本ページはプロモーションが含まれています

破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい【ネタバレ全話】王道なのに新しい!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

著者:まなづき / 顧宮ちえ

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい

愛と陰謀が渦巻く異世界タイムリープ・ラブ・ファンタジー!

その日、主人公のローザが目覚めると、6年前に人生が激変した運命の日にタイムリープしていた!

理由なんてどうだっていい…。

もしこれが夢でないならあの人は生きている。

醜く聖女にもなれなかった私を妻に迎えてくれた人。

彼だけは…彼の命だけは何とか守りたい!

6年前に時が戻ったローザは愛する夫・クロードの命を守るために、

2度目の人生では彼の妻にならないように行動するのですが…。

「王道の令嬢タイムリープなのに、設定が裏切られまくりでメチャクチャ面白くて新しい♪」

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい』とは?

今回紹介する『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい』とは?

芳文社のアンソロジー雑誌『ラバコ』×『コミックシーモア』のコラボ企画で連載が始まった女性マンガで、

2024年02月14日より、国内最大級の電子書籍サイト『コミックシーモア』先行配信がスタートした作品です。

本作の原作を担当された顧宮ちえ先生と、作画担当のまなづき先生は、

サイト主のまるしーが初めて作品を読ませていただく両先生であり、

これまでに手掛けられた作品の情報も全くございません。

少しネットで検索させていただいたのですが、残念ながら両先生に関する情報は見つかりませんでした…(汗)

もしかすると本作がデビュー作なのかもしれません。

だとすれば…

「ものすごい才能が世に出てきたことになる!」

新人離れしたまなづき先生の素晴らしく綺麗な画力といい、

たった1話の内容で読者の心を鷲掴みする顧宮先生の面白いシナリオといい、

どえらい天才コンビが現れたものです…(汗)

長年のあいだ漫画オタクのまるしーにとって、こういう素晴らしい才能に出会えた時が何より幸せな瞬間だ♪

本作の内容的には”王道系”のタイムリープ設定の令嬢・ラブファンタジーで、

そこそこ既視感のあるストーリー構成ではあるのですが、物語の基本設定がしっかり練り込まれていて、

なおかつタイムリープモノの定石を覆すような各種イベントの裏切りなど、

従来のものにさらなる磨きをかけて”ハイブリット化”させたような新しい面白さがあり、

「早く続きが読みたい!」と…心を躍らせてくれる魅力溢れる作品なのです!

お決まりの設定かと思いながら読んでいたら、そのお約束を覆す意外な展開が次々に起こったりと、

まさに王道のフォーマットをうまく逆手に取ったそのシナリオは、

「どうせこうなるんでしょ…」

と…なめた気持ちで読んでいたまるしーの予想を見事に裏切ってくれました♪

著者の両先生が本当に今回の作品がのデビュー作だったとしたら、ものすごい事だと思う。

現時点でまるしーはコミックシーモアで先行配信されている3話まで読了した段階でこの紹介記事を執筆していますが、

すでに4回も読み直してしまいました。

「だって読み返すごとに味が出てくるから…!」

まなづき先生の絵がすごく好きだし、顧宮ちえ先生の原作がたまらなく面白い♪

「どっちも最高♪」

まずは素晴らしい能の発見に感謝と喜びをつたえさせていただきます…。

そんな感じなのでぜひアナタも一度読んでみて下さい。

まるしーが興奮して紹介している理由が分かってもらえると思います…(笑)


 

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい【ネタバレ全話】王道なのに新しい!

1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話
  • ローザ・フォン・ベトール 【教会派】

この物語の主人公にして『神聖力』の持ち主…?

