本ページはプロモーションが含まれています

限界家族【ネタバレ全話】問題山積みの崩壊寸前ファミリー!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※
著者:COMIC ROOM/水村あくと

『限界家族

令和の世に現れた問題の山積した見るも無残な崩壊寸前のどん底ファミリーがいる!

妻はママ活で夫と娘はパパ活に励み。

息子の引きこもり生活は一年以上が経過し、

ボケ始めた義母を疎ましく思い、露骨に避ける義父。

すでに崩壊していると言ってもおかしくない6人家族の中にまともな人間は一人もいない。

そんな今にも空中分解しそうな限界家族のダークヒューマンな大人ドラマを、

実にリアリティの溢れる容赦ない切り口で描いた内容には、

まさに今の日本が抱える病み痛む歪んだ社会構造が透けて見えてくる…(汗)

この作品は…かなり危ない!

「まるでいまの日本が抱える家族問題の博覧会みたいなキツ面白い作品だ。」

『限界家族』の見どころ

いま飛ぶ鳥を落とす勢いでコミック業界に新しい風を吹き込んでいる、

漫画制作スタジオ『コミックルーム』がまたまたスゴイ作品をリリースしました~♪

それが今回紹介する『限界家族』というシニカルなヒューマン漫画なのですが、

このたび小学館のコミックレーベル『シードコミックス F』で連載が始まり、

それと同時期となる、2023年12月22日より、

国内最大級の電子書籍サイト『コミックシーモア』先行配信がスタートいたしました。

まず本作を紹介するうえで注目すべき点は、全編が”カラー”で描かれていることであり、

『コミックルーム』が新たな試みに挑戦しているたことが分かりますし、

さらに原作を担当しているのが『あなたは私におとされたい』と、

『夫の消し方』という大ヒット作を生み出した宮口 理沙 先生だということも、

『限界家族』という作品にかける本気度が伺えます。

実際のところ本作の内容を読んでみると、作画を担当する水村あくと 先生の絵がかなり秀逸で、

若い人物と高齢の人物描写がちゃんと年相応に描き分けられていて、非情に見やすい絵柄となっており、

問題が山積した3世代家族の深刻なヒューマンドラマの内容がストンと胸に落ちてきます。

なので…1話を読み終えた段階でサイト主のまるしーは、

3話以降の展開次第によってはものすごい反響を呼ぶ作品になるぞという勢いを感じました。

本作のような世情を鋭くぶった切る内容の作品を手掛けるに当たっては、

しっかりと実情に沿った信憑性のあるリアルがちな面白いシナリオと、

その内容を性格に表現する確かな絵力が必要になってくると思うのですが、

この大きな二つの条件を本作は見事にクリアしているわけです。

だから読んでいてすごく引き込まれるし、先々の展開に期待がドンドンと膨らみます。

まるしーが主婦という立場であり、主人公の妻に共感する傾向があるのも大きな要因ですが、

「読んでてスゴく面白い♪」

そこで…

今回紹介する『限界家族』の見どころですが、

これまでまるしーがお伝えしたポイントに加え、

この物語のメインキャストである限界家族・佐藤家に誰一人まともな人物がいない事です。

6人いる家族の誰もが何かしら問題を抱えている。

普通ならヒロイン的な立場の専業主婦・美咲みさきくらいは、

何の落ち度もなく清廉潔白なキャラというケースが一般的なのですが、

なにせその美咲が”ママ活”で若い青年と過ごす時間をお金で買っているシーンからこの物語は始まるのです。

そういったある種の社会的な固定概念や、

通常のフォーマットをぶっ壊したところからスタートするこの作品の面白さがありますし、

とにかく主人公家族である佐藤家の内情が笑ってしまうくらいグチャグチャで、

あとはいつどの時点で木っ端みじんに家族が崩壊してしまうのか…?

