本ページはプロモーションが含まれています

つがいの嫁入り【ネタバレ全話】抗えない運命で結ばれた溺愛物語!

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

著者:島くらげ

『つがいの嫁入り ~異形の巫女は朱雀の当主に愛される~

運命に導かれし男女が触れ合った瞬間、そこからラブ・ファンタジーなストーリが動き出す!

炎の神”朱雀”のを引くイケメン当主と、容姿に恵まれない巫女家系の異形ヒロインが紡ぐ、

切なくて運命的で感動的なシンデレラストーリーにトキメキ度がマックスです!

まずもって…物語のドラマチックでかつ夢があり、

ハラハラ・ドキドキする妬み嫉みの激しい愛憎劇がたまらない。

不幸な人生を背負った心美しきヒロインが運命の日を境にして幸せの階段を昇ってゆく。

圧倒的なイケメンヒーローから溺愛される系のラブサクセスがお好きな方にはお勧めの一作です♪

「こんなラブファンタジー系のシンデレラストーリーなら何作読んでも飽きることはない♪?」

『つがいの嫁入り』の見どころ!

今回紹介する『つがいの嫁入り』という作品は、

テレビCMでもお馴染みな国内最大級の電子書籍サイト『コミックシーモア』が手掛けるオリジナルレーベル、

『シーモアコミックス』から新しく連載がスタートした少女漫画でございます。

著者はいろんなレーベルから作品を出している島くらげ 先生です♪

恐らくですが今回は初めて『シーモアコミックス』から作品を連載されたものだと思われます。

島くらげ 先生は可愛い感じの見やすい綺麗な絵を描かられる漫画家さんで、

サイト主のまるしーは以前『やくはら。』という作品を読んだことがあって、

その時にすごく線の綺麗な絵柄の漫画家さんだな~という印象を持ちました。

今回は『つがいの嫁入り』というキャッチ―なタイトルと、

ファンタジックな和風シンデレラーストーリーな世界観に惹かれてしまいました。

まず…1話無料の試し読みをしてみたら、そのままハマって気づいたら最新話の3話まで読み終えていた次第です(笑)

最近すごく人気がある不幸なヒロインがイケメンのヒーローから見初められて溺愛されるという、

まっすぐな王道系のファンタジック・シンデレラストーリーです♪

主人公の不幸な境遇アリ、性格の悪い妹が存在して、両親からは虐げられ、身分が高くてイケメンの当主が登場し、

トドメは運命的な出会いと”番(つがい)”という最強設定もトッピングされており、

いわゆるファンタジックな世界観のシンデレラストーリーには欠かせない要素がすべて含まれている少女マンガです♪

「これを読んでおけば間違いない!」

そんな完璧フォーマットな愛と感動のシンデレラストーリーであるところが、

『つがいの嫁入り』の見どころであり最大の特徴ですね!

まぁ~とにかく1話からヒロインである異形の巫女・銀花(ぎんか)ちゃんが両親や妹から悲惨なくらい虐げられまくってます(汗)

これぞシンデレラストーリーの王道をゆくイジメられっぷりです。

最初のうちはヒロインの境遇が悲惨すぎて見てられないシーンも多いですが、

あとからヒーローに溺愛されてゆくことが約束されているラブストーリーなので、

「なんとかそこまでは我慢して読み進めて行きましょう!」

きっとキュンキュンとジワるシーンがいっぱい堪能できるはずですよ♪


 

『つがいの嫁入り』の立ち読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

 

つがいの嫁入り【ネタバレ全話】抗えない運命で結ばれた溺愛物語!