ある日意識を失って6年前にタイムリープする。

タイムリープ後は自分のせいで命を落としてしまった夫・クロードを守るために、なんとか結婚を回避しようとするのだが…。

  • アマルダ

ローザの母親:大聖女エルーシアの双子の姉。身分がわからない男性の子(ローザ)を身籠り聖女の力を失う。

  • エルーシア

大聖女:アマンダの双子の妹。

  • コンラート・フォン・ベトール

ベトール家当主:ローザの叔父。ローザの母親の弟。今の大聖女はベトール一族の出身。

典型的な傲慢貴族の性格で、ローザのことは姉の娘としてぎりぎり家に置いてやっているという感じ。

  • デルマ

コンラートの妻:ベトール家に泥を塗った卑しい母親を持つローザのことを激しく嫌っている。

  • ブリード

ベトール家の長男:五大貴族の子息の1人。

ローザに異性として興味を持っていて執拗に絡み、性格はとにかく悪くて卑怯。

  • クランツ

ベトール家の次男:ほぼ兄のブリードに追従する行動をとり、当然のことながらローザのことは嫌い

  • アリシア

ベトール家の長女にして末っ子:家族のアイドル的存在であり、完全体の悪役令嬢。

  • ヨハンナ

性格はきついが信頼できるローザの専属メイド。

【皇帝派】

  • クロード・フォン・ザトゥルン

ローザの夫にして、ザトゥルン公爵家の長男。

プロノイア帝国 皇帝騎士団の総長で、皇帝派の中枢を担っている存在。

  • ギャリク・フォン・ファレグ

皇帝騎士団員。ファレグ公爵家の子息で五大貴族のうちの一人

【教会派】

  • ホルスト・フォン・ハミエル

ハミエル大公家【神聖騎士団】五大貴族の子息の1人。時が戻る前はアリシアの婚約者。

  • ベルトラント・フォン・オフィエル

オフィエル公爵家【神聖騎士団】五大貴族の子息の1人。

1話:6年前にタイムリープ

この物語の舞台は、西の大陸で広大な領土を誇るブロノイア神聖帝国という異世界で、

かの国では建国者一族の皇帝派と、ノイア教を信仰する教会派の大きな勢力が存在して常に対立した関係が続いていました。

教会派に属する主人公のローザは、聖女の血を引く生まれでしたが、

この国で行われる”聖女査定”という検査で身内の者に陥れられてとんでもない不幸な境遇に陥ってしまうのです…(汗)

だが…ローザの運はまだ尽きていませんでした。

ちょうど政略結婚で夫になった皇帝派の夫・クロードが無念の死を遂げたその瞬間、

ローザは同じ世界の6年前にタイムリープするのです。

夫のクロードは亡くなるその間際にローザへ向って、

「お前と出逢ってなければ…」と悔し気に呟いて息絶えた。

夫を殺してしまったのは自分なのだという罪悪感を抱いたままタイムリープしたローザは、

今度の人生では絶対にクロードと出逢わないようにしようと自分に誓って行動するのですが・・・

 

>>>1話の詳しい解説と感想はコチラ♪

2話:運命の聖女査定

なんとか前回の二の舞を踏むことなく自身の血塗られた過去を変えようとするローザでしたが、

運命はいたずらに再びローズとクロードを引き合わせてしまったのです…(汗)

しかも…6年前ならば出会うはずのないシュチュエーションでクロードと出逢ってしまうローザ。

奇しくもその日はローザが身内であるベトール家の人間の策略で不遇な人生を送ることになった”聖女査定”が行われる日だ。

クロードと会ってしまったからには、6年前に仕掛けられた罠をなんとか回避しなければいけない。

だが…事態はローザの想定をはるかに超えて、まったく以前とは異なる形で聖女の査定が行われることとなりました。

なぜタイムリープ前とこんなに状況が変わっているのか…?

困惑の中でローザは運命の聖女査定へ挑むこととなったのですが…。

 

>>>2話の詳しい解説と感想はコチラ♪

3話:彼女は皇帝騎士団が引き受ける

またもやベトール家のアリシアとブリードによって、

聖女査定で使用する”聖石””魔石”にすり替えられてしまったローザでしたが、

今回はなぜか魔石の暴走を防ぐことができたばかりか、

顔にひどい火傷を負うことなく無事に浄化を成功させて課題をクリアするのです。

ただパワーの使い過ぎで浄化後には意識を失ってしまったローザ。

6年前とは何もかも違う展開にローザの頭と身体が現実について行かない…(汗)

しかもです…

なぜかそこで意識を失ったローザを自らの腕に抱きかかえたクロードは、

皆が見ている前で「彼女は皇帝騎士団が引き受ける」と宣言したからもう大変です(汗)

ええっ~!?

もはや6年前に起こったこととは全く違う別のストーリーが動き始めている!

まさか…

クロードもローザと同じタイムリーパーなのか…?

 

>>>3話の詳しい解説と感想はコチラ♪

4話:聖女の証明

ローザを襲ったブリードの左腕を魔力で黒焦げ状態にしたクロード。

このまま放っておくと腕は壊死してしまう。

ブリードの傷を治すにはローザから奪った聖石を使うしかない状況に追い込まれたアリシアですが、

もちろん自己保身に走って聖石など持っていないと白を切るアリシア。

そこで醜い兄妹の争うが勃発する…(汗)

どっちも根性が最悪。

どうあがいてもアリシアはローザの聖石を取り換えた罪を認めないつもりのようで、

そこへローザに好感もっている様子の神聖騎士団・ホルストが参戦してきて、

ちょっとしたクロードとの”駆け引き”が展開されるのですが、

クロードはとんでもない方法でローザに”聖女の証明”をさせてしまうのです…(汗)

6年前とは違って、クロードやホルストからも好意を持たれてしまったローザの運命は大きく変わっていきそうだ・・・

 

