今回のエピソードでは、陽向が父親の聡を徹底的に追い詰めてまともな親に躾ていきます。

これまで子供の教育や躾は全て妻や自分の母親へ丸投げして逃げ回ってきた聡は、

いざ間違った方向に進んでいる娘の立ち振る舞いを目の当たりにしても、それを注意をするどころか逆に庇い立てする始末で、

子を持つ親として無責任な態度をとり続けているのです。

そんな聡に対して陽向は、このまま我がままに成長した”娘の未来”がちゃんと見えているますかと問いかけるのです。

父親の娘に対する意識と接し方が変わらなければ根本的な解決には至らない。

なにせこの家族で本当に変わらなければならないのは娘の愛理ではなく娘の躾から目を背け続けてきた父親の聡なのです。

果たして…陽向は父親になりきれないマザコン夫・聡をまともな父親へと意識改革させることができたのでしょうか…?

今回もまたリアルで生々しい家族のドラマが描かれていました…。

『ファザーシッター』4話の詳しい解説と感想はコチラ♪

番外編の記事

番外編:その1

無料試し読みに関する詳しい案内をしております♪

↓↓↓↓↓

番外編:その2

最新作の4話がいつ頃リリースされるのかを解説したページです♪

↓↓↓↓↓

番外編:その3

『ファザーシッター』が、どうしてこれほどまで読者の心を掴んだのかを詳しく考察しています♪

↓↓↓↓↓

番外編:その4

本作を読んで真面目にこの日本における育児や子育ての問題を考えた文章を書いてます。

言わばまるしーの怒りと嘆きです!

↓↓↓↓↓


『ファザーシッター』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

『ファザーシッター』の感想まとめ

「すぐにでもドラマ化されそうな面白い内容でした♪」

と言うか、一日でも早くドラマ化して、全国の幼い子供を持つママさんやパパさんたちに観てもらわなければいけない作品だと思います!

恐らく著者のメカわんこ先生は、彼女のTwitterを見る限り、

漫画家としては新人さんなんだろうけど、内容が彼女にしか描けない素晴らしいもので、

もし、今回が初めての連載作品だとしたら、素晴らしい才能の持ち主だと思います♪

ご自身も4歳児の母親でもあり、さらに現在は二人目を妊娠中の身でおられることもあり、

描かれているエピソードのリアリティがいちいちハンパないのです!

ホント、これまでまるしーが育児に関して実際に体験したり、見聞きしていたことそのままだ。

「この作品は良いです♪」

こういう作品ほど、すぐにドラマ化でもアニメ化でも映画化でもいいからやるべきだ思う!

同じようなちゃっちい恋愛ドラマ制作ばかりにお金と時間をかけている余裕があるなら、

「本作のような世の中の為になる物語をドラマ化してほしいものです!」

なにせ、この作品には最近のコミックにはない、大切な教養と熱いメッセージがたくさん詰まっています。

現在、ワンオペ育児状態のママさんやパパさん、育児の大変さを判ってもらいたい絶賛子育て中のママさんパパさんたちがどれほど勇気づけられることか!

たまたまこの作品では、育児に参加しない問題のあるパパさんをピックアップする形で描かれていますが、

世の中にはシングルで働きながら育児に奮闘していらっしゃるパパさんもたくさんおられると思います。

加えて…育児を放棄してる未成熟なママさんも同時にたくさんいますよね。

だから…ひとくくりに男性側を責めるのもおかしな話ではあるのですが、

どれでもやはり、圧倒的に育児へ参加しないのは、まだまだ男性陣の方なのです。

「これは紛れもない事実だ。」

まるしーが暮らす地域では、最近、自治会の活動で、ワンオペ育児ママさんを救う活動が話題になっています。

昨今のコロナ禍の影響もあって、収入が激減した小さいお子さんがいる若い夫婦のご家庭や、幼稚園や学校が休校になった際の子供の面倒をみてもらえるツテがない親御さんのために、

仕事をしていない年金生活のおじいさん、おばあさんを中心とした人生の大先輩たちが、地域の自治会活動を通じて困っている若いママさんやパパさんたちをフォローアップしているのです。

その活動内容とは、各自治会の集会所などを子供たちのために開放して、ちょっとした仮設保育所のように利用しているのです。

この話を知り合いから聞いた時、まるしーは素直に感動しました。

「立派な人生の先輩がいる日本は素晴らしい国だなと…♪」

人と人が助け合っている様子は、こんなにも人の心を感動させるんものなんですね。

そして、実際に見るのと聞くのとでは、人の心に与えるインパクトが違います。

だからこそ、この作品に描かれた伝説のベビーシッターの存在を少しでも多くの人に見せるべきなのです!

もしかしたら、柏木陽向という存在が、世の中の育児パパを育てる救世主になるかもしれません。

もし…この漫画を読んで少しでも心が動かされた方は、1人でも多くの人にこの作品の素晴らしさを伝えてください!

そうして一日も早く世の中の育児に困窮しているママさん・パパさんたちが一人でも多く救われますように…

追記1:メカわんこ先生の復帰

ついにメカわんこ先生が産休から復帰されて、本作『ファザーシッター』の4話をリリースされました~♪
まずは無事に漫画家としての活動再開おめでとうございますということと、本作の続きを描いてくれてありがとうございました。

すごく心待ちにしていた4話の解決編だったので、ようやく読めてすごく幸せだ~♪

そして…伝説のベビーシッター陽向の活躍はこれからまだまだ続いて行くのです…。

試し読みは『まんが王国』で

今、紹介した『ファザーシッター ~問題パパのしつけ承ります~』は、

『まんが王国』先行配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

『ファザーシッター』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国

なお、

無料試し読みのことや『まんが王国』について詳しい説明が知りたい方はこちらのページでご案内しております♪

↓↓↓

『ファザーシッター』の読者におススメのマンガ

『ファザーシッター』を楽しんだ後は、同じジャンルの【お悩み解決シリーズ】を読んでさらに有意義な読書タイムをお過ごしください…♪