すぐにお目当てのお話まで飛びたい方はコチラからダイレクトにどうぞ~♪

1話 2話 3話 4話 5話
6話 7話 8話 9話 10話

↓↓↓ココからは各話の簡単なあらすじと詳しい内容を解説したページへのご案内です♪

1話:運命の出会い

この物語の背景は大正ロマンを思わせる日本の古き良き時代が舞台となっていると思われます。

雪の多い”六華の里”という地域では、炎の神”朱雀”の血を引く朱雀宮家(すざくのみやけ)が、

里の財政を一手に担うほど莫大な富と権力を持っています。

なので…

その朱雀宮家に嫁ぐことこそが里一番の名誉であり、里の娘たち誰もが持つ目標でもありました。

昔から朱雀宮家に嫁ぐ娘は代々に渡って美しい黒髪を持つ巫女家系の娘が選ばれてきた歴史があり、

主人公の榮枝 銀花(さかえだぎんか)は、巫女家系の娘でしたが、

顔の右側に鱗のようなアザがあり、黒髪でもない残念なルックスで、

幼い頃から顔が可愛くて綺麗な黒髪を持った二つ下の妹・朱音(あかね)とは大違いの酷い扱いを受けて育ってきました。

榮枝家の両親は朱雀宮家の”嫁候補ナンバーワン”との呼び声が高い妹の朱音をものすごく溺愛しており、

その逆に姉の銀花に対す手はまるで奴隷の如き酷い扱いをしてきました。

そんなある日のことです、

銀花はある人物と運命の出会いを果たすわけです。

もちろんそれがきっかけで彼女のシンデレラストーリーの幕が開きます。

 

>>>『つがいの嫁入り』1話の詳しい解説と感想はコチラ♪

2話:番の相手

自分を虐げ続ける榮枝家を出て”出家”する予定の寺へ挨拶に出向いた際に、

銀花は偶然にも朱雀宮家の当主・万羽(かずは)と出くわし、

たまたまのアクシデントで手が触れ合った際に、今まで感じたことのない感覚が体中を包みます。

銀花にそれがどういう意味なのかはまったく分かりませんでしたが、

万羽にはよく分かっていました。

朱雀宮家には古くからの言い伝えがあって、何代かに一度だけ、

運命に導かれる”番(つがい)い”の相手が現れるとされおり、

その人物は朱雀宮家をより一層に繫栄させてくれる存在だということになっている。

万羽はまさにその朱雀宮家に伝わる”番の相手”を見つけたのです!

それが銀花だったというわけです。

六華の里に住む誰もが朱雀宮家に嫁ぐ花嫁は銀花の妹・朱音だと思われていたのですが、

これはもうとんでもない大番狂わせな展開が巻き起こったことになる。

 

>>>『つがいの嫁入り』2話の詳しい解説と感想はコチラ♪

3話:朱音の怒り

今まで奴隷のように扱ってきた姉の銀花が朱雀宮家の当主・万羽に見初められたことは、

榮枝家の両親にとっては何とも言えない気まずい状況でした(汗)

もちろん最低最悪な親だからすぐに手のひら返しで銀花に優しくしようとするも、

銀花からするとはついさ先ほどまで”厄介者扱い”されていたのに、

よくそんな態度がとれるなという戸惑いの気持ちでしかない。

しかも…

ずっと朱雀宮家に嫁ぐのは自分だと思っていた朱音の怒りは凄まじいものでした(汗)

まったく今の状況には納得していませんし、

もちろん銀花は万羽のいないところで朱音から酷い”虐待”を受けることになります(汗)

早く万羽には榮枝家での銀花の現状に気づいて欲しいところですが・・・

 

>>>『つがいの嫁入り』3話の詳しい解説と感想はコチラ♪

4話:大きな過ち

やはり銀花の身にとんでもない不幸が起こってしまいました。

万羽から袖にされた朱音に突き飛ばされた銀花は気を失い、

なんと…朱音は意識を失っている銀花を賊の男たちに金を支払って処理させたのです!

賊の男たちは銀花を雪山に捨ててしまいました。

ほどなくして意識を取り戻した銀花は、自分が猛吹雪の雪山に捨てられた現実に絶望します(汗)

一方…

てっきり寺に戻っているとばかり思っていた銀花がいないことを知った万羽は、

そこでようやく己の犯した”大きな過ち”に気づくわけです。

そう…

万羽は銀花が榮枝家の両親や妹から虐げられている事実を知っていながら、

彼女をそのまま榮枝家に放置して帰ってきてしまったのです(汗)

{もしかして銀花は…}

万羽の全身に悪寒が走ります!