>>>4話の詳しい解説と感想はコチラ♪

5話:ローザ争奪戦

聖女査定のから三日間眠り続けたローザがクロード邸のベットで目覚めると、

目の前にはクロードのイケメンがすぐそばにあった。

状況からタイムリープがまだ継続中であると知ったローザはホッとしました。

このあと…ローザは今まで見たことがない甘く優しい雰囲気のクロードから正式に”婚約”を申し込まれます。

本来ならクロードとの婚約は聖女査定の日から2年後に決まるはずで、

しかも今回は、教会派のハミエル大公家子息のホルストまでがローザの婚約者に名乗りを上げているのです。

刻前では考えられなかった皇帝派&教会派による”ローザ争奪戦”が勃発している状況です。

加えてタイムリープ前の聖女査定において顔に酷い火傷を負ったローザでしたが、

今回の聖女査定では全くの無傷で本来の美しい顔は保たれたままだ…。

ゆえに無双状態…♪


 

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい』の感想まとめ

今回紹介した『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたいは、

どうやらちょっと特殊なルートでお生まれになった作品のようで、

冒頭の説明でも少し触れましたが、正確には芳文社が発行している『ラバコ』というデジタル系雑誌と、

コミックシーモアさんとのコラボ枠でリリースされているようなのです。

なので本作が一体どの雑誌やレーベルで連載されている作品なのかがよく分からない…(汗)

一応『ラバコ』の最新号をチラッと確認してみたのですが、本作が掲載されている気配もないし…。

そうなると本作を読む方法は今のところコミックシーモアでの一択という事になるのかな…?

いずれにしてもシーモアさんで読めるなら問題ない♪

さて、『ラバコ』の編集者か、『コミックシーモア』のスタッフさんのどちらが本作を手掛けた両先生を見出したのかは知りませんが、

とんでもない逸材を発掘されたものです。

これまで漫画作品の原作と作画の先生が違う人で作られたマンガはたくさん読んできましたが、

どちらかがちょっと力不足かな~とか思う残念な作品を数多く見てきましたが、

今回の『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたいは、どちらも新人さんながらズバ抜けた才能の持ち主でした!

この両先生を抜擢されたスタッフさんは表彰ものだと思います。

このたびまるしーはこの素晴らしい作品の解説記事を紹介するに当たって、

その綿密に作り込まれたストーリーの背景設定をどこまで書くべきか正直迷いました…(汗)

あまり詳しく書きすぎると営業妨害のネタバレ記事になってしまうし、

だからと言ってあまりにも簡単すぎる解説では本作の素晴らしさがこのページを読んでくれた人に伝わらない。

悩んだ末に今回はまず一番初にたくさん登場してくる重要なキャスト陣の紹介をすることにしました。

本作で描かれた異世界の舞台では、皇帝派教会派という国家を二分する巨大な勢力図があり、

最初のうちから非常に多くの登場人物で溢れかえっているのです。

誰が皇帝派で誰が教会派なのかという事はもとより、

個性的で魅力のあるキャラクターたちがたくさん出てきていますし、

なおかつそれらの人物は1話から3話までの中に漏れなく登場している状況で、

恐らくあらすじ紹介程度の簡単なストーリー解説では読んだ人が迷子になってしまうだろうし、

今後も話が進むごとに新たに魅力的な登場人物が増える可能性も高いので、

必要に応じで登場人物のまとめを追記していく形を取りながら、

読者が迷わないよう常にだれがどの人物かが確認できるように登場人物の紹介欄を作りました。

なので今回の内容解説部分には、最初に各登場人物の紹介項目が追加されています。

なので最初にざっとキャスト陣に目を通していただいた上で、あらすじ紹介文を読んで頂けると少しは内容が分かりやすいかなと思います。

さらに各話の内容紹介の部分で必要以上にキャストの紹介文を省くことにして、

テンポよく読みやすい文章を心がけて書き進めて行くことにいたしました。

「出来ているかどうかは分かりませんが…(汗)」

それくらい今回の作品は、まるしーも気合を入れてお勧めしたい作品という意味で受け取って頂けると幸いです♪

これまで様々な令嬢モノのタイプリープ作品を読んできたまるしーですが、

久しぶりに読んだ後にすぐに1話からもう一度読み直しました。

だから令嬢モノのタイムリープ作品はもう”お腹いっぱい”だという人にこそぜひ読んで頂きたい。

実際まるしーもお腹いっぱい側の人間だったのですが、本作を読んでその認識を変えられました。

王道で使い古されたフォーマットだからこそ、そこから上手く設定をずらすことで、

まったく新しい進化版の令嬢タイムリープ作品ができるという事を…。

「この作品は絶対に大ヒットする!」

2024年2月14日現在…そんな気がしてなりません。

無料試し読み

今、紹介した

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたいは、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『破滅の聖女は運命の夫の溺愛から逃れたい』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア