妊娠したら死にたくなった(漫画)ネタバレ 9話!妻の地獄と夫の試練!

スポンサーリンク




「裏切り者〜!」

「翼なんかどうでもいいじゃん」

断薬した妻・千夏(ちなつ)の口から飛び出してくる正気とは思えない辛らつな叫び声!

{これは体調の悪さが言わせてるんだ!}

{真に受けちゃダメだ!}

必死で自分にそう言い聞かそうとする夫・涼太(りょうた)がいる。

しかし・・・

生まれたばかりの幼い我が子・翼(つばさ)の面倒をみる精神的にも肉体的にも限界の夫は・・・


妻の地獄と夫の試練!

『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~

分冊版 9話先行配信されました〜♪

出産した直後に壊れてしまった妻と、生まれたばかりの幼い我が子。

実家の母に助けてもらいながら懸命に毎日を生きる凄まじい夫の日常。

我が子を愛せない妻に同情しつつも、それをフォローする夫の疲れはピークに達してきた。

妻の回復が先か?

夫の限界が先か?

ココから先は、愛する夫婦の壮絶なチキンレースが続く・・・


8話までのネタバレはコチラ♪
↓↓↓↓↓

『妊娠したら死にたくなった』ネタバレ 2巻|『殺して!』と叫び続ける狂気!


9話の見どころ

著者・橘ちなつさんのリアルな産褥期精神病の闘病記をつづった物語も今回で9話まで配信されました。

先の見えない闘病に疲れ果てるのは患者本人だけではありません。

本当に大変なのは、その患者を支える側の家族なのです。

千夏の場合は夫の涼太だ。

未熟児として生まれてきた(つばさ)がNICU(新生児集中治療管理室)から退院してきたことで、

涼太の生活が劇的に変化しました。

 

今回、9話見どころは、夫・涼太の懸命な子育てと、妻・千夏に対する献身的な看護の様子ですね。

実家の母親に助けてもらいながら、家族を守ろうと懸命に生きる涼太の姿は、

人としても、夫としても尊敬に値するりっぱな生きざまで、主人公の橘さんが、無事に病気を克服してこの作品を描けたのは、

すべてこの旦那さんがいてくれたからなのだと思えるほど素晴らしい夫の姿でした。

正気をなくし、自分勝手な行動や発言ばかりを繰り返す千夏に対して、

この涼太の対応がこれ以上ないほどの素晴らしい対応なのです。

そして・・・

彼の行動には、明らかに妻・千夏への深い愛情と、夫として家族を守るという強さがあった!

悲しいかな、千夏の病状はまだ回復の見込みがまったく見通せない状態で、

今は耐えるしかない涼太の日常。

この9話は夫・涼太の壮絶な闘病記が描かれている内容です・・・

 

『妊娠したら死にたくなった』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト内で『にんしんしたら』と検索してください♪

妊娠したら死にたくなったのネタバレ 9話

9話:涼太の覚悟

主人公・橘 千夏(たちばなちなつ)の病状が一進一退を繰り返す中、

病院の外では、夫・涼太(りょうた)が壮絶な毎日を生き抜いていた。

 

8月中旬のむせ返るような暑さに苦しむ天候が続く毎日の中で、

実家に戻って、NICUから退院してきた生まれたばかりの我が子・(つばさ)を抱え、

母親の助けを借りながら毎日の子育て仕事、そして妻・千夏のお見舞いに追われる毎日が続いている。

 

日々病状が変化する妻に対応しながら、生まれたばかりの翼には、毎日3時間おきにミルクを飲まさなければいけない。

その他、オムツ交換や夜泣きにお風呂と、まったく今は目が離せない状態が続いており、

ここ数日、涼太の睡眠時間は3時間を切っている現状で、精神的にも肉体的にもそろそろ限界が近づいていた。

少しでも、千夏の状態が落ち着いてくれたら・・・

そんな思いを抱きながら、高速で片道1時間の千夏が入院している病院へ向かう涼太。

 

しかし・・・

病院では、断薬の影響でワガママを言うようになった千夏が、

涼太の心を傷つける言葉と行動を連発してしまうのだ。

制御できない精神症状を強く抑えてくれた薬は、千夏の視力を著しく低下させ、

一時は目が見えなくなるリスクにも襲われたが、薬の断薬を始めてから日に日にその視力は回復に向かっていました。

 