 

>>>『つがいの嫁入り』4話の詳しい解説と感想はコチラ♪

5話:歓迎モード

猛吹雪が噴き荒む雪山に捨てられた銀花が万羽の必死な捜索によって救われ、

そのあと朱雀宮家から歓迎モードで温かく迎えられた銀花は、

今まで向けられたことのない自分に対する好意的な空気に触れて驚くやら幸せだわで、

どうも感情の置き場所に困ってしまう銀花がいました。

しかも…意外なことに万羽の母親である美空(みそら)は、最初から銀花のことが可愛くてしょうがないらしく、

特に大歓迎といった溺愛モードで銀花に接してくれたことは非常に”ラッキー”なことでした♪

さっそく嫁姑問題がなくなった(笑)

ただ…

朱雀宮家のほぼ全ての人々が銀花に好意的な印象を持っている中で、

唯一ひとりだけ銀花に対して厳しい視線を送っている人物がいたのです。

それは…万羽の妹・(つばさ)でした。

母親の美空から聞いた話では、この妹はかなり兄の万羽のことが好きらしく、

兄の”番い”が現れたことを快く思っていない可能性があり、

銀花にとって今後の試練は、嫁姑問題ではなく小姑問題で頭を悩ますことになるやもしれません。

ちょっと心配…(汗)

 

>>>『つがいの嫁入り』5話の詳しい解説と感想はコチラ♪

6話:お披露目式の延期

朱音が里の者たちを先導して朱雀宮家に羽舞の儀で嫁を選ばなかったことの説明を求めてきたために、

万羽は銀花を里の人々に紹介するお披露目式の延期を余儀なくされてしまい、

万羽が自ら里の者たちへの対応を行うことになりました(汗)

そんな中…銀花が朱雀宮家の嫁としてふさわしい女性なのか、

まだその真偽のほどが分からないでいた万羽の妹・翼は、

ある時、誰もいない場所でこっそりと舞を踊っている銀花の姿を見て、

彼女こそが朱雀家の嫁にふさわしい人物だと確信するのです。

一方その頃、朱音を筆頭に朱雀宮家に説明を求めてきた多くの人々に、

自らの口で銀花が”番い”の伴侶であることを報告した万羽は、

朱雀宮家に伝わる”番い”と羽舞の儀の概念をわかりやすく説明して里の者たちに理解を求めるのですが・・・

 

>>>『つがいの嫁入り』6話の詳しい解説と感想はコチラ♪

7話:雪崩

その日、里で発生している雪害について報告を受けていた万羽は、

里と外界を繋ぐ主要道で”雪崩”が発生して道が塞がり、

朱音がその対応に当たっていることを聞いて現場に駆け付けました。

すると…巫女の姿をした朱音は、つむじ風を起こして道を塞いでいる雪を吹き飛ばしたのです。

その様子を見ていた里の者たちは朱音の力を絶賛し、

まんまと朱音が朱雀宮家の嫁に相応しい人物だと皆の前でアピールすることに成功したのですが、

実のところそこで起きた雪崩は今回の演出をするために、

爆薬を使ってワザと朱音が引き起こしたものであり、

この後…そこで本当の大きな雪崩が発生してしまうのです・・・

 

>>>『つがいの嫁入り』7話の詳しい解説と感想はコチラ♪

8話:朱音の断罪

巨大な雪崩から逃げ遅れた少女と共に雪の中に飲み込まれた万羽を助けるべく、

長い神楽鈴かぐらすずを持った全身に炎をまとっている銀花が神々しく”舞”を始めると、

凄まじい炎で辺りが昼間のように明るくなり、一瞬んで雪が解けていきました。

その後…逃げ遅れた少女と共に万羽も無事に生還し、

その後は今回の大雪崩騒動のきっかけを作った朱音の断罪が行われることとなりました。

もはや申し開きの余地もない朱音のしでかした悪事ですが、

彼女は反省するどころか、朱音が犯した罪に対して”恩赦”を求めてくれた里の者たちを蔑むような発言をして・・・

 

>>>『つがいの嫁入り』8話の詳しい解説と感想はコチラ♪


 

『つがいの嫁入り』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

『つがいの嫁入り』の感想まとめ

これぞまさしくシンデレラストーリーの”お手本”といった感じな物語の導入からその先の展開でございました♪

とにかくヒロイン・銀花の扱いが酷すぎて見ていられないくらい可哀想でした(汗)

ヒーロー役の万羽と運命的な出会いをしてからでも、その悲惨な状況が変わっていないことが厄介なところで、

炎の神の血を引く万羽さまにはちょっとガッカリした部分が見え隠れしていましたね(汗)

俗世間にある家族の関係などまったく興味の範疇にないのかもしれないけれど、

明らかに実の両親から厄介者扱いされている銀花の様子を目の当たりにして、

よくそのまま銀花を榮枝家に帰しちゃったものです(汗)

あそこは銀花をあのまま帰しちゃダメなパターンでしょ!