その悲惨で悍ましい光景を盗み見ているような感覚がワクワクしてたまらない。

あなたもそのかつてない限界家族の行く末を見たいと思いませんか…?

さて…

ここまでささっと駆け足で本作の魅力について軽く解説させていただきましたが、

これから紹介する『限界家族』には、色んな意味で”新しい”が詰まった作品になっています。

それは後ほどの【感想・まとめ】部分で詳しく解説させて頂きます。

それでは…

まさしくこれが令和時代の今をつかさどる限界家族なんだと納得する問題イベント目白押しな一作を、

どうかご自身の目でお確かめください♪


 

『限界家族』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

限界家族【ネタバレ全話】問題山積みの崩壊寸前ファミリー!

1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
11話 12話 13話 14話 15話

1話:ママ活

主人公の専業主婦・佐藤 美咲さとうみさきは、

マイホームを建てたタイミングで会社員の夫・隆二りゅうじの両親との同居を始め、

そこに息子の大樹だいきと娘の結衣ゆいを含めた6人家族で暮らしているが、

今はアプリを通じて知り合った健太けんたというイケメン青年と俗に言う”ママ活”をしているワケアリな主婦だ。

週一回のペースで彼と会い、カフェで話を聞いてもらうだけのプラトニックな関係とはいえ、

なぜ美咲がそんなママ活をしなければいけなくなったのか…?

それには彼女いま置かれている悲惨で息苦しい家庭内の事情大きく関係しています。

義母が認知症を発症した頃から、それなりに上手くいっていた佐藤家の”崩壊”が始まり、

義父は義母の世話をすべて美咲に任せ、長男の大樹はいじめが原因で引きこもり生活へ突入し、

夫の隆二は毎晩のように帰宅が遅くなり、

女子高性の結衣は反抗期の真っただ中にあって美咲とろくに口も利かない…(汗)

そんな行き詰った生活に美咲が心の救いを求めたのがママ活相手の健太だったというわけだ。

そう…

佐藤家はまさにっ崖っぷちに立たされている絵に描いたような”限界家族”なのです…。

2話:父と娘が揃ってパパ活

警察から娘の結衣がパパ活中に補導されたという一報を受けた美咲は、

取り急ぎ結衣の身柄を引き受けるために警察署へ出向きました。

その頃…ちょうどパパ活相手の若い女性とラブホテルでお楽しみ中だった夫の隆二は、

美咲から結衣の件をメールで知らされると、情事を切り上げて家路に着きました。

父と娘が揃ってパパ活しているという異常な事態が発生している佐藤家。

隆二が家に帰るとテーブルを挟んで美咲と結衣が話をしている真っ最中で、

そこへ帰宅した隆二が頭ごなしに結衣を叱り飛ばします。

すると…

それまで黙って沈黙していた結衣がいきなり、

「お父さんに言われる筋合いはない!」と…反抗的な態度をとった!

その瞬間…隆二は自分のパパ活が娘に知られているのかと思い、つい言葉に詰まってしまうのです。

確かに…現在進行形でパパ活中の隆二に娘を責める資格などまったくないわけで、

次に結衣から出てくるセリフを固唾をのんで待っているクズな父親がいたのです…(汗)

そういう意味では、パパ活した娘を正面切って叱れないママ活中の美咲も同じだった。

さて…結衣が隆二に言い放った言葉の真意はどこにあったのか…?

3話:目を疑うような光景

結局のところ、パパ活相手とは体の関係はなく、食事をしているだけだと言った結衣に対し、

それほど強く叱ることもないままなんとなく許してしまった美咲と隆二がいた。

それはそうだろう。

両親も同じことをしているし、隆二に至ってはしっかりと体の関係まであるパパ活をしているわけで、

家庭環境が無茶苦茶まことで他人に救いを求めている結衣の心のケアなどできるわけもなく、

その後も結衣はパパ活相手である雪人ゆきとという男性との連絡をとり続けた。

そんな中、結衣は同じパパ活してる学校の友人たちと一緒に遊んでいたところ、

目を疑うような光景を目撃してしまうのです!