そのかわり、今まで薬で抑えられていたワガママな感情がすべて涼太へと向けられるようになったのです

涼太は、健康だった千夏が絶対に言わないような人の悪口や、不満を一日中千夏から聞かされ、

そしてその辛らつな言葉の攻撃は涼太自身にも浴びせられた。

{これは、体調の悪さが千夏に言わせている言葉だ}

{真に受けちゃダメだ}

自分勝手な言葉を言って涼太を苦しめる千夏を懸命にフォローする涼太。

しかし・・・

彼にも限界はある。

今にも折れそうな心と体を懸命に奮い立たせ、壊れた妻に寄り添う涼太の覚悟

{俺が家族を守るんだ}

今、まさに試練の時を迎えた涼太の家族愛と彼の強さが読者の涙を誘う・・・

後半の展開

後半の展開は、限りなく深い愛で、不安定な精神状態の妻・千夏の心を落ち着かせる涼太のセリフが感動する内容になっています。

見舞いにやって来た涼太が、気晴らしにと千夏を院内散歩へ連れ出していた時だった。

実家の母親から、翼が熱を出して、今から病院へつれてゆくという連絡が入ったのだ。

涼太はすぐさま翼が向かっている病院へ行こうとするが、

それを聞いた千夏は激高したのです!

「翼なんかどうだっていいじゃない!」

そう大きな声で叫ぶ千夏。

断薬をして自分の感情が抑えられないくなっている千夏が、自分のワガママを涼太にぶつけてきたのだ。

まったく我が子への愛情を持たない目の前の妻。

そんな千夏の姿を見て、分かっていても感情が爆発しそうになる涼太。

怒りと悲しみで涼太の両手がブルブルと震える。

しかし・・・

湧き上がってくる感情をなんとか押さえ込んだ涼太は、

強く、しかしゆっくり落ち着いた口調で、荒れ狂う妻・千夏に優しく語り掛けたのです。

その感動的なシーンは是非、本編現物でお楽しみください~♪

 

『妊娠したら死にたくなった』の試し読みは♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイトTOPから『にんしんしたら』と検索してくださいね♪

9話の感想

『妊娠したら死にたくなった』を今まで読んできて、これほど流れ落ちる涙に困ったことがない。

この旦那さんは本物だ!

妻を思う心根。

一家を支える大黒柱としての覚悟と責任感。

30代に差し掛かったばかりの男性としては、これ以上ない人間力を備えている。

 

サイト主のまるしーは非常に驚いているのです。

だって・・・

このお話は、フィクションではなく実話のドキュメント作品だから

ということはですよ!

この涼太という旦那さんは実在する人物なのです。

今まで何十年も生きてきて、まるしーはこれほど立派な旦那さんを見たことがない。

そして・・・

今回この9話を読んで確信しました。

著者の橘ちなつさんが、見事に病気から復活して、

再び漫画家として活躍できたのはこの旦那さんがいたからこそなのだ。

 

例え実家の母親の助けを受けたとして、生まれたばかりの子供の世話と、精神を患う妻の看病、そして自分の仕事。

この3役をこなしながら生活をすることなんてほとんど不可能なことだ。

なに一つ満足にできない夫もたくさん世の中にはいる。

 

なのに・・・

この涼太という旦那さんは、恐ろしいほど強い精神力でそれを全てやってのけたのだ!

9話の後半で、あまりの辛さに嗚咽(おえつ)しながらも自分にを入れている涼太の姿に涙が止まりませんでした。

「しっかりしろ」

「俺がつぶれたら何もかもが回らなくなる」

「気をしっかり持て、この日々もきっと笑い話になる」

これが、3時間未満の睡眠時間で、仕事、子育て、妻の看病を続ける夫が、

辛く苦しい日々の中で、自分に言い聞かせた言葉だ。

尊敬と感動の言葉以外になにもいうことがない尊いセリフのオンパレードだ。

今回の内容は本当に涙が出た。

同情とか、感動とか、そんな簡単で安っぽい言葉で表現するのは失礼なほど、心にズシンと突き刺さるものがありました。

ホント素晴らしいドキュメント漫画だと素直に思う。

 

>>>『妊娠したら死にたくなった』10話のネタバレはコチラ♪

 

無料試し読み

今、紹介した

『妊娠したら死にたくなった~産褥期精神病~』は、

『まんが王国』絶賛配信中のコミックです~♪

このお店は、電子コミックサイトでは老舗のコミックサイトで、

サイト管理人のまるしーがいつも利用してるお店の一つです♪

特に、会員登録なしで、たくさんのコミックが無料試し読みできるのはすごくありがたい!

他のコミックサイトでは読めないレアな作品も数多く扱っているし、

こういうサイトは押さえておいたほうがイイですよ~♪

 

『妊娠したら死にたくなった』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓
>>>まんが王国
サイト検索窓に『にんしんしたら』と打ち込んで下さい♪

『妊娠したら死にたくなった』の全ての記事はコチラ♪

『妊娠したら死にたくなった』のネタバレ|1話から結末までをここに。

スポンサーリンク