「羽舞の義」が行われたあの日に銀花のことを朱雀宮家に置いてくれたら、

彼女はあそこまで朱音から酷い目に遭わされずに済んだはずです(汗)

色々とモヤモヤする!

とか…なんとか言いながらすでに滅茶苦茶ハマっているサイト主のまるしーがいるわけで、

本作のファンタジックな世界観とハラハラ・ドキドキするドラマチックな展開に、現時点でどっぷりと入り込んでおります(笑)

よくある姉妹の対立構造もかなり激しめで良いですし、両親の悪役っぷりもいい味出してます。

まさに榮枝家の人間は”ヒール役”と呼ぶにふさわしいクソ人間たちだ。

一方…銀花をこれから溺愛する予定の朱雀万羽のキャラが、

いかにも”天上人”という感じの飄々とした人物でまだどうも掴みどころがない。

銀花の悲惨な生い立ちや生活環境を知らないもんだから、

どうも彼の反応や態度が見ていて歯がゆく思えてしまうのです。

本当なら銀花が自分の現状を万羽にちゃんと伝えて守ってもらえばすぐに解決する問題なのですが、

そうしないところにムズキュンなシンデレラストーリーの醍醐味があるわけですよね♪

どこまでこのモヤモヤする二人の付かず離れずな関係が続くのかは知りませんが、

今回に関して言うと、銀花は”番(つが)い”という圧倒的なポジションに守られた位置にいるわけで、

これは妹の朱音がどう頑張っても越えられない強力な境界線なのです。

なので…万羽を巡る姉妹対決という面においては圧倒的に銀花が勝利しているし覆ることはなく、

その点だけは安心して見ていられる部分ですね。

「万羽にとって運命の番いはあくまでも銀花です」

朱雀宮家の言い伝えでは何代に一度しか現れない超レアな運命の相手が銀花なのです。

これはまさに最強のカードだ!

よって万羽が銀花のことを諦めるという事態はほぼ起きないだろうと考えられます。

あとはどういう形で二人が恋に落ちて見も心も結ばれ、そのあとに訪れるであろう様々な逆境イベントを乗り越えていくのか?

そんな古き良き大正ロマンな雰囲気漂う世界観での和風シンデレラストーリーは、

今はまだ始まったばかりですが、この先の銀花と和葉の純愛ストーリーを見ていくのが楽しみでしょうがない♪

この二人が結ばれることがなんとしても許せない妹の朱音はどこまで銀花と和葉の関係を壊そうとしがみついてくるのか?

そしてバカな両親はそのバカ娘にどこまで付き合うことになるのか?

まるしー的には一日でも早く万羽に榮枝家を滅亡へ追い込んで欲しい所ですが、

まずはこの先の展開をじっくりと堪能させていただきましょう!

またひとつまるしーに最新話が出てくるのが楽しみな作品が増えました♪

無料試し読み

今、紹介した

『つがいの嫁入り ~異形の巫女は朱雀の当主に愛される~は、

テレビCMでもお馴染みの電子書籍のコミックシーモア絶賛配信中コミックでございます♪

コチラのお店はサイト主のまるしーもよく利用するお店で、

何と言っても面倒な会員登録しなくても、いろんな漫画が立ち読みできちゃうのがありがたいです♪

ひとしきり興味があるコミックを試し読みしたあとに続きが読みたい作品に出合ったら、

その時に初めて無料の会員登録をして課金すればいいだけです♪

会員種別も月額ポイント制その都度購入の嬉しい2コースが用意されています。

商品のラインナップは最新のコミックから不朽の名作までバランスよく取り扱っていますし、

漫画以外にも小説、雑誌など広範囲に商品が取り揃えられています♪

なので・・・

漫画や雑誌をスマホやタブレットで読んでいる方なら会員になっていて損はないお店だと思いますよ~♪

 

『つがいの嫁入り』の試し読み♪

↓↓↓コチラ↓↓↓

>>>コミックシーモア

なお、

無料試し読みのことや『コミックシーモア』について詳しい説明が知りたい方はこちらのページでご案内しております♪

↓↓↓