いったい結衣は何を見たというのでしょうか…?

グラグラと屋台骨が崩れ始めた限界家族の佐藤家は、

ゆっくりと着実に”崩壊への道”を突き進んでいます。

4話:久美子の視点

4話のお話は、認知症の義母・久美子くみこの視点で描かれています。

まだ自分がそこまで酷い認知症だと”自覚”がない久美子は、

自分に対する嫁や夫の辛辣な態度に腹を立てていました。

唯一家族の中で久美子に普通の態度で接してくれているのは、

現在引きこもり生活をの真っただ中にある孫の大樹だいきだけでした。

大樹は口数も少なくてぶっきらぼうな少年ですが、

物忘れの激しすぎる久美子にイラつく態度を見せることなく、

いつも優しく諭すように久美子の間違いを指摘してくれたのです。

しかし…

そんな大樹との心安らぐ”交流”が、逆に久美子を窮地に追い込むきっけとなってしまって・・

5話:昭三の視点

5話は義母の世話から逃げまくっている義父・昭三しょうぞうの視点で描かれます。

認知症を患う前の妻・久美子は、昭三にとって紛れもない”自慢の妻”だった。

お見合い結婚で結ばれた二人は、久美子が今の状態になるまでは、

誰もが羨む仲睦まじいおしどり夫婦だったのです。

それだけに少しづつ認知症が進行し、やがて別人のようになってしまった最愛の妻を見ているのが居たたまれず、

その悲しみの矛先が妻への苛立ちと怒りに代わってしまい、

つい自分の感情をコントロールできず久美子に辛く当たってしまう自分に苦しんでいたのです。

それがすごく自分勝手な昭三の言い分だ…。

6話:大樹の視点

6話は佐藤家でただひとり認知症の久美子に優しく接する大樹の視点で描かれています。

高校一年生の夏頃から学校でイジメの被害を受けるようになった事がきっかけで、

そこから自分の部屋にずっと”引きこもり生活”を続けている大樹にとって、

家族の中で唯一気兼ねなく交流できるのは、認知症の祖母だけでした。

大樹は祖母以外の誰かが家にいる時は決して部屋から出ることはありませんが、

逆に祖母しかいない時は部屋から出てシャワーを浴びたり、

祖母の部屋で一緒に会話を楽しんだりしていたのです。

さらに…大樹には家族の誰も知らないある大きな秘密を持っていました。

それは彼のある優れたスキルに起因する秘密です。

7話:魔の手

その日、佐藤家の朝の食卓で、TVからとんでもないニュースが聞こえてきた。

美咲と隆二がママ活やパパ活に利用しているアプリの運営会社がハッカー攻撃を受けて、

アプリ利用者の”個人情報”が流出してしまったとの事で、

このニュースを聞いた美咲と隆二はほぼ同時に表情をひきつらせた。

今後もし二人の個人情報が流出していたとすれば、何らかの詐欺事件に利用されるかもしれない…(汗)

不安そうに自身のスマホ画面を見つめる美咲と隆二がいました。

さらに…ちょうどそんなタイミングで、

今朝のアプリの個人情報流出事件とは無関係の自宅訪問詐欺の”魔の手”が佐藤家に忍び寄ってくるのです。

その男性二人は銀行員と警察官を騙って、認知症の久美子しかいない佐藤家を訪問してきました。

佐藤さんの口座から不正にお金が引き出されていると言って・・・

8話:取り返しのつかない失態

家に来た警官と銀行員と名乗る男性二人をすっかり本物だと信じ込んでしまった昭三は、

妻の久美子が止めるのも聞かずに、現金の3000万円キャッシュカードと渡してしまいました。

やられた…!

まさか自分が”訪問詐欺”に引っかかったとは夢にも思っていない昭三は、

その日の夕食を囲んだ家族の食卓で、昼間にあった出来事をさも自慢げに美咲と隆二へ伝えたのです。

すると…昭三の話を聞いた隆二は血相を変えて険しい表情になり、

すぐに父親が詐欺の被害に遭ったと判断して美咲に警察へ通報させました。

なんと…ボケた妻の代わりに手柄を立てたつもりでしたことが、

取り返しのつかない失態だと気づいた昭三はショックで声も出ない…(汗)

さらに皮肉なことに息子夫婦からは認知症を患う久美子同様の扱いを受けてしまう昭三がいて・・・

9話:不都合な事実

昭三が自宅訪問詐欺に遭ったことを確実視した佐藤夫妻はすぐに被害を警察に通報すると、

二人の刑事が佐藤家にやってきて昭三から被害の状況を詳しく聴取していきました。

そんな中、昭三が詐欺師を本物の銀行員や警察官と信じてしまった理由として、

彼らが隆二と美咲の名前が入っていた”名簿”を持っていたからだと説明すると、

その瞬間…明らかに刑事二人の顔色が変わり、

そこから隆二と美咲に対して別々に話を聞きたいと言い出したのです。

なんだか嫌な胸騒ぎを覚えた隆二と美咲の予感は的中したようだ。

このあと隆二がマッチングアプリでパパ活にハマり、

美咲はママ活にハマっていた”不都合な事実”を刑事から尋ねられることになり、

痛恨の極みといった表情で頭を抱える佐藤夫妻の姿が…

10話:新たな衝撃事実

夫婦が別々に刑事から気まずい事情聴取を受けた美咲と隆二。

二人それぞれが自分のパパ・ママ活が原因で詐欺グループに佐藤家の名簿が流れたと思っており、

どちらも気が気でなく焦っている状態です。

 

一方では老後の資金としてコツコツ貯えた3000万円という大金を騙し取られてしまった昭三は、

その金を目当てにしてたであろう息子夫婦から家を追い出されるのではないかとビクビクしていました。

まさに一家そろって最悪の状態にある佐藤家なのですが、

実は本当の意味での最悪はまだ終わってはいなかったのです。

それは女子高生の長女・結衣に深く関わりのあることなのですが、

まさか…!?という”新たな衝撃事実”が発覚しちゃいます…。


 

『限界家族』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『限界家族』の感想とまとめ

妻がママ活に走り、夫と娘がパパ活に励むというシニカルな構図がなんとも現代の世の中を投影していて面白い。

相変わらず今回も宮口理沙 先生の容赦ないシナリオが冴えに冴えまくっています。

よくぞここまでズタボロで救いのない家族を作り上げたものです…(汗)

もはや崩壊寸前の状態からスタートした限界家族・佐藤家のドラマがこれからどのような形で展開していくのか…?

それは下り坂なのか、上り坂なのか…?

今のところ全く予想が尽きません。

一つ言えることは、現時点でリリースされている最新話の3話まで読んだまるしーとしては期待とワクワクしかない♪

今回紹介したこの『限界家族』が配信される前日に、

本作を手掛けた『株式会社コミックルーム』代表の石橋 和章さんが、

ご自身のXアカウントで『限界家族』に関するコラムを投稿されているのですが、

その内容を読んだサイト主のまるしーは、色々と納得する部分が数多く見受けられました。

私が本作で感じとった”新しい試み”という概念は間違っていなかったのです。

じっくりとコラムを読んで分かりましたが、

「石橋和章さんという方は本当にすごい経営者です♪」

今の漫画業界を劇的に進化させようとしている立役者の一人だ。

なぜ最近まるしーがコミックルームがリリースしている作品の記事をたくさん書くようになったのかが分かりました。

普段からたくさんのマンガを読み漁っていまるしーは、

日頃から自分が面白いと思った作品の解説・感想記事を書いているのですが、

特にここ最近気づいてみれば『COMIC ROOM』プロデュースの作品が目に見えて多かったのです。

その理由が石橋和章さんのコラムを読んで分かりました。

従来の漫画が制作されるシステムを改革し、業界では常識だとされてきた固定概念を打ち破って作られている漫画だからだ。

間違いなく『株式会社コミックルーム』は次世代の新しい漫画業界を担う先駆者だと思います。

↓↓↓そのコラムがコレ↓↓↓

上記の他にもXのアカウントで石橋社長は、漫画業界に携わる人たちが読むとすごく勉強になるお話や、

広くメディア業界が置かれた現状とか、漫画業界の常識やあるあるネタなど、

それはそれは包み隠さずご自身の言葉で綴られており、

まるしーたち一般の漫画読者が読んでビックリする貴重な業界情報などをたくさん投稿されております。

「そりゃ~こんなすごい人がプロデュースした漫画は面白いわ♪」

素直にそう思った。

さきほど紹介した石橋社長のコラムの中では、この『限界家族』がリリースされるに至った経緯や、

本作の出来にどれだけ自信を持っているのかが語られています。

実際に本作を読んだまるしーも納得です。

そんな中で、これまでまるしーが大好きな『COMIC ROOM』専属の原作者・宮口理沙 先生が、

なんと…『株式会社コミックルーム』共同代表者だったことを知って大いにさらにビックリです…(汗)

宮口先生は原作者でもあり経営者でもあったんですね。

この二人が立ち上げた漫画制作スタジオだったんだ。

ちなみに石橋社長は、有名なマンガ雑誌アプリ・『マンガワン』の編集長から独立して今の㈱コミックルームを創業したみたいです。

恐らく業界ではやり手で有名な方だったのでしょう。

恐れ入りましただ…(汗)

なんだか作品の内容とは関係ない解説ばかりになってしまいましたが、

とにかく今回連載がスタートしたこの『限界家族』は、

石橋社長が「魂や熱に関しては来世分も賭けるぐらい込めています。」と、

ご自身のXで豪語するくらい気合の入った渾身の作品らしいので、

提供された我々読者としても、その魂と熱量をしっかり受け止めながら楽しませて頂きたいところです。

というか個人的には既にハマっていますけど…(笑)

最後になりますが、

この『限界家族』という作品の構想を2023年の夏ごろに、

石橋&宮口の経営者コンビで考えた際の人物設定を紹介しておきます。

あくまでも最初の設定なので細かい部分に変更があるかもしれませんが、

本作を楽しむ上で知っていればより楽しめると思える情報なので、

このまるしーが書いた記事を読んでくれた方と共有させて頂こうと思います。

【佐藤家の人物設定】

  • 主人公:佐藤 美咲 (37歳・主婦)ママ活をしている 家族を支えるしっかり者だが、自分の欲求も満たしたいと思っている
  • 夫:佐藤 隆二 (40歳・会社員) 23歳の女子大生とパパ活に勤しんでいる 仕事が忙しく、家族とのコミュニケーションが苦手 。
  • 息子:佐藤 大樹 (19歳) 3年間引きこもり インターネットを通じて世界と繋がっているが、現実の人間関係に不安を感じている
  • 娘:佐藤 結衣 (16歳・女子高生) パパ活をしている 勉強に励みつつ、贅沢な生活を楽しんでいる 。
  • 義父:佐藤 昭三 (70歳) 介護放棄をしている 過去の家族との確執が原因で、家族との関係がギクシャクしている
  • 義母:佐藤 久美子 (68歳) 認知症を発症している

 

ざっと見てみるとホント誰ひとりまともなのがいない佐藤家だ…(汗)

さてさて…この崩壊寸前の限界家族が、これからどんな形の悲惨極まりない人間ドラマを見せてくれるのか…?

「感動や家族愛とは無縁の地獄絵巻を期待しております♪」

無料試し読み

今、紹介した

『限界家族』は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア先行配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『限界家族